恋愛 生活

結婚報告を会社や職場にするのはいつまで?タイミングや時期を紹介

投稿日:

結婚をすることは、女性にとっても、男性にとっても人生の大きな転機です。

それこそ、今後の人生の分かれ道と言っても過言ではありません。

 

そして、結婚をするとなると、色々手続きが必要になってきますよね。

婚姻届を提出したり、住所を変更したりと大忙しです。

 

その中で忘れてはいけないのが『会社や職場への報告』ですよね。

しかし、結婚の報告の仕方って誰も教えてくれません。

 

「いつまでに誰に報告したらいいの?」

「報告する時に気をつけることってある?」

そんな疑問を持つ人へ、この記事では会社や職場への結婚報告についてまとめてみました!

アドセンス

スポンサーリンク

結婚の報告はいつまでにするの?

結婚の報告

結婚の報告

会社や職場への結婚の報告は、

結婚をする3~4ヶ月前まで

にはしておきましょう。

なぜ3~4ヶ月前なのかというと、理由は3つあります。

 

1つ目は、半年~1年前であれば、結婚までの期間が長すぎて、状況が変化する可能性が高いからです。

 

2つ目は、1ヶ月~2ヶ月前だと、結婚までの期間が短すぎて、会社の手続きが追いつかない可能性が高いからです。

社員の1人が結婚するとなると、会社はたくさんの手続きをしなければなりません。

さらに、結婚によって退職をする場合は、次の社員を採用する必要があります。

これらのことをするのに、1ヶ月~2ヶ月間は短すぎるのです。

 

3つ目は、結婚式をする場合に、招待したい人の予定をおさえておきたいからです。

結婚の報告もしていないのに、結婚式の招待状は送れませんよね。

1~2ヶ月前に報告をした場合、結婚式に参加したい気持ちがあっても、他の予定が入ってしまっている可能性があります。

 

以上の3つの理由から、結婚の報告をするのは、

結婚をする3~4ヶ月前

が好ましいです。

しかし、会社によっては就業規則で、報告する時期を定めている会社もあります。

そのため、事前に会社の就業規則を確認することも必要です。

 

結婚の報告する順番ってあるの?

悩む女性

悩む女性

では、報告する日が決まったところで、まず誰に報告をしたらいいでしょうか?

 

1番に報告すべき相手は、『直属の上司』です。

間違っても、同僚から伝えてはいけません。

なぜなら、上司という立場である以上、部下のことは1番よく把握しておく必要があります。

そんな上司である自分が、部下の大事な出来事を、他の社員より後で聞くことになると、快くは思わないでしょう。

 

そして、2番目に報告すべき相手は、『上司より立場が上の人』です。

これに関しては、直属の上司が伝えてくれる場合もあります。

どちらにせよ、直属の上司に結婚の報告をした時に、あわせて相談をしましょう。

この相談をするときに、取引先に報告をするのか、ということも判断を仰ぎましょう。

 

3番目に報告すべき相手は、『同じ部署の先輩』です。

普段からお世話になっていることが多い人々です。

感謝の気持ちを込めて、丁寧に報告しましょう。

 

4番目に報告すべき相手は、『仲の良い同僚』です。

でも仲が良い分、1番に報告したいですよね?

その気持ち、十分わかります。

どうしても、仲の良い同僚に先に報告をしたい場合は、

内緒にしてもらうことを条件

にしましょう。

 

最後に報告すべき相手は、『人事と総務の担当者』です。

結婚に伴う事務の手続きをしてくれるのが、主にこの2つの部署です。

そのため、結婚の報告と併せて、これから自分がしないといけないことを聞いておきましょう。

 

ちなみに、派遣社員の場合は、職場へ報告をする前に、派遣会社へ報告しておきましょう。

その時に、職場への報告についてアドバイスや指示があることもあります。

 

結婚の報告する時に気をつけることは?

ポイント

ポイント

ここまでで、結婚の報告をするタイミングと、報告をする順番についてお話しました。

「これで準備万端!」

と思いきや、まだです。

 

報告をする時に、気を付けることが3つあります。

  1. できるだけ直接伝える
  2. 業務時間外に報告する
  3. 結婚式を挙げる場合は、事前に日程を決めておく

できるだけ直接伝える

できるだけと言っていますが、自分より立場が上の方には、必ず直接伝えましょう

それでも、相手の仕事の都合上、どうしても直接伝えることが難しい場合に限り、手紙を書いて送りましょう。

間違っても、

SNSやメールで報告するのは、非常識です。

一斉送信なんて、もってのほかです。

業務時間外に報告する

結婚の報告は、仕事ではなくプライベートな報告になります。

そのため、業務時間内に報告することは避けましょう。

 

業務時間前か休憩の時に、

大事なお話がありますので、後ほどお時間を作っていただけませんか?

と一声かけて、上司には時間を作ってもらいましょう。

この時、できれば上司に時間の余裕がありそうかどうか判断してからにしましょう。

結婚式を挙げる場合は、事前に日程を決めておく

結婚の報告をすると、ほとんどの人が結婚式を挙げるのかが、気になる点です。

そのため、結婚式を挙げるかどうかはもちろんですが、挙げる場合は、いつなのか日程を伝えられるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いかがでしたか?

会社や職場への結婚の報告のタイミングや順番、注意事項について理解できたでしょうか?

結婚の報告をするタイミングは、

結婚する3~4ヶ月前まで

が好ましいです。

  • 結婚の報告を1番にするのは、直属の上司です。
  • 結婚の報告をするときは、直接、業務時間外に、挙式の日程も決めて報告しましょう。

報告するタイミングや順番を間違えてしまうと、せっかくの門出が台無しになってしまいます。

結婚をした後も、その会社や職場で働き続ける場合は、働きにくくなってしまうかもしれません。

 

はじめてのことで戸惑うと思いますが、ひとりひとり丁寧に報告をすることで、気持ちはちゃんと伝わります。

職場の同僚や上司にも喜んでもらえる結婚の報告になるといいですね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-恋愛, 生活

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.