野球

野球U18で中川卓也にラフプレーをした韓国選手キムデハンを調査!

投稿日:

現在、野球の『第12回U18アジア選手権大会』が開催中です。

2018年9月5日には、この大会の第3日の試合、日本対韓国戦が行われており、テレビで観戦した人も多いのではないでしょうか。

日本チームには、甲子園で活躍した注目選手がメンバー入りして、その活躍ぶりを期待されていますね。

これまでは、日本国内のチームとしか対戦したことがなかったメンバーたちですが、一生懸命に自分たちのプレーをしてくれていました。

そんな中、韓国のキムデハン選手が日本の中川卓也選手にラフプレーをして、中川卓也選手が激怒する問題が起こりました!

キムデハン選手とは一体どのような人物なのでしょうか。

 

今回は、野球U18で中川卓也選手にラフプレーをした韓国のキムデハン選手を調査していきます。

アドセンスリンクユニット

野球U18で韓国キムデハンが中川卓也にしたラフプレーとは?

中川卓也・キムデハン

中川卓也・キムデハン

今回問題となっているラフプレーは、2018年9月5日に開催された第12回U18アジア選手権大会第3日、日本対韓国戦の9回、日本の守備の場面。

2アウト・2塁で、2塁走者キムデハン選手が3盗を試みて走りましたが、

タイミングは完全にアウト。

キムデハン選手は、スライディングで3塁に突入したのですが、

3塁手の中川卓也選手のグラブを踏みつけた

のです!

問題はここから。

滑り込んだところに、たまたまグラブがあって誤って踏んでしまったのなら、まぁ仕方のないことでしょう。

しかし、キムデハン選手は、グラブを踏んでいることを確認しながらも、

そのまま足をどけなかったのです。

この態度に、中川卓也選手も怒りをあらわにし、何やら声をかけますが、キムデハン選手はこれさえも

無視して背をむけて去って行きました。

どうみてもグラブを踏んでいたことに気付かなかったはずはないです。

たとえ、わざとでなかったとしても、中川卓也選手に謝罪すべきところを無視。

 

このラフプレーを映像を見ると、そのひどさがさらによくわかります。

確実にグラブを踏んでいる自分の足元を見ているんですよね。

それなのに、謝ることもなく去って行くこの態度には、本当に腹が立ちますね。

たとえ言葉が通じなくても、仕草や雰囲気で、相手が怒っていることくらいはわかります。

キムデハン選手の動きや態度をみると、謝る気持ちがさらさらないように感じますね。

 

ネットでは、このラフプレーに対して

何回も動画確認したけど。踏んでるの確認してるよね?

道具を大事に扱うのも野球やってるなら分かるよね?

その後心配そうにグローブを見る中川選手…。

振り返りもしない韓国選手…。

腹わた煮えくりかえる。許せん。

 

わざとじゃないなら謝りなさいよ。

 

まじスポーツする資格なさすぎ。やめろって。

 

野球だけじゃないけど今までこういうこと何回もあって韓国と試合したら気分悪いよなー

と、多くの視聴者がキムデハン選手への怒りのコメントをしています。

野球だけに限らず、スポーツ選手は自分の道具をとても大事に扱います。

共に戦う、その道具は、自分の一部になっているんですよね。

そんな大切なグラブを踏みつけられたら、悔しくて腹が立ちますよね。

 

キムデハン選手のこの行為は、スポーツマンとしての自覚がなさすぎて、ガッカリするようなラフプレーでした。

どうしてそのような態度になったのか、説明してほしいくらいです。

 

ただ、この件について被害者である中川卓也選手は、試合後の取材で、

スライディングして踏まれたまま、どかれなかったので。

それだけです。

と感情を押し殺して語っています。

腹が立って仕方なかったはずなのに、なんと大人なんでしょう。

野球での問題は、相手に試合で勝って返してやろうというところでしょうか!

ここで怒りをあらわにして、攻撃的な発言をしなかった中川卓也選手は本当に偉いと思いますね。

 

中川卓也にラフプレーをしたキムデハンとは?

ネットのコメントにもあったように、

日本対韓国戦は他の競技でもフェアプレーではない

というところが気になっている人も多いようです。

韓国は、スポーツのレベルが高いのに、こうしたラフプレーが多くあることは本当に残念ですよね。

キムデハン選手は、この試合で

4番バッター

でした。

彼のスイングは高く評価され、この試合では

片手1本で左翼スタンドへ運ぶ3ランホームラン

という大活躍をしているんです。

野球のセンスは抜群なだけに、ラフプレーを平気で行ってしまうところが本当に残念だと思います。

キムデハン選手の細かい情報は、わからなかったのですが、

韓国チームの攻撃の要である

ということは確かです。

チームを引っ張っていく選手で、注目されている人間がフェアプレーをできないことは大きな問題といえるでしょう。

はたして指導体制に問題があるのか、本人の意識に問題があるのか。

明らかになっていませんが、次の試合は正々堂々と戦ってほしい限りです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、野球U18で中川卓也選手にラフプレーをした韓国のキムデハン選手を調査しました。

 

中川卓也選手がキムデハン選手にされたラフプレーというのが、

グラブを踏んだまま、すぐに足をどけなかった

という行為。

さらに、グラブを踏んでいることを確認したにも関わらず

謝罪すらしなかった

のです。

 

韓国のキムデハン選手とは、

韓国チームの4番バッター

で攻撃の要という重要な存在。

スイングが高く評価されていて、実際に日本戦では

3ランホームラン

を放っています。

 

実力があっても、ラフプレーをしてしまうというところはスポーツマンとして未熟ともいえるでしょう。

次の試合では、正々堂々とフェアプレーで戦ってほしいものですね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

jasm1ne

好きなもの:ピクニック。BBQ。スタバ。 ある日の休日の過ごし方:大好きな唐揚げのNo.1を決めるべく、唐揚げの旅に出る。(順位は時期によって変動) 何か気になること、欲しいものがあればすぐにネットで調べます。 ネットの情報は全てが正しいわけではないので、正しい情報・タメになる情報を取捨選択して書いていきます。

-野球

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.