美容・健康

眠れない原因は不安やストレスがNo1!その理由をランキングで紹介

投稿日:

眠れない女性

眠れない女性

布団に入ってもなんだか眠れない…

寝たはずなのに疲れが取れていない気がする…

夜中に何度も目が覚めてしまう…

 

けっこうストレスが溜まっていませんか?

実は、睡眠とストレスは大きく関係しています。

私たちは、普段から小さなストレスから大きなストレスまで、様々なストレスを感じています。

  • 仕事が忙しくてストレスを感じている
  • 出来るか分からない仕事を任されて不安
  • 仕事と家事の両立が辛い
  • パートナーとの関係が上手くいっていない
  • 自分やパートナーの健康面に不安がある

これらのイライラや不安は、全てストレスです。

そこで、今回は眠れない原因となるストレスをランキング形式で見ていきましょう。

アドセンスリンクユニット

ストレスと睡眠の関係

『ストレスをため込むことは、質の良い睡眠の妨げになること』

がこれまでの研究などから判明しています。

おそらくどの年代の人にも、なにもストレスがない人は、ほとんどいないでしょう。

誰でも一度は

「大事な試験の前の日なのに眠れない!」

こんな経験はありませんか?

実はこれは、ストレスによる睡眠への影響が関係しているのです。

イライラや不安などのストレスが眠れない原因となる理由

日本睡眠化学研究所では

精神的な疲れが睡眠の質を低下させている可能性がある

と推測しています。

その理由は、

ストレスが交感神経を優位にさせているからです。

私たちの自律神経には、交感神経と副交感神経があることは知っている人も多いでしょう。

  • 緊張していたり活動的な日中は交感神経が優位
  • 休憩中や睡眠時には副交感神経が優位

この二つがこうしてバランスを取りながら、私たちの身体の全身に様々な指令を伝えます。

本来なら、家に帰ってきてリラックスをすると副交感神経が優位になり、睡眠前には眠気を感じ始めます。

しかし、ストレスがある場合、交感神経が優位になってしまうので、脳が興奮状態になります。

そうなれば、身体は休めても脳が休めていないので、

布団に入っても中々眠れない

寝たはずなのに疲れが取れない

という

『睡眠の質の低下』

に繋がるのです。

睡眠の質の低下がさらなるイライラや不安を引き起こす

疲れが取れない女性

疲れが取れない女性

さらに、ストレスが睡眠の質を低下させるだけではなく、

睡眠の質の低下がさらなるイライラや不安などのストレスを引き起こす

ということも分かってきています。

よりストレスを感じるようになるので、

夜にはまた眠れなくなる

という一度陥ると、悪循環になってしまいます。

たしかに、睡眠不足が続くとイライラした経験ってありますよね。

あれは、こうした自律神経の乱れによって引き起こされていたわけです。

 

眠れない原因の不安やストレスをランキングで紹介

一口に『ストレス』と言っても、肉体的な疲労のストレスもあれば、精神的な疲労によるストレスもあるでしょう。

睡眠の満足度を調査した結果によると、

肉体的に疲れた日よりも、精神的に疲れた日の方が満足度が低い

ということが判明しています。

身体がクタクタに疲れた日って、お布団に入るとすぐに眠ってしまいますよね。

それに対して、精神的に疲労を感じている日は、中々眠れないものです。

これだけでもストレスが睡眠に悪影響を与えている、ということが分かります。

 

そんな睡眠に悪影響を与えた日の、

精神的な疲労=ストレスの原因

として多いものを、ランキング形式で見てみましょう。

3位 『金銭面での悩み』

金銭面での悩み

金銭面での悩み

3位には『金銭面での悩み』があげられます。

どの年代でも、『金銭面での悩み』は尽きないですよね。

中々解決できないことも多いので、深く悩んでいる人も多いでしょう。

老後の資金が心配

貯金ができない・貯金がない

お給料が上がらないし、今後が不安

毎月浪費してしまう

借金がある・借金が減らない

とくに、こんな金銭的な悩みを抱えている人が多いようですね。

2位 『健康に関する悩み』

健康面で悩む男性

健康面で悩む男性

2位には『健康に関する悩み』があげられます。

これは、自分自身の健康だけではなく、パートナーや親など身近な人の健康に悩む人も多くいるでしょう。

肩こりや偏頭痛、慢性疲労など、日々の蓄積からくる不調による悩みや、腹痛、便秘、胃痛、生理痛など大病が隠れている可能性のあるものまで様々です。

とくに、大病が隠れている可能性のある症状については、

「不摂生や不規則な生活が思い当たるだけに怖い…」

と不安を抱えている人も多いです。

また、最近では『心の不調』に悩みがある人も多くいます。

このような健康に関する不安は、

「働けなくなったらどうしよう?」

と、さらに金銭面への不安へも繋がっていきます。

まさに眠れない理由の負のスパイラルと言えるでしょう。

1位 『将来への不安』

将来への不安を抱える男性

将来への不安を抱える男性

さて、眠れない理由1位には

『将来への不安』

があげられます。

老後の生活の不安

将来の両親・義両親の介護への不安

将来性のない仕事で、続くか分からない

パートナーがおらず、このまま独りで老後を迎えるのが怖い

年金など将来の資金への不安

年代によって違いはありますが、このような悩みを抱えている人が多いでしょう。

先の見えない将来は、今すぐに解決できるものでもなく、誰でも不安はあるものです。

しかし、睡眠に悪影響を与えているストレスの1位が『将来への不安』とのことなので、良い睡眠のためには、将来のことは気にせず、ゆったりと構えておく方が幸せかもしれませんね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

このように睡眠とストレスは大きく関係していましたね。

ストレスで眠れない日が続くと睡眠不足によって、さらにイライラや不安を引き起こすことが分かっています。

肉体的な疲労よりも精神的な疲労を感じる日の方が、睡眠への満足度が低い

という調査結果もあります。

寝て回復されるのは肉体的な疲労ですが、精神的な疲労によるストレスは睡眠へ悪影響を与えます。

とくに、睡眠へ悪影響を与えた日のストレスで多かったのが

3位『金銭面での悩み』

2位『健康に関する悩み』

1位『将来への不安』

でした。

眠れない日は、睡眠前にはリラックスして、副交感神経を優位にすると効果的です。

ハーブティーやアロマで気持ちを落ち着かせたり、瞑想なども良いようですよ。

自分がリラックスできる『お気に入りの定番』を見つけておくと良いですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FUGURI

好きな食べ物:パン、アイス、ハチミツ、ウイスキー。 趣味:ライブ参戦、パンの食べ比べ、コスメ収集、インターネットショッピング、お尻トレーニング。 基本的には健康オタクです。 最近ハマっているものは酒粕とハトムギです。 皆さまに読みやすい記事をお届けできますよう努めてまいります。

-美容・健康

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.