食べ物

お米の賞味期限はいつまで?美味しい保存方法と期間をチェック!

投稿日:

私たちが、毎日、あたりまえのように食べているお米にも

『賞味期限』

があります。

 

でも、お米の賞味期限ってあまり気にしませんよね。

ひよ
お米は、長期保存できて、腐ったりはしないから大丈夫!

なんて思っていないですか?

産地や銘柄に、こだわりはもっても、賞味期限はそれほど気にしない人が多いように感じます。

 

毎日の暮らしに欠かせないお米だからこそ、美味しい状態を保って食べたいものです。

そこで、お米を美味しく食べられる賞味期限、美味しい保存方法と期間、について紹介していきましょう!

アドセンス

スポンサーリンク

お米の賞味期限はいつまで?

秋

お米の消費期限を知ろう!

お米の賞味期限

『精米年月日』

で、決まります。

 

精米した後の、お米の賞味期限は

春から夏は、1か月

秋から冬は、2か月

が、目安です。

 

夏場の賞味期限が短い理由は、

お米は

温度が高いと、酸化が進む

湿度が高いと、カビが発生しやすくなる

ためです。

とくに梅雨入り後は、他の食品と同様に、お米も傷みやすくなります。

 

冬は、夏より賞味期限が長くなりますが、

マンションなど、気密性の高い住宅では、季節にかかわらず、部屋の温度や湿度が高くなるので、注意しましょう。

また、冬でも、暖房を付けっぱなしの状態では、お米の賞味期限は短くなります。

 

うーん、思ったより、短いですね。

 

「何度も買うのは面倒だし、お米は保存がきくだろう」

と、つい多目に買ってしまいがちなお米ですが、

実は、そんなに、賞味期限は長くないのです。

 

美味しいお米を食べるためには、

賞味期限内に食べ切れる量を、こまめに買う

のがよさそうですね!

 

精米していない玄米の賞味期限は?

精米されたお米の賞味期限と比較して、精米されていない玄米は

糠(ぬか)に覆われているため、酸化の速度が遅く

長時間の保存に向いています。

玄米は、保存方法が適切であれば、数年は保存可能す。

 

お米に、賞味期限が書かれていない理由は?

お米の袋には、賞味期限が書かれていません。

 

でも、賞味期限が書かれていないからといって、

『賞味期限がない』というわけではありません。

 

お米に賞味期限が書かれていない理由

お米が、野菜と同じ、

農産物

に分類されているからです。

玉ねぎやジャガイモに、賞味期限が書かれていないのと同じですね。

玉ねぎやジャガイモが、長く放置しておけば腐るように、お米も腐っていきます。

お米には、賞味期限の代わりに、

JAS法(農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律)

によって、精米年月日を記載することが決められています。

これが、お米の賞味期限の代わりになるわけですね。

 

お米の美味しい保存方法と期間は?

稲穂

稲穂

お米の保存には、次の、3つの重要ポイントがあります。

温度

高温多湿や直射日光をさけること

湿度

急激に温度差がある場所や、湿気の多い水回りをさけること

酸化

空気に触れて、酸化するのを防ぐこと

 

それでは、この3つのポイントをふまえて、お米の

  • 保存場所
  • 保存容器

について解説していきます。

お米の保存場所

家庭において、お米の保存に最適な場所は

『冷蔵庫の野菜室』

です。

 

冷蔵庫の野菜室は、湿度や温度を一定に保っているので、お米の保存にはピッタリなのです。

 

ただ、この場合も、

冷蔵庫内の冷気が、お米を入れた容器に直接あたらない場所

に置くようにしてくださいね。

 

反対に、コンロやレンジなど熱をもつ電化製品の周囲や、シンクの下などは、

お米の劣化を速めるので、保存場所には向いていません。

 

お米の保存容器

お米の保存容器に一番大切なのは

『密閉性』

です。

 

そこで、おすすめの保存容器は、2リットルのペットボトルです。

  • 密閉性が高い
  • お米が取り出しやすい
  • 冷蔵庫内で場所をとらない

まさにお米の保存に、とても適した容器だと言えるでしょう。

 

また、一般的な保存容器としては、次のようなものがあります。

  • 米びつ
  • プラスチックの容器
  • 購入時の米袋
  • ジッパー付きの保存袋

保存の最重要項目である、密閉性を考えると、

購入時の米袋に入れたままの保存はNG!

 

そもそも、購入時のお米の袋には、小さな穴が開いています。

これは、流通の途中で、お米の袋が圧力で破裂するのを防ぐ、空気が抜けるようにするための穴です。

よく言われる、お米が呼吸するためではありません。

そのため、この穴から、湿気を含んだ空気が入り込み、お米を劣化させる原因になるのです。

 

プラスチック容器や、ジッパーつきの保存袋は、できるだけ密閉性の高いものを選びましょう。

容器を選ぶときには、密閉性の他にも、次のような点にも留意してくださいね。

  • 中身が見えやすい
  • 持ち運びしやすい
  • お米をすくいやすい

このポイントをクリアすると、格段に便利に使えますよ!

密閉性を保って保存したお米も、賞味期限内に食べ切るようにしてくださいね。

保存のNG行為

  • 米びつに米をつぎ足し保存
  • 匂いの強いものの近くで保存

スポンサーリンク

アドセンス

 

さいごに

お米の賞味期限、美味しい保存方法と期間について紹介しました。

「案外、短い」

と感じた人も多いと思います。

 

お米を美味しく食べるために、大切なことは、

お米の賞味期限は、春から夏は1か月、秋から冬は2か月

美味しい保存のための場所は、冷蔵庫の野菜室が最適

保存容器は、密閉性がポイント

お米は、賞味期限内に食べ切ること

と、わかりました。

意識の持ち方と、ちょっとしたひと手間で、お米は確実に美味しく食べることができます。

「美味しい!」

と、感じることで得られるパワーって大きいですよね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

momoyan

エレファントカシマシが大好きで、あるもので手早く料理を作ることが得意です。「案ずるより産むが易し」と「なんとかなる」が座右の銘。本を読みながらでないと眠れないほどの活字好きです。読んでためになる記事、楽しい記事を、気持ちを込めて丁寧に執筆していきます。どうぞよろしくお願い致します。

-食べ物

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.