俳優

織田裕二の性格や演技力の評判をチェック!不仲や共演NGは誰?

投稿日:

織田裕二さん・鈴木保奈美さんの共演と言えば、多くの人はドラマ『東京ラブストーリー』を思い浮かべると思います。

漫画家・柴門ふみ先生が手がけた同作漫画が原作のドラマで、1991年に放送され大ヒット。

しかし、このドラマを最後に二人が共演はなく、現在に至っています。

そんな中、2018年10月期の月9ドラマ『SUITS(スーツ)』で二人が共演する事が決定。

一部では、

「織田裕二さんの性格や評判が悪いために共演NGになったのでは?」

と噂もあるだけに、その真相は気になるところ…。

では、織田裕二さんの性格や評判が悪く、不仲だった事が共演NGの理由だったのか…。

その真相を本記事で探りまとめていきたいと思います。

アドセンス

スポンサーリンク

織田裕二の性格や演技力の評判をチェック

織田裕二

織田裕二

数々のドラマ作品に出演し、世界陸上ではテレビ中継のMCまでも務めている俳優・織田裕二さん。

これまでもドラマ『東京ラブストーリー』や、踊る大捜査線シリーズなど、数々の大ヒット作品に主演として携わっていますよね。

その事が証明しているように、彼の演技力は間違いなく高く感じますし、それは周りも認めている話でもあります。

坂上忍も織田裕二の演技力を評価

『バイキング』のMCを務める坂上忍さんも、映画『就職戦線異状なし』で共演し、

「この人、実に自然な芝居をすると感じた。」

と後に語られています。

織田裕二が演じるキャラに違和感なし…

また、一部からは、

「『貴族探偵』で演じた相葉雅紀さんが演じた貴族には違和感を覚えても、IQ246で織田さんが演じた貴族には違和感がなかった。」

という声も…。

織田裕二は憑依型の役者?

それは、織田裕二さんが、芝居以前にキャラから作り上げ、その状態で芝居をしている

憑依型俳優であること

が大きく影響しているようです。

考えてみれば、役者というのは、ただそのキャラの代役となってセリフを発しているに過ぎません。

本来、キャラがあって、セリフを発したり動きを見せたりしていくのがあるべき姿で、芝居をしていくのは、どこか違う気もします。

もちろん、芝居に対する考えは人それぞれ違うと思います。

ただ、二階堂ふみさん、門脇麦さんなどの憑依型と言われる女優の演技にドキッとさせられるのも事実。

それは、まさに憑依型の役者がキャラになりきって演技をしていることが最大の要因なのかもしれませんね。

憑依型だからこそ視聴率以上に印象に残りやすい…

正直なところ、ここのところ、織田裕二さん主演ドラマが視聴率を獲れているかというと、そうでもありません。

ただ、先程の『貴族探偵』、『IQ246』と比較した話にもあるように、視聴率以上に印象に残っているのは織田裕二さんです。

作品の良し悪しはあるとしても、インパクトを残せているという点では、いまも変わらず評価されていると言えるのではないでしょうか。

織田裕二の性格が問題視?

さて、そんな俳優・織田裕二さんですが、ドラマ出演するたびに、世間では性格を問題視する声があがっているようです。

どうやら、作品の世界に没頭するあまり、

監督であろうが目上の役者であろうがお構いなしに、あれこれ口出ししてしまうみたい…。

当然、後輩の役者にも口出ししてしまい、その事が問題視されてしまっているようです。

柴咲コウとも共演NG…

柴咲コウ

柴咲コウ

たとえば、『外交官黒田康作』で共演した柴咲コウさんとの不仲説は有名ですよね。

このドラマで、織田裕二さんは低視聴率という結果に焦りを感じていたのか、

演技だけでなく台本にまで口出しするようになった

そうです。

結果として、柴咲さんが嫌気を指し共演NGに…。

織田裕二が起因してドラマのヒロイン降板…

さらに柴咲さんが出演していたドラマ『ガリレオシリーズ』の劇場版『真夏の方程式』では、柴咲さんの降板を条件に織田裕二さんがゲスト出演。

結局、ドラマ『ガリレオ』第2シリーズも、この一件や映画でヒロイン役を演じた吉高由里子さんと柴咲コウさんの衝突もあり降板することに…。

実際に、柴咲さんは、第1話のみの出演となり、あとは吉高由里子さんにバトンタッチしています。

これらの話がどこまで事実なのかは、本人たちにしかわからない話ですが、関係者がいろいろ証言しているだけに、かなり怪しい話ではあります。

織田裕二の性格が悪い理由は仕事熱心すぎ?

