スポーツ 著名人

塚原千恵子の経歴や実績から旦那や子供までプロフィールを徹底調査

更新日:

最近は、スポーツ界から多くの不祥事が、暴露されていますね。

これは今までは暴力行為やパワハラがなく、最近になって増えたということではありません。

もともと、ずっとそのような体制だったものが、ただバレていなかっただけなんですよね。

暴力行為やパワハラを受けた被害選手が勇気をもって、その真実を公表することで、昔から続いている”黒い体制”をなくそうと、一生懸命戦っているのです。

そして現在、問題となっているのは、

日本体操協会

です。

なんでも、日本体育協会・女子強化本部長を務める塚原千恵子氏がパワハラをしていたということ!

しかも、彼女の夫もパワハラをしていたと告発されていて、

夫婦でパワハラを行っていた可能性

があるのです。

事実なら、日本体育協会全体を揺るがす大変なことですよね。

 

今回は、塚原千恵子氏の経歴や実績から旦那や子供のプロフィールまでを徹底調査していきます。

アドセンス

スポンサーリンク

塚原千恵子の経歴や実績は?

まずは、塚原千恵子氏の経歴や実績を調査していきます。

塚原千恵子

塚原千恵子

名前:塚原 千恵子(つかはら ちえこ)

生年月日:1947年8月12日

出身地:長崎県

職業:日本体育協会・女子強化本部長

塚原千恵子氏の旧姓は小田。

 

彼女は、小学校の時に

クラシックバレエ

をはじめました。

もともと、

「宝塚歌劇団に憧れて練習していた」

ということですから、塚原千恵子氏はタカラジェンヌになりたかったのですね。

 

高校は、県立長崎西高校に入学。

高校入学後に、バレエをやめて、ここで体操をはじめたのだそうです。

バレエの夢を諦めた理由については、わかっていませんが、どこかを怪我したなどではなさそうですね。

怪我があれば、体操もできないでしょうから。

高校生活をはじめて、彼女の中で夢や目標が変わっていったのかもしれませんね。

 

クラシックバレエで培われた身体や、その動かし方は、体操をする上で活かされて、体操の腕前は、メキメキと上達していきました。

高校卒業後、日本体育大学に入学。

入学して2ヶ月でレギュラー入りを果たすほどの努力で、実力も兼ね備えていました。

1967年、彼女が大学2年生の時には

全日本選手権で個人総合で優勝。

当時は、

『体操の女王』

とも呼ばれていたほどだったそう。

その後も、

  • 1967年の全日本選手権で5位
  • 1967年の夏季ユニバーシアード女子団体では金メダル
  • 1968年のメキシコ五輪で女子個人総合で19位、女子団体4位
  • 1969年の全日本体操選手権で優勝
  • 1969年の全日本学生体操選手権で優勝
  • 1969年のNHK杯で優勝
  • 1970年の世界体操選手権では女子団体4位

という結果を残しています。

彼女の実績を見ると、

日本に敵なし・海外でも通用する選手

といえるくらいの選手だったといえそうですね。

 

塚原千恵子の旦那や子供は?

塚原千恵子氏が、今回注目されることとなったのは、宮川紗江選手からパワハラを告発されたことがきっかけです。

このパワハラは、塚原千恵子氏だけではなく、彼女の旦那も関与していて、なんと

夫婦でパワハラをしていた

ということなのです。

 

それでは次に、塚原千恵子氏の旦那について調査していきましょう。

塚原千恵子の旦那・塚原光男とは?

塚原光男

塚原光男

塚原千恵子氏の旦那の名前は、塚原光男さん。

現在は、

日本体操協会の副会長

を務めてます。

夫婦で協会の重役を務めているのですね。

 

塚原光男氏は、

元体操選手

  • メキシコオリンピック
  • ミュンヘンオリンピック
  • モントリオールオリンピック

に出場し、金メダルを獲得したほどの実力ある選手でした。

 

さらに彼がすごいのは、これだけではありません。

鉄棒の『月面返り(ムーンサルト)』

跳馬の『ツカハラ飛び』

といった技の生みの親なんですね。

日本体操界に大きな影響を与えた人物でした。

このような華々しい実績がある塚原光男さんですが、将来のある選手を潰すようなパワハラを行っていたのは許せないことですね。

 

このような絶対的権力のある夫婦から、まさに”脅迫”されていたとされる宮川紗江選手。

とても恐ろしかったのではないかと思います。

早く真相を明らかにしてほしいと願うばかりです。

塚原夫婦の子供・塚原直也

今回、大きな問題を引き起こして注目されている、塚原千恵子氏と塚原光男氏の間には、子供がいます。

その子供の名前が、塚原直也さん。

塚原直也

塚原直也

彼は、2004年にアテネオリンピックに出場している

体操選手

なのです。

 

両親が体操選手なので、子供が体操選手の道を選ぶことに不思議はないですね。

きっと両親から、ものすごく指導されたのだろうと思いました。

しかし、調べてみると実際は、

『幼いころから体操をしていたわけではない』

ということみたいですね。

塚原直也さんは、体操を本格的にはじめる前は、サッカーをしていたのだそうです。

彼の両親である塚原千恵子氏も塚原光男氏も、

『子供を体操選手にしたいと思っていなかった』

ということなので、これは少し意外でした。

 

とくに両親にすすめられたわけでもなく、その後に彼が体操の道を選んだきっかけは、

『ソウルオリンピックの体操を観たこと』

なんだとか。

塚原直也さんは、オリンピックでの体操を観て、とても感動し、

自分の意思で体操の道に進んだ

のだそうです。

やはり、『体操一家の血が流れていた』ということなのでしょう。

 

彼は、とくに今回の騒動には関係がなさそうなので、

『塚原千恵子氏の子供である』

というだけで、塚原直也さんまでも、好奇な目で見られることがなければいいなと思いますね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、塚原千恵子氏の経歴や実績から旦那や子供のプロフィールまでを徹底調査しました。

 

塚原千恵子氏は、

日本体育大学出身の体操選手

でした。

全日本選手権で個人総合で優勝

するなど、華々しい実績があり、かつては、

『体操の女王』

と呼ばれていたほどの有力選手だったのです。

 

塚原千恵子氏の旦那・塚原光男氏も

体操選手

で、オリンピックに出場し、金メダルを獲得するほどの選手でした。

  • 鉄棒の『月面返り(ムーンサルト)』
  • 跳馬の『ツカハラ飛び』

の生みの親でもあり、体操界に大きな影響を与えた選手だったのです。

 

塚原千恵子氏と塚原光男氏の息子・塚原直也さんも

体操選手

で、2004年にはアテネオリンピックに出場していました。

 

今回、宮川紗江選手の勇気ある告発で、日本体操界の闇が明らかになりました。

真実が明らかになり、若く可能性のある選手が伸び伸びと育つ環境になっていってほしいものですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

jasm1ne

好きなもの:ピクニック。BBQ。スタバ。 ある日の休日の過ごし方:大好きな唐揚げのNo.1を決めるべく、唐揚げの旅に出る。(順位は時期によって変動) 何か気になること、欲しいものがあればすぐにネットで調べます。 ネットの情報は全てが正しいわけではないので、正しい情報・タメになる情報を取捨選択して書いていきます。

-スポーツ, 著名人

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.