みんなが気になるニュース

My News23

イベント

東京オリンピックのチケット予約をチェック!取り方や購入方法を紹介

投稿日:

オリンピック・パラリンピック

オリンピック・パラリンピック

2020年東京オリンピック・パラリンピック大会、だんだんと近づいてきましたね。

前回東京で開催されたのは、

  • 1964年10月10日~10月24日までの15日間(オリンピック)
  • 同年11月8日~11月12日までの5日間(パラリンピック)

という日程で開催されました。

冬季オリンピック・・パラリンピック大会は、『札幌・長野』でそれぞれ開催されていますが、夏季オリンピック・パラリンピック大会については、2020年で2回目となります。

前回大会から56年。

半世紀以上の時を経て、東京に戻ってきたオリンピックはどんな展開を見せるのか?

自国開催の年は、メダルの獲得枚数が劇的に伸びる傾向

にあるため、今から楽しみで仕方ありません。

今回は東京オリンピックを生で観戦するために、チケットの予約方法から購入方法までを紹介します。

すでに動き出しているので、今からしっかりと準備して2020年にはぜひ、現地で応援してみてください。

アドセンスリンクユニット

チケット購入の方法

それではチケット購入について紹介していきます。

購入する際、参考にしてみてください。

チケットの購入には専用IDが必要

2020年東京オリンピックの観戦チケットを購入するには、専用IDが必要になります。

『TOKYO 2020 ID』

というものを公式サイトから登録すると、チケット情報をはじめ、大会情報やグッズ情報、最新イベント情報などがメールマガジンで送られてきます。

ボランティア活動の情報もあるため、参加してみたい人は覗いてみてもよいでしょう。

チケット販売開始時期

専用IDが手に入ると、次に気になるのはチケットの販売時期ですよね?

日本国内でのチケット販売日程は、

オリンピック:2019年春頃

パラリンピック:2019年夏頃

となっています。

現時点では詳細な販売開始日は発表されていませんが、販売時期が近づく頃には判明するでしょう。

専用IDを持っている人は、メールマガジンで情報が入ってくるのでそちらを確認してみてください。

チケット受取り時期

チケットが販売されても、すぐに受け取れるわけではないようです。

購入してから、

翌年2020年春頃

にはチケットの受取りができるようになるとされています。

現時点でまだ予定なので、多少時期にズレが生じるかもしれません。

チケットの販売価格

チケットの購入から受取りまでの流れが分かると、気になるのは価格です。

現在、公式サイトで発表されている価格は、

開閉会式チケット:最低価格12,000円、最高価格300,000円

観戦チケット:最低価格2,500円、最高価格130,000円

パラリンピックは、

開閉会式チケット:最低価格8,000円、最高価格150,000円

観戦チケット:最低価格900円、最高価格7,000円

という価格設定にそれぞれなっています。

 

この他にも企画チケットが設定されていて、

  • 子供・年配者・障害がある人を含めた家族やグループ向けチケット
  • 学校連携観戦プログラムチケット
  • 車いすユーザー向けチケット
  • ホスピタリティ(おもてなし)プログラムチケット

などが現在検討されているそうです。

各種目別の値段

現在公開されている開閉会式及び各競技の観戦チケットの値段です。

それぞれで価格が変動するので、参考にしてみてください。

オリンピック競技

開会式 12,000円~300,000円

閉会式 12,000円~220,000円

  1. 水泳(競泳) 5,800円~108,000円
  2. 水泳(飛込) 3,500円~30,500円
  3. 水泳(アーティスティックスイミング) 4,000円~45,000円
  4. 水泳(水球) 3,000円~18,000円
  5. 水泳(マラソンスイミング) 3,500円~5,500円
  6. アーチェリー 3,000円~7,000円
  7. 陸上競技(トラック&フィールド) 3,000円~130,000円
  8. 陸上競技(マラソン) 2,500円~6,000円
  9. 陸上競技(競歩) チケット販売なし
  10. バドミントン 4,000円~45,000円
  11. 野球 4,000円~67,500円
  12. ソフトボール 2,500円~25,500円
  13. バスケットボール(3X3) 3,000円~18,000円
  14. バスケットボール(バスケットボール) 3,000円~108,000円
  15. ボクシング 3,500円~45,000円
  16. カヌー(スラローム) 3,000円~10,000円
  17. カヌー(スプリント) 3,000円~9,500円
  18. 自転車競技(BMXフリースタイル) 4,000円~10,000円
  19. 自転車競技(BMXレーシング) 3,000円~12,500円
  20. 自転車競技(マウンテンバイク) 3,500円~5,000円
  21. 自転車競技(ロード(ロードレース・ゴール、個人タイムトライアル)) 3,500円~5,500円
  22. 自転車競技(トラック) 4,000円~14,500円
  23. 馬術(馬場馬術、総合馬術、障害馬術) 3,000円~16,000円
  24. フェンシング 3,000円~11,500円
  25. サッカー 2,500円~67,500円
  26. ゴルフ 3,000円~10,000円
  27. 体操(体操競技) 4,000円~72,000円
  28. 体操(新体操) 4,000円~36,000円
  29. 体操(トランポリン) 5,500円~16,000円
  30. ハンドボール 3,500円~20,000円
  31. ホッケー 2,500円~10,000円
  32. 柔道 4,000円~54,000円
  33. 空手(形、組手) 3,500円~12,800円
  34. 近代五種 2,500円~4,000円
  35. ボート 3,000円~9,500円
  36. ラグビー 2,500円~25,500円
  37. セーリング 3,000円~5,500円
  38. 射撃(ライフル、クレー) 2,500円~5,500円
  39. スケートボード(パーク、ストリート) 4,000円~11,500円
  40. スポーツクライミング 3,000円~12,500円
  41. サーフィン 調整中
  42. 卓球 3,500円~36,000円
  43. テコンドー 3,000円~9,500円
  44. テニス 3,000円~54,000円
  45. トライアスロン 4,000円~8,000円
  46. バレーボール(ビーチバレーボール) 3,500円~45,000円
  47. バレーボール(バレーボール) 4,000円~81,500円
  48. ウエイトリフティング 2,500円~12,800円
  49. レスリング(フリースタイル、グレコローマン) 4,000円~45,000円

