意味の違い

寄付・募金・義援金・支援金の意味の違いと言葉の使い方を解説!

投稿日:

寄付

寄付

よく耳にすることはあるけど、意味を聞かれるとわからない言葉ってありませんか?

「同じような意味に聞こえるけど何が違うの?」

と思うこともあるのではないでしょうか?

今回紹介する

  • 寄付
  • 募金
  • 義援金
  • 支援金

などは、その典型的な例といえるでしょう。

一見して、同じような意味に聞こえるこれらの言葉の違いを、今回は紹介していきます。

誰かに聞かれたとき、すぐに答えられるように参考にしてみてください。

アドセンスリンクユニット

『寄付』『募金』『義援金』『支援金』のそれぞれの言葉の意味

それでは1つずつ言葉の意味を紹介していきます。

違いを知るには、

それぞれの意味を知ること

が1番なので、しっかりと確認していきましょう。

『寄付』の意味

まずは、『寄付』の意味です。

 

『公共事業や社寺などに、金品を贈ること』

出典:『デジタル大辞典』小学館

 

という風に定義されています。

一般的な使い方としては、

『寄付を募る』

『~に寄付する』

などがあります。

類義語

贈与、寄贈

『募金』の意味

次に募金の意味です。

募金は、

 

『寄付金などを募って集めること』

出典:『デジタル大辞典』小学館

 

という風に定義されています。

つまり、

『寄付金に限らず、お金を募って集める』

という意味があるのです。

ここでは受け身の意味で書かれていますが、逆に『募金する』など、

自分から相手にお金を渡すという意味

でも使われることがあります。

類義語

集金

『義援金』の意味

次に義援金の意味についてです。

この言葉の意味を理解するに当たって、『義援』という言葉の意味も知っておかなければなりません。

義援という言葉は、『義捐』とも書きますが、

 

『慈善や被災者救済などの趣旨で、金銭や品物を差し出すこと』

出典:『デジタル大辞典』小学館

 

という風に定義されています。

そして、その金銭が集まったものを『義援金』と呼ぶのです。

このお金は被災者に直接渡されるもので、被災状況等を調査し、全員が平等に貰うものになりますね。

『支援金』の意味

最後に支援金の意味です。

義援金は、『義捐』、つまり慈善や被災者救済などのために集められたお金です。

それに対し、支援金というものは、

 

『大規模な災害が発生した際に、被災地で活動するNPO法人やボランティア団体などに対して送られる寄付金』

出典:『デジタル大辞典』小学館

 

のことをいいます。

ようするに、被災地で実際に活動する団体に対して使われるお金になるのです。

 

言葉の意味合いを知ると使い方も分かる

『寄付・募金・義援金・支援金』の意味をそれぞれ紹介しました。

これらの言葉を使い分けるコツとしては、

 

『それぞれの意味を理解しておく』

 

これが重要になってきます。

冒頭で少し書いていますが、言葉の意味を知らずに言葉を使うことはできません。

まずは、その言葉がどんな意味合いを持っているのか。

これを知ることで、自然と言葉の使い方も理解できるようになります。

どんな言葉にも当てはまることなので、覚えておくと大変便利ですよ。

 

募金を呼び掛けて、寄付金を集める

ここでもう一度、

『寄付と募金』

について説明をしておきます。

誰々に寄付する

ということをよく言いますが、これはお金を出す側の言葉です。

そして、その寄付金を集めることが募金となります。

現代風の使い方に、『募金する』という言葉が使われることがあります。

これは本来、お金を集めている側の意味になるのですが、今ではお金を出す側にも同様の意味で使われています。

厳密にいうと意味が違うのですが、言葉の使い方は時代によって変わるもので、1つの意味合いに囚われると頭が混乱してしまいます。

これを防ぐ方法としては、

『時代に沿った意味を調べる』

ということが重要です。

たとえ違う意味で使われていても、大多数が言えばそれは覆ります。

なので、元々の意味を知っておくと同時に

『今の時代に合った使い方』

を覚えておくとよいでしょう。

 

義援金と支援金はよく間違われる

誤解

誤解

義援金と支援金は、よく同じ意味合いで使われることがあります。

似たような字面で、意味も似ているため、普段あまり気にしなければ、違いには気づきにくいでしょう。

ですが、さきほど紹介したとおり、これら2つの使い道はかなり違うものになります。

義援金

被災者等に直接、平等に渡されるお金。

支援金

被災地等で活動している団体に使われるお金。

つまり、

『現地の人に使われるお金が義援金』

『現地の人を助ける人に使われるお金が支援金』

と覚えておけばよいでしょう。

 

義援金や支援金を寄付、募金するタイミング

もう1つ、義援金や支援金を寄付する、募金活動をする場合は

タイミングがある

という話をします。

義援金・支援金には、それぞれ特性があります。

義援金が使われるタイミング

義援金は、

被災者全員

に配分されますが、平等に配分するためには、『調査』が必要になります。

誰がどれだけの損害を被っているのかを把握しておかなければ、不平等が起きて不満の声が挙がるでしょう。

そうならないためにも

『お金の配分管理』

は重要になるため、義援金は使われるタイミングが遅くなります。

支援金が使われるタイミング

支援金は、被災地等で活動する団体に使われるお金です。

支援金の場合、寄付金を受けた団体が現場の状況を判断して、即座に使われます。

被災地などでは、建物の復旧やインフラ整備が急務になってくるので、早く復興を目指すのであれば、支援金が多ければ多いほどよいでしょう。

序盤なら支援金、中盤以降は義援金

このように、義援金と支援金にはそれぞれ違いがあります。

なので、

「寄付をしたいな」

と考える場合、

どのくらい現場の状況が進んでいるか

を確かめるとよいでしょう。

被害を受けて間もない場合は、支援金。

ある程度復興が進んでいるのであれば、義援金。

このように考えれば、迷うことは少なくなるはずです。

ですが、これはあくまで基本的な考えなので、最後は自分の判断で、どちらに寄付するかを決めましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『寄付・募金・義援金・支援金の意味の違いと言葉の使い方を解説!』

いかかでしたか?

それぞれの言葉には意味があり、その意味を間違って覚えると、大きな間違いを起こしてしまうこともあります。

ですが、正しく知っていれば自分がどのように動くかを決めることにもつながります。

今回は寄付・募金・義援金・支援金について紹介しましたが、これらの違いを知ることで、取るべき行動もわかります。

正しい言葉の意味を理解し、生活に役立てていきましょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kenimamebo

在宅ライターとして、日々研鑽を重ねる毎日を送っております。 座右の銘は、『風林火山』。 孫子から始まり、武田信玄公の旗指物にも書かれたこの言葉通り、様々な状況でも行動できる人物になるのが目標です。 しっかりと記事を書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

-意味の違い

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.