こういった、作品に対するダメ出しや演技指導などもおこない、その世界観を大切にしていることから、変な誤解も生まれているようです。

他の共演NG者は…

そのためなのか、

  • 木村拓哉
  • 柳葉敏郎
  • 金子修介(映画監督)

は、織田裕二さんとの共演をNGとしているなんて話も…。

結果として、役者としては素晴らしいのですが、織田裕二さん本人の性格は問題ありと評判を下げているようです。

そして、一時期テレビからも姿を消してしまったという風に、世間では評判を受けていたところがあります。

作品への口出しは真面目な姿勢の表れ

もちろん、一部で言われている『わがままな性格』というのは完全なる誤解で、彼が仕事熱心で情熱家だということの裏返しであるだけ…。

本当にわがままな性格なのだと言うなら、踊る大捜査線シリーズで、何度も演技指導を受け泣かされた深津絵里さんが、共演NGにしているはず…。

結局、長年コンビを組み、踊るシリーズに出演していたことを見ても、分かる人は分かってくれるということだと思います。

実際に一部の関係者からは、

「仕事熱心あまり誤解されることも多いけど、決してわがままな性格ではなく、仕事熱心なだけ」

と、仕事熱心な姿を評価されています。

評価されなければ月9復帰もありえない

何かと縦社会が厳しいと言われる芸能界で、織田裕二さんが、いまも変わらずに、ただわがままな性格なら、月9ドラマで起用されるか?

それも、『Hey! Say! JUMP』のメンバー中島裕翔さんとW主演という形で出演するのだから、ファンも黙っていないでしょう。

一つ間違えば、ファンから大バッシングを受けて、ドラマそのものが大コケ…。

そんな事態さえ想像できてしまうのに、わざわざ性格が問題の織田裕二さんを起用するわけがありません。

月9起用も織田裕二の評価が高いから…

では、なぜ織田裕二さんが、月9ドラマ『SUITS(スーツ)』に起用されるのか…。

その理由は、織田裕二さんの演技力やドラマの世界観に張り込んでいく姿勢を高く評価していることが大きな理由です。

そして、織田裕二さんの性格に問題があると考えられていないからこそ起用されるのです。

ただですら、何かと視聴率低迷を危惧されている月9ドラマが、やっと2018年7月期ドラマの『絶対零度』で息を吹き返してきましたよね。

それなのに、あえて茨の道に進もうとするわけがありません。

柳葉敏郎との共演NGも嘘…

ちなみに先程、織田裕二さんの性格が問題で、柳葉敏郎さんと共演NGになっている話をしましたが、

それが嘘と判明…。

なんでも柳葉さんの奥さんが、彼の大ファンらしく、あくまで衝突は役柄上でのことみたい…。

織田裕二の素の性格

普段は紳士的で、優しく穏やかなで真面目な性格とも言われている織田裕二さんです。

男気がある印象の柳葉さんが、共演NGにするはずがありません。

あくまで、彼との共演NGの話や、性格が問題という評価に関しては、一部で囁かれているだけの話なのでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

織田裕二と鈴木保奈美と不仲なのは本当?

鈴木保奈美

鈴木保奈美

女優・鈴木保奈美さんとは、冒頭でもお話したように、ドラマ『東京ラブストーリー』での共演を最後に、一度も共演されていませんよね。

その理由の一つには、二人が不仲な関係にあることが挙げられています。

不仲な関係ならドラマ『SUITS(スーツ)』での共演はありえない

ただ、それなら、いまになって、なぜ月9ドラマ『SUITS(スーツ)』で鈴木保奈美さんと共演することになったのか?

それも、役柄で言えば、鈴木保奈美さんの部下役…。

本当に、不仲な関係にあるというのなら、織田裕二さんもこんなオファーを受けないでしょう。

どう考えても不仲な相手に対して、屈辱的なキャスティングと言えますし、そのことを嫌うのが常識的…。

ところが、織田裕二さんは今回のオファーを断っておらず、鈴木保奈美さんも、織田裕二さんと再び共演することを楽しみにしているようです。

鈴木保奈美の証言

実際に、今回のドラマ出演についてのインタビューの中で、鈴木保奈美さんはこのように語っています。

「東京ラブストーリーのときは、女優として駆け出しで、織田さんを始め他のキャストをちゃんと見る余裕がなかった。」

「27年のときが過ぎ、織田さんが今回どんな感じでドラマに挑まれるのか非常に共演を楽しみにしています。」

と、はっきり答えられています。

このインタビューが、ただの大人の対応とは、筆者にはとても思うことができませんし、共演がなかったのも、たまたまだったと思いますよ。

鈴木保奈美の芸能界引退

そもそも、鈴木保奈美さんは、とんねるずの石橋貴明さんと1998年に再婚し、以降の約12年の間、芸能界を引退されています。

本格的に女優復帰したのは、2011年放送の大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』への出演がきっかけ…。

