雑学

居酒屋のお通しの意味とは?拒否してお通しなしにすることは可能?

投稿日:

お通し

お通し

居酒屋で、よく前菜代わりに出てくるお通し。

注文したメニューが来るまでの、ちょっとした一品料理として楽しめる料理です。

ところが、客が注文したわけでもなく一品追加されるばかりか、料金もちゃっかり請求されるため、

「何のために必要なの?」

「出すなら無料で出せよ!」

と不満に感じている客も多いそうです。

では、お通しとは一体何のためにあるのでしょうか?

本記事では、

  • お通しの意味・由来
  • お通しで料金を請求される理由
  • お通しを拒否してなしにできるのか

といった疑問を紐解きながら、お通しの是非にも迫ります。

アドセンスリンクユニット

お通しの由来・意味とは?

『お酒を飲み、仲間内でワイワイ盛り上がりたい!』

という人や、

『一人でお酒と肴(小料理)を楽しみたい!』

という人が、足繁く通っている居酒屋。

その居酒屋の多くで見られるお通しの意味や由来について、考えたことはありますか?

意外と、その意味を知らずに、

注文したわけでもないのに勝手にお通しを出して、料金をせしめる居酒屋のずる賢さが目立つ

と不満を持つ人が多いようです。

確かに海外で考えると、お通しのように注文もしていないのに、勝手に一品料理を差し出し、料金をせしめるのは契約違反と見受けられます。

また、契約社会である以上、海外ではこのような発想は、まずありえません。

お通しは日本だから生まれた食文化

しかし、日本独特の文化の中で、意味を持ち生まれたのがお通しなのです。

そもそも、お通しの由来は、

『お客を席にお通しする』

という言葉から生まれたものです。

すなわち、

一品料理なんて出す必要すらなかったのです。

明治以前はメニューがなかった?

ところが、明治よりも前の時代は、メニューありきで接客していたわけではなく、客が主導して料理をリクエストし、提供してきたようです。

そして、客の好みや言動を聞いた上で、店側がリクエストに応えられる料理を出し、

「これでいかがですか?」

といった感じで、商いをしていたのだとか…。

近年でも、

料理を提供して、客側が料金を決めて支払うシステム

が、出始めていますよね。

ある種、それに近いものがあったことだと思います。

とくに契約社会では絶対に考えられない話ですが、日本ではそういった商い文化があったのです。

お通しに対する考え方の変化

お通しは、この商い文化の名残として生まれ、現代では、主に場代(席代)として料金を請求する代わりに、一品料理を出す形に変化しました。

そのことで、店によってお通しに対する考え方も、多少ゆらぎが生まれています。

  • 単純に店の雰囲気・出す料理の質を知ってもらいたい(宣伝の一つ)
  • 新メニューの試食
  • 単純なる席代(チャージ代)を取るため
  • 余った食材をうまく活用したい

これらの目的で、お通しを出す居酒屋が大半だとも言われています。

まぁ新メニューの開発やら、宣伝というのであれば、

「無料で出してよ!」

という客側の言い分は理解できますし、そういった目的とされているからこそ、話がややこしくなっているのでしょうね。

日本の曖昧さが生んだお通しに対する誤解

本来は、席にお通ししてサービス(料理や酒の提供)を受ける席代であり、

『それが嫌なら家で飲めばいい』

と言うのが本筋です。

ただ、日本は海外と違って、こういった白黒つけない曖昧な文化を持っているから、非常に困惑する人が多いのでしょう。

まぁ明治以前の時代の飲み屋でメニューがなかったのも問題ですが、勝手に客側が料理をリクエストするのもどうかと思います。

お通しが問題視されるのは日本の商い文化の歴史が原因

そういう商い文化そのものが大問題だというのに、その歴史に誰も触れず、お通しがおかしいと疑問視するのは本末転倒…。

また一方では、合コンの席などで、お通しが出されて、そこから話が盛り上がるなんて歓迎する声もあるようです。

基本的には、席代(場代)なわけですし、

みんなで仲良くワイワイ盛り上がる場を提供してくれる料金

と考えれば、納得できるのではないかと思いますよ。

まずは、お通しの意味・由来をしっかり理解した上で、その必要性を考えてほしいと思う次第です。

スポンサーリンク

アドセンス

なぜ居酒屋のお通しで料金を取るの?

