スポーツ 著名人

宮嶋泰子の経歴と評判を調査!体操の塚原千恵子との関係はズブズブ?

投稿日:

体操のパワハラ問題に注目が集まっていますね。

宮川紗江選手にパワハラをしたとされている、日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長と、夫・塚原光男副会長は2018年8月31日に連名の書面をプレスリリース。

一部謝罪を含めた弁解、反論

が記されていましたが、肝心なパワハラへの言及はなく、より事態を混乱させることになりました。

これらの騒動の中、テレビ朝日スポーツコメンテーターの宮嶋泰子さんが、2018年9月3日にフェイスブックで、

「自身のSNSへ誹謗中傷がかなりきている」

と発言。

その理由は、宮嶋泰子さんと塚原千恵子女子強化本部長の関係がズブズブだからという噂も...。

宮嶋泰子さんとは一体どのような人物なのでしょうか。

 

今回は、体操の塚原千恵子女子強化本部長との関係がズブズブと言われている、宮嶋泰子さんの経歴と評判を調査していきます。

アドセンスリンクユニット

宮嶋泰子の経歴をチェック!

宮嶋泰子

宮嶋泰子

名前:宮嶋泰子(みやじま やすこ)

生年月日:1955年1月9日

出身地:神奈川県倉敷市

職業:テレビ朝日スポーツコメンテーター

宮嶋泰子さんは、土建屋・材木屋の娘として生まれ育ちます。

大船小学校・大船中学校を卒業後、神奈川県立外語短期大学附属高等学校に進学。

将来は、『フランス語の通訳』になることを夢見ていたそう。

 

彼女は、中学・高校ではソフトテニス部に所属して、汗を流していました。

高校卒業後、早稲田大学第一文学部仏文科に進学し、夢だったフランス語の教員免許も取得しています。

しかしその後、フランス語の通訳の夢をやめ、アナウンサーとしての道を選びました。

 

1977年4月にテレビ朝日に入社し、アナウンス室に配属されます。

担当は、主にスポーツ番組で、彼女の

取材力は評価されていた

ということです。

その後は、

  • ディレクター業務
  • 企画
  • 構成
  • 編集
  • ナレーション

など幅広く仕事をこなしています。

かなりの”デキル女性”というわけですね。

 

宮嶋泰子さんはパラリンピックを担当して、その取材力がテレビ朝日社内で表彰されたことも。

2015年1月に、テレビ朝日を定年退職し、テレビ朝日と嘱託契約を結びます。

2018年現在は、

報道ステーションのリポーター兼ディレクター

を担当しており、

体操取材歴は40年

というベテランなのです。

常にスポーツに携わって取材をしてきた彼女は、その取材力は高く評価されていて、スポーツ界からの信頼も厚いのでは?と思いますね。

 

宮嶋泰子の評判をチェック!

宮嶋泰子

宮嶋泰子

宮嶋泰子さんの評判は、今回のパワハラ問題に対する

宮川紗江選手批判・塚原千恵子女子強化本部長を擁護する発言

によって、ガタ落ちしています。

ネットの反応は、

要約すると、

「私は塚原婆の飼い犬です」

か。

 

録音テープの問題も、この人が塚原嫁から仕入れて朝日にリークしたんだろうけど、取材方法に問題がありそう。

 

40年も取材してるからダメなんだよ。

政治記者と政治家、女子アナと野球選手みたいに取材対象とズブズブの関係になる奴だらけの報道業界なんだからさ。

 

上っ面の取材しかしてないのに体操取材の権威とでも言いたいの?

 

塚原とズブズブの関係なんだろ?

そんなんで公平な報道できるわけないだろ。

宮嶋も潔く辞めろ。

など、宮嶋泰子さんに対して、厳しいコメントがとても多いです。

 

これまでずっと高く評価されていた、彼女の取材力も否定されていて、

上辺だけできちんと取材できていない

と言われるほどです。

その理由は、

40年取材していることで取材対象とズブズブな関係になっているから

と考えられているようですね。

『塚原千恵子女子強化本部長とはズブズブの関係だから、公平な報道ができるわけがない』

と言われているのです。

 

実際の宮嶋泰子さんの発言を見てみると、

今回の体操暴力&パワハラ事件に関して、何やら、私のところにSNSでの誹謗中傷もかなり来ています。

テレビで体操協会の暴力事件は塚原夫妻の陰謀であるという意見を体操OBがテレビで伝える中、

私は塚原陰謀説を否定してきました。

(中略)

宮川さんや速見コーチは以前から、塚原夫妻の引き抜きが頻繁に行われていると信じていました。

そして今それが行われていると思っていたのです。

実は私はこれは『思い込み』だと感じています

このように、

  • 宮川紗江選手に対する批判的な発言
  • 塚原千恵子女子強化本部長を擁護するような発言

になっています。

これが、

『塚原千恵子女子強化本部長と仲が良いから、きちんとパワハラ問題を取材することなく、かばっている』

というように感じられているのです。

報道に携わる人ですし、本来は公平な立場でなくてはならないはずの人が、仲のいい人寄りの発言をすれば反感を買うのは当然と言えるでしょう。

 

今回の発言は、『かばっている』と感じられた塚原千恵子女子強化本部長をさらに厳しい状態に追い込むものであり、そういう意味で発言した意味はあったのかも…と感じるほどですね。

彼女は、自身の発言に影響力があることを、もっとしっかりと認識しておく必要があったのではないかと感じます。

 

しかし公平性がないのは彼女だけでなく、

「塚原夫妻が悪い」って決めつけてる報道が多い。マスコミに公平性がない。

という意見もありました。

確かに、マスコミの報道は『パワハラをした』とされている塚原千恵子女子強化本部長と夫・塚原光男副会長への批判ばかり。

現在、双方の言い分が真っ向から対立しているため

どちらかが非を認める

以外解決の方法はないですね。

その為にも、

日本体操協会が立ち上げる第三者委員会の調査

が重要となってきます。

きちんと公平な調査をして、日本体操界のためにも早く真相を明らかにしてほしいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、体操の塚原千恵子女子強化本部長との関係がズブズブと言われている、宮嶋泰子さんの経歴と評判を調査しました。

 

宮嶋泰子さんの経歴は、

  • 早稲田大学第一文学部仏文科卒業
  • 1977年4月にテレビ朝日入社し、アナウンス室に配属

40年間、体操取材

を行ってきたというもの。

 

彼女は、体操パワハラ問題で

  • 宮川紗江選手に対する批判的な発言
  • 塚原千恵子女子強化本部長を擁護するような発言

したことから、

「塚原千恵子女子強化本部長の飼い犬」

とも言われ、評判がガタ落ちしています。

 

今後、第三者委員会の公平な調査・判断で、真実が明らかにされることを願うばかりですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

jasm1ne

好きなもの:ピクニック。BBQ。スタバ。 ある日の休日の過ごし方:大好きな唐揚げのNo.1を決めるべく、唐揚げの旅に出る。(順位は時期によって変動) 何か気になること、欲しいものがあればすぐにネットで調べます。 ネットの情報は全てが正しいわけではないので、正しい情報・タメになる情報を取捨選択して書いていきます。

-スポーツ, 著名人

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.