雑学

置き勉とは何の略称?その意味と学校でダメな理由やメリットを紹介

投稿日:

文部科学省は、2018年9月6日、

『置き勉を認める』

よう、全国の教育委員会などに通知しました。

この通知は、

『重いランドセルが、生徒の負担になっている問題』

に対して、負担軽減の工夫例を示しながら

『学校に柔軟な対応を求める』

というものです。

 

『置き勉』問題については、一部の小学校では、すでにさまざまな対策を取り始めているようです。

 

ネットニュースのアンケートでは、90%近くの人が『置き勉』に賛成していますね。

 

そこで今回は、『置き勉』について、

その略称や意味、学校でダメな理由から、メリットまで

を紹介していきましょう!

アドセンス

スポンサーリンク

置き勉とは何の略称?その意味は?

宿題

宿題

置き勉は

『置き勉強道具』

略称です。

 

置き勉の意味

『児童生徒が、教科書や資料などを、学校の机の中やロッカーなどに置いて帰ること』

になります。

 

今回の文科省通知で話題になった、置き勉の目的は、

児童生徒の、登下校時の荷物を軽くして、身体への負担を軽減することです。

 

『あきらかに勉強する気がなくて、教科書を持ち帰らない』といった、かつての置き勉とは違った意味合いになるのです。

 

置き勉が学校でダメな理由はなに?

子供のころ、置き勉は禁止ではなかったですか?

昭和、平成と、

置き勉禁止は当たり前

と考えられていました。

 

いったいなぜ、置き勉はダメだったのでしょうか?

 

そこで置き勉を禁止している理由を、識者やネットの意見から拾い出してみました。

自宅で、その日に習ったことの復習ができない

置きっぱなしでは盗まれる可能性がある

いたずらやいじめの原因になる

自分のものを管理する習慣と計画性を養う

 

うーん、もっともらしい意見が並んでいます。

しかし、これでは、

にす君
従来からの置き勉禁止を、何の疑問も持たずに継承し、理由付けしたのでは?

と思われても仕方がありません。

 

なかには、置き勉を校則で禁止したり、置き勉に対して罰則がある学校もあるそうです。

どうやら、昔から続いてきたものが正しいと思い込んで、そこに疑問を持たなかった結果に思えて仕方がないですね。

 

置き勉のメリットはなに?

教室

教室

では、置き勉には、どんなメリットがあるのでしょうか?

登下校時の荷物が軽くなり、体への負担が減る

忘れ物が減る

重いものを持つ労力を、勉強や部活などに回せる

家で使うものと使わないものを判断して、学習予定を自分でたてる習慣が身に着く

荷物が軽いと、とっさの行動をとりやすく、事故などの危険防止に繋がる

 

ずいぶん、メリットが多いですね!

 

では、比較のために、デメリットも見てみましょう。

授業の予習復習ができない

学力の低下を招く

盗難の恐れがある

机に入りきらない荷物が散らかる

 

置き勉をするのであれば、これらのデメリットに対応策を施す必要がありますね。

 

たとえば、

  • 帰宅後の学習計画によって、持ち帰るものを選ぶ
  • 毎日の予習復習が必要なものは常に持ち帰る
  • 家庭学習に、頻繁に使わないものを置き勉する
  • 鍵付きロッカーを設置する

などが、置き勉のデメリット対策として考えられます。

 

子供たちの荷物はどれくらい重いの?

重い教科書

重い教科書

メリットとデメリットを知って、置き勉の賛否を考えるうえで、もうひとつ大切な判断材料があります。

子供たちの荷物の重さです。

 

児童生徒が学校に持っていく荷物についての、興味深い調査結果があるのでみてみましょう。

2018年3月に、ランドセルメーカーのセイバンが、二千人を対象にして実施したネット調査の結果です。

一番重い日の荷物は平均約4.7kgだった。

本体を入れれば約6kgにもなる。

学年があがるほど荷物も増えるといい、小学1年生では平均約3.7kg、6年生では平均約5.4kgになった。

さらに、この調査では、

『回答者の31.2%が、ランドセルを背負うことで痛みを感じている』

ということがわかりました。

 

小学生が、毎日5キロの米を背負って登下校していると想像してみてください。

大人の体重の半分の子供たちが担ぐ、5kgです。

大人が、

「毎日、10kgのカバンを持って通勤するように!」

と、言われているようなものです。

うんざりですよね。

 

このように小学生の登下校の荷物が重くなる原因としては、次のようなものがあります。

  • 脱ゆとり教育で、学習内容が増えた
  • 教科書のカラー化、大判化が進んだ
  • ドリルや参考書などの副教材も増えた

 

この重い荷物は、児童生徒の身体にも悪影響を及ぼしています。

 

重い負荷を加えると、

バランスをとるために、前かがみや猫背になる

腰痛や肩こり、首の痛みや身体のだるさを発症する

 

これを、何年も毎日のように繰り返していることの、問題の大きさを見逃してはいけませんね!

スポンサーリンク

アドセンス

 

さいごに

『置き勉』の略称や意味、ダメな理由やメリットなどを紹介しましたが、いかがでしたか?

 

置き勉は、『置き勉強道具』の略称

置き勉の意味は、『児童や生徒が、教科書や資料などを、学校の机の中やロッカーなどに置いて帰ること』

学校で置き勉がダメな理由は

  • 自宅で、その日に習ったことの復習ができない
  • 盗まれる可能性がある
  • いたずらやいじめの原因になる
  • 自分のものを管理する習慣と計画性を養う

置き勉のメリットは

  • 荷物が軽くなり、体への負担が減る
  • 忘れ物が減る
  • 重いものを持つ労力を、他にも回せる
  • 学習予定を自分でたてる習慣が身に着く
  • 事故などの危険防止に繋がる

 

置き勉問題では、やっと、子供たちの声に大人が反応し始めた気がします。

学習環境は、常に変化していきます。

状況に即して、適切に判断する目を持ちたいものですね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

momoyan

エレファントカシマシが大好きで、あるもので手早く料理を作ることが得意です。「案ずるより産むが易し」と「なんとかなる」が座右の銘。本を読みながらでないと眠れないほどの活字好きです。読んでためになる記事、楽しい記事を、気持ちを込めて丁寧に執筆していきます。どうぞよろしくお願い致します。

-雑学

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.