お通し

お通し

多くの居酒屋で、お通しが強制的に出され、300円~500円ほど料金が発生しますが、本来これはありえない話です。

その理由は、先程お通しの由来・意味として紹介したとおり、お通しそのものが、席に案内するためのものでしかないからです。

つまり、

『客を席にお通しする』

から、お通しという言葉が誕生しているわけで、別に料理を出す必要などありません。

そもそも別途料金を請求するなんて、ありえない話なのです。

では、なぜこのような事が起こっているのか?

居酒屋で有料のお通しが出される理由

その理由は、先程少し触れましたが、

簡単な料理を出すことで、お客に飽きさせず、店の雰囲気を味わい楽しんでもらう

という目的があります。

「だったら無料で出せ!」

という客側の言い分はよく分かるのですが、それは日本だから通用する話…。

そもそも、お通しは、場の雰囲気を味わさせていただくことに対するチップ(場代)として徴収しているところがあるので、簡単に拒絶はできないのです。

チップ制度がない日本だからお通しは必要

本来、客をお通ししてサービスする場合、海外だとチップが発生することが多いですよね。

例えば、ホテルのベッドメイキング一つに対しても、チップを払う習慣があったりするものです。

チップは、ほんのお心付けであり、別に強要するものではありませんが、習慣となっている以上、半強制的に支払う必要が出てきているのも事実。

ところが、日本ではそのような習慣はありません。

せいぜい場代として料金を求めるのは、水商売系の店くらいでしょう。

場代(席代)を取らないと居酒屋は潰れかねない…

しかも居酒屋となると、何時間も客が動きませんよね。

それなのに場代も取らないとなると、店自体の営業ができなくなってしまいかねません。

居酒屋としては店自体が運営していくために場代の請求は必要不可欠。

お通しは税金と同じ

それは、国家が成り立つために税金を取るのと同じことです。

ただ、それでも客は納得してくれません。

そこで、明治以前の商いに習い、簡単な一品料理としてお通しを出すことで、若干の場代を徴収しようとしたわけです。

要は、席代(場代)を求める居酒屋側の考えと、明治以前の商いのシステムを組み合わせた結果として、お通しは生まれているので、料金は発生するのです。

なので後ほど、お通しの是非や断ることができるかといった話については、持論も交えお話していきますが、基本お通しは正当な請求であるといえます。

お通しが嫌なら居酒屋にいかない

何度も言いますが、場代も払いたくないというのに、なぜ居酒屋で飲もうとするのか?

それこそ身勝手極まりない、わがままというやつで、お通し代を払いたくなければ家で飲むべきです。

「合コンも居酒屋でせずに自宅でやれよ」

という話です。

ただ、そういう事となると、近隣住民の騒音トラブルを引き起こす可能性があり、合コンどころでなくなってしまうこともあるでしょう。

また、先程もお話しましたが、お通し一つで、料理の感想を言い合いながら話が盛り上がるなんてこともあり、歓迎する人だっています。

本来ならば、数十分程度で、客が入れ替わるべきなのに、客の都合で何時間も居座られるわけですから場代を請求するのは当たり前です。

「それが嫌なら居酒屋で飲んで」

筆者としては、声を大にして言いたいですね。

スポンサーリンク

アドセンス

お通しは断ることは可能?是非は?