パラリンピック競技

開会式 8,000円~150,000円

閉会式 8,000円~90,000円

  1. アーチェリー 1,800円~2,400円
  2. 陸上競技(トラック&フィールド) 2,000円~6,500円
  3. 陸上競技(マラソン) 2,000円~3,200円
  4. バドミントン 1,600円~3,200円
  5. ボッチャ 1,200円~3,200円
  6. カヌー 1,200円~2,000円
  7. 自転車競技(トラック) 2,000円~3,200円
  8. 自転車競技(ロード) 1,400円~2,000円
  9. 馬術 1,400円~2,000円
  10. 5人制サッカー 1,800円~5,000円
  11. ゴールボール 900円~2,800円
  12. 柔道 2,000円~5,000円
  13. パワーリフティング 1,400円~2,000円
  14. ボート 900円~2,400円
  15. 射撃 1,800円~2,400円
  16. シッティングバレーボール 1,400円~3,600円
  17. 水泳 2,000円~7,000円
  18. 卓球 1,400円~2,800円
  19. テコンドー 900円~2,000円
  20. トライアスロン 1,400円~3,000円
  21. 車いすバスケットボール 2,400円~7,000円
  22. 車いすフェンシング 900円~2,400円
  23. ウィルチェアーラグビー 2,400円~4,000円
  24. 車いすテニス 1,800円~6,500円

その他のチケット購入方法

チケット

チケット

日本国内で公式に発表されているチケット購入方法を紹介しました。

ですが、この他にチケットを購入できるところはないのかも気になりますよね?

そちらについても紹介していきます。

チケットぴあ

日本最大のチケット販売サイト、『チケットぴあ』。

まだ正式な発表はされていませんが、例年通りであればこちらでも販売されるでしょう。

どのような販売日程になるかは現時点では判明していませんが、こちらのサイトもチェックしておくことをおすすめします。

↓↓↓

チケットぴあ公式サイト

各旅行会社

オリンピック・パラリンピックともなれば、

各旅行会社がツアー旅行を計画するのはほぼ確定

なので、旅行会社に確認を取ることも重要になってきます。

オリンピック・パラリンピック期間中は宿泊できるホテルなどもかなり限られてくるので、

事前にツアー旅行を申し込んでおく

というのも1つの手だと思います。

宿泊施設を確保できれば、心置きなく競技を観戦することができますからね。

会場での購入

当日までにチケットを購入できなかった人は、

会場で直接購入する

という手もあります。

ですが開催期間中、

どのように販売されるかはまだわかりません。

会場に着いてもチケットを購入できず、お目当ての競技を見逃すことも有り得ます。

なるべくなら事前に購入しておくべきでしょう。

海外居住者のチケット購入方法は?

日本国内でのチケット購入方法を紹介しましたが、海外居住の人はどのように購入すればよいのでしょうか?

これは、各国によって販売方法が異なるため、居住している国のオリンピック・パラリンピック委員会に問い合わせてもらう必要があります。

販売方法や時期など、日本国内とは異なるため、早めに確認したほうがよいでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『東京オリンピックのチケット予約をチェック!取り方や購入方法を紹介』、いかがでしたか?

今回のまとめとして、

『早めにチケット予約をしておく』

これは間違いないです。

オリンピック・パラリンピックは全世界を挙げての一大行事となります。

各国から観戦するために多くの人が訪れるため、チケット予約は、ほぼ必須と言えるでしょう。

出遅れてしまうと、せっかく楽しみにしていた競技を見逃すことにもなりかねません。

自国開催が見られるのは一生に一度あるかないかの機会

なので、入念な準備をして、当日を迎えられるようにしておいたほうがよいです。

また、今回紹介したものは、あくまで現時点のものであり、随時日程変更などがあると思います。

定期的に情報確認をするようにしましょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-イベント

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.