それから約7年経過していますが、あくまでスケジュールが合わなかっただけでしょう。

『東京ラブストーリー』続編の話…

ちなみに、『東京ラブストーリー』の続編のドラマ化が企画され、織田裕二さんにもオファーが来ていたそうです。

しかし、それを断ったという話もあります。

その理由は、鈴木保奈美さんとの不仲が原因ではありません。

あくまで、

『永尾完治』という役に自身が合っていない

と感じているところが強く、そのことを理由に断ったようです。

織田裕二がオファーを断った理由

そもそも、この『永尾完治』という役は、緒形直人さんが演じる予定だったそうです。

残念ながらというべきか、緒方さんはオファーを断り、代わりに織田裕二さんにオファーが舞い込み受けることとなったんだとか…。

それだけに、あれだけ大ヒットしながらも、本人は納得できていなかったみたい…。

そういった背景もあって、オファーを断ったようです。

『東京ラブストーリー』は完結したドラマ作品

まぁ『東京ラブストーリー』は、既に完結している作品です。

伏線めいた部分を残し、読者を置き去りにして終わってしまった感も拭えません。

とくにドラマでは、原作にある赤名リカが妊娠していたシーンは描かれず、愛媛での別れから、3年後の世界がいきなり描かれています。

もちろん、赤名リカが身を引いたことを物語っている様子を演出した一つのシーンではあるのだと思います。

ただ、原作と異なる部分であり、ドラマとしてはきれいに収まっていても、原作では、妊娠までが描かれている…。

25年後の世界を描いたのも伏線の収集が目的?

そういった違いも含め、伏線めいたものがあったので、25年後の世界観を描いたのでは?と考えています。

なので、一度ドラマとしてきれいに終わっているものを、改めて続編という形でやってしまうのは気持ち悪いと織田裕二さんも感じたのでは?