お通し

お通し

お通しというのは、あくまで場代(チャージ料)であり、サービスを受けるための料金として、日本では定着しています。

要は、

居酒屋で席についたら、無条件で300円から500円場代を請求される

と考えていいというわけ。

ただ、常日頃から水商売系のお店へ通っている人ばかりではなく、少ないお小遣いで、やりくりしているお父さんのほうが多いですよね。

女性にしたって、ホスト通いしている人なんてごくわずか…。

たいていが、チャージ料金を取る店舗に足を踏み入れることなど、あまりないので、このようなシステムに日本人は免疫がないのです。

だからこそお通しを出して、せめてもの店の雰囲気を楽しんでもらおうとしているのに、

「そんなもの無料で出せ。」

と、身勝手極まりない行動を取る輩がいるというのですから、本当に開いた口が塞がりません。

お通しも店によって断ることも可能

もちろん価値観の違いもありますし、店によっては、お通しを断ることもできるでしょう。

ただし、予めお通しが出された時点で、

「これ頼んでいないけど無料なの?」

と確認した上で、さらに有料だった場合に、

「断ることできますか?」

と新たに確認して、初めて断ることができるかできないか、店次第で可能ということになります。

そこまでして場代を断る人の是非は、人それぞれかもしれません。

どうしてもお金がないのに、お通し代まで請求されてかなわない人は、否定的な意見を述べるでしょう。

また、本来のお通しの意味・由来をしっかり把握した上で、場代と納得して支払う人もいます。

全体的にお通しに納得の声高し…

とあるアンケートで、場代として納得してお通し代金も払っている人は、

全体の60%

と半分以上の人が納得しているそうです。

このことからもわかるように、民主主義が成り立つなら、お通しは是というべきシステムであるでしょう。

お通しを否定するのは、意味すら知らない身勝手な者の発言

しかし一方で、本当の意味・ルーツも知らずに、我が物顔してテレビ番組を通じて、お通しに対する不平不満をぶつけています。

この行為は、あまりにも身勝手極まりない行為と思えてなりません。

確かに表現の自由はあってしかるべきで、批判をしてはいけないとは言いませんが、ちゃんと全体像を把握して善悪を語るのがスジです。

それすらもせずに、身勝手極まりない批判をしているのであれば、話は全く異なります。

お通しは絶対に必要不可欠

これは筆者自身の意見に過ぎませんが、何度もいうように、店が安定したサービスをしていくことを存続するために、場代の請求は必要不可欠。

そして、その心遣いとして、場代を支払った方たちに、ほんの些細は料理を振る舞うのは、店側の粋な計らいとも感じています。

もちろん、お金のない時には、

「お通しを断れたら…。」

という思いがないわけではありません。

お通しがルールなら受けるべき

しかし、それが店のルールなら甘んじて受けるべきです。

別にぼったくり行為をしているわけでもありませんし、場代なら納得できます。

それを、自身の価値観だけで物事を見て全否定とは一体何様のつもりなのか?

店側も、料理や酒を提供するのが本来の商売目的であり、何時間も合コンを開催させる必要はありません。

それでも、サービスの一環として、飲み会や合コンで何時間も滞在しても文句一つ言わないのです。

ただ、あまりにも回転率が悪くなれば店として営業できなくなってしまうのも事実ですし、せめて場代は徴収したいと考えるのは自然の流れ…。

それすら嫌なら、二度と、合コンも開かないでほしいし、居酒屋で酒を飲もうとしないでほしいと強く願うばかりです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

居酒屋でのお通しは、本来、場代を徴収する店側の配慮として一品料理を振る舞うもものです。

しかし、残念ながらその由来や意味を知らずに、勝手な言い分で、お通しを無理やり持ってきて料金をぼったくると息巻く人々がいるようです。

こんな人達が居酒屋でいつまでも時間を潰してしまうため、店は営業しづらくなっているのに、その事も考えられず是非を問うのはあまりに理不尽。

もちろん、お通しの是非の気持ちは分からなくはありませんし、きっちり確認を取れば、店によって断れないこともありません。

ただ、それでも、店のサービスを受けている以上、場代と納得した上で、お通しくらい目くじら立てずに受け入れてほしいと願うばかりです。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-雑学

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.