そんな印象が伺えるのです。

そして、自身のキャラクターと俳優・織田裕二の世界観が、あまりにも違うことからオファーを断っただけだとしたら…。

オファーを断ったことと鈴木保奈美との不仲説は別問題

鈴木保奈美さんとの不仲というのは、あくまで世間が勝手に抱いている妄想の部分なのかもしれませんね。

もちろん、本当のところは本人たちにしかわからない部分で、不仲を認めたわけではない以上、確証は何一つ得られていません。

ただ、何度も言いますが、不仲が事実だとしたら、今回のドラマ共演は絶対にありえませんし、まだ放送前ですからキャンセルもありえます。

そういった話がない以上、二人は不仲ではなかったと考えるのが妥当だと思う次第です。

スポンサーリンク

アドセンス

織田裕二と共演NGは偶然の結果

鈴木保奈美さんも織田裕二さんも、それぞれ役者として現在も活躍していますが、『東京ラブストーリー』以降、共演はありません。

ただし、色んな情報を探りながら筆者が推測する限り、どう考えても二人が不仲で共演NGにしたとは思えません。

では、なぜ共演という形が見られなかったのか…。

織田裕二・鈴木保奈美の共演がなかった理由

一つは鈴木保奈美さんが、一時期芸能界を引退し家庭に入っていたこと。

もう一つは織田裕二さんが、鈴木保奈美さんの女優復帰以降、それほど多くの作品に出演していないことが理由にあると思われます。

織田裕二さんは2011年以降、7本のドラマに出演しています。

その最たるものは、おそらく『IQ246〜華麗なる事件簿〜』だと思います。

やはり、織田裕二さんが演じたキャラが際立っていましたし、ある意味とんでもない貴族ですから、印象に残りやすいのでしょう。

ただ、ここに鈴木保奈美さんが共演という形で登場したら、かなりややこしいことになりそう…。

『東京ラブストーリー』のイメージが強すぎる…

どうしても二人の印象というと、『東京ラブストーリー』のイメージが強く、『SUITS(スーツ)』のように主従関係が見えてしまうのです。

そのため『IQ246』で共演させてしまうと、織田裕二さんが演じる貴族のキャラが薄れてしまいかねない…。

そして、その手のタイプの作品が多かったことや、2011年は鈴木保奈美さんが、大河ドラマに出演していたこともあり、共演がなかった…。

結果的に共演NGとなった3つの理由

  • スケジュールが合わない
  • 二人が共演して成り立つ作品がない
  • 『東京ラブストーリー』のイメージが強烈過ぎた

この3つが、二人を結果的に共演NGとさせてしまった最大の原因ではないかと思うのです。

もちろん、これは推測なので、確証は何一つありません。

ただ、織田裕二さんは主演を張り続けてきた俳優です。

一方、鈴木保奈美さんは一度芸能界を引退している女優…。

そして、『東京ラブストーリー』では、ある意味、鈴木保奈美さんの演じた赤名リカが、織田裕二さん演じる永尾完治の上にいた…。

常に彼女が先手を取り、恋愛のエキスパートとして永尾完治を誘導していた印象が極めて強いのです。

もちろん、それは役柄の上での話で、実際の二人の関係とは別の問題ですが、そのことを考えると、共演作品を手がけるのは難しい…。

このように考えたほうが、共演NGの理由・原因としてしっくりくるものでしょう。

木村拓哉・金子修介(映画監督)との共演NGの理由

さて、最後に、木村拓哉さん・金子修介(映画監督)との共演NGの理由もお話しておきます。

木村拓哉との共演NGはライバル心から…

木村拓哉さんと織田裕二さんが、共演NGと一部で囁かれています。

これは、二人が出演したドラマが、偶然にも同じ時間帯だったことが影響していた話です。

たとえば、TBSドラマ『華麗なる一族』で木村拓哉さんが主演を務める一方で、織田裕二さんは『冗談じゃない!』で主演を演じています。

この二作品は、TBS日曜劇場枠で放送されたドラマですよね。

『華麗なる一族』が2007年1月期のドラマで、『冗談じゃない!』は、同年4月期のドラマ。

つまり、『華麗なる一族』の後枠として、『冗談じゃない!』が放送されているのです。

そのため、何かとこの二作品は比較対象にあったらしく、ある種のライバル関係を、周囲から作り上げられてしまった…。

このことで、何かと意識し合うようになり、いつしか共演NGとされたと言われています。

ただし、あくまで世間で言われているだけの話に過ぎません。

二人とも仕事熱心であるために、意識しあっただけのことでしょう。

金子修介(映画監督)との共演NG説

金子修介

金子修介

映画監督の金子修介(映画監督)さんとは、

とある映画のワンシーンでの事故

が共演NGの理由と言われています。

その映画とは、映画『卒業旅行 ニホンから来ました』。

この映画は、かなりのコメディ要素を含んだ映画で、脚本上は、織田裕二さんがステージに立ち、ピンクレーディの『ペッパー警部』を歌うシーンもあったのだとか…。

さすがに、イメージに合わなさすぎると、織田裕二さんからクレームが入り、ひと騒動が合ったみたい…。

そして、このステージで歌うシーンで、派手に花火を爆発させた結果、織田裕二さんの髪に火の粉が降り掛かったという…。

スタッフは謝罪するも怒りが治まらず、織田裕二さんがスタッフを叱り飛ばすと、金子さんが、

「お前何様のつもりだ!」

と、逆ギレ…。

一つ間違えば、火の粉が降り掛かって、少し髪が焦げただけで治まらず、丸焼けになってしまったかもしれない話ですよね。

織田裕二さんは、真面目なタイプだからこそ、このような事故に対して激怒するのは当然…。

それを逆ギレしていく、というのはありえないのですが、このことをきっかけに、

「織田裕二はわがまま」

というレッテルまではられたそうです。

ひどい話ですが、共演NGとなっても頷けます。

一応、織田裕二さんサイドの言い分としては、既に和解したとのことですが、果たして二人の関係はいかにといったところ。

 

以上が、共演NGとなってしまった理由です。

共演NGは織田裕二の性格とは無関係

いずれにしても仕事を通じて、共演NGとなっただけで、織田裕二さんの性格が直接関係していたかというとそうでもなさそうです。

鈴木保奈美さんと共演NGと言われた話も、結局、織田裕二さんの性格とは全く関係ないありません。

あくまで結果的にそうなっただけの話です。

とは言いつつも、真相ははっきりせず、どこまでいっても想像の世界であることに変わりはありません。

あくまで一つの考えに過ぎませんが、正直なところ、二人の不仲で共演NGはありえないと思いますよ。

そのあたりの部分もあわせて、次期月9ドラマ『スーツ(SUITS)』での共演で、いろいろ見えてくるものがあるでしょう。

そういった違う角度からも、ぜひ、二人の共演を楽しみにしたいものですね!

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

織田裕二さんの性格が問題という評判の声は、彼が紳士的で穏やか・真面目な性格であるにもかかわらず、一つの誤解が生んだ話でした。

仕事熱心で、自身を作品の世界観に入り込ませて演じていくため、時に過剰な演技指導や脚本への口出しも見られてしまった…。

その事が、『性格に問題』と言われた理由に過ぎず、織田裕二さんのことを高評価する人も、きちんといたことがわかりました。

鈴木保奈美さんとの共演NGも、二人が不仲だからという理由ではなく、スケジュールや東京ラブストーリーの影響も理由となっているのでしょう。

月9『SUITS(スーツ)』で二人の共演が決まっただけに、どのような絡みが見られるのか楽しみですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-俳優

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.