スポーツ 言葉の意味・語源・由来 野球

ガッツポーズの由来や語源を紹介!野球でやると注意される理由とは?

投稿日:

みなさんは何かをやり遂げた瞬間にガッツポーズをしますか?

もしガッツポーズをしたとき、

それがなぜガッツポーズと呼ぶのか?

いつからどんな形でガッツポーズが広まったのか?

これを疑問に思ったことはないでしょうか?

普段、何気なくやっているガッツポーズ。

でも、いざその由来や語源を考えた時、不思議に思ってしまいますよね。

そこで今回は、ガッツポーズの語源や由来、また、野球など一部のスポーツで、ガッツポーズが慎まれている理由などを解説していきます。

アドセンス

スポンサーリンク

ガッツポーズといえばやはりあの人!

ガッツポーズで

真っ先に思い浮かぶ人

がいますよね。

そう、ガッツ石松さんです。

ガッツ石松

ガッツ石松

ガッツ石松さんがとったポーズだからガッツポーズ。

これには誰も異論をはさむ人はいないでしょう。

もう少し詳しく説明していくと、ガッツ石松さんが現役のプロボクサーだった時にさかのぼります。

1974年4月11日、当時ガッツ石松さんは、WBC世界ライト級チャンピオンのタイトル戦を控えていました。

でも目の前に、ロドルフォ・ゴンザレス選手という強敵が立ちはだかっていたのですが、下馬評を覆し見事勝利したのです。

その時に高々と掲げられたガッツポーズがメディアで広まり、あっという間に世間に『ガッツポーズ』として定着していったのです。

もうひとつあった有力な説

しかしガッツポーズの由来は、ガッツ石松さんだけではありません。

なんとガッツ石松さんが世界チャンピオンになるより約2年も前に、ガッツポーズを広めるのに大きく貢献した出来事がありました。

当時は、ボウリングが大変人気で『ガッツボウル』というボウリング専門の雑誌がありました。

その雑誌の中で、ストライクを出した時の決めポーズ、つまりガッツポーズを募集したことがありました。

その時に『ガッツポーズ』という言葉が誕生したとされています。

つまり語源は、日本で生まれた言葉『和製英語』だったのですね

 

ガッツポーズのガッツとは

ガッツポーズ

ガッツポーズ

ガッツとは本来、英語では

内臓

の事を指します。

でも、俗語として、

  • 根性
  • やる気
  • 気合

という意味があるのです。

ただし俗語で通っている言葉の意味ですから、日本語のように一般的に広く多くの人に使われているわけではなく、上品な言葉としては見られていません。

 

ガッツポーズをすると注意される競技もある

何かをやり遂げると、つい出したくなるガッツポーズ。

しかしガッツポーズを、自粛している競技や業界も存在します。

とくに剣道や柔道、相撲など昔からある、

品格やしきたりを重んじる世界

では、ガッツポーズに対して、とても厳しい態度をとっています。

剣道の場合、ガッツポーズをすると、一本が取り消されるなんてことも。

また、相撲でも朝青龍関が勝った後にガッツポーズをしたことで、物議を醸したという事もありました。

 

プロ野球でのガッツポーズ

野球界でもガッツポーズは、歓迎されていません。

日本のプロ野球では、ルールブックには記されてはいませんが、

暗黙のルール

として、『ガッツポーズをしてはいけない』とされています。

たとえば、打者はホームランを打った際に、立ち止まってボールの行方を追ってはいけない。

また、派手なガッツポーズをとったり、ゆっくりとダイヤモンドを回ってはいけない不文律があります。

もし、これを破った場合は、

報復デッドボールを受けても仕方がない

ということが、これも暗黙に了解されています。

田中将大投手が、日本のプロ野球時代、元大リーガーの選手に対してガッツポーズをしたことと、雄たけびをあげたことで問題になったことがあります。

これはアメリカの大リーグでも同じであり、派手なガッツポーズは、

相手には侮辱として映ります。

もちろん、その後に報復デッドボールを受けても文句は言えない立場になってしまうのです。

 

高校野球でのガッツポーズ

高校野球も例外ではありません。

2018年の第100回甲子園大会で、

創志学園の西純矢投手

というストレートの最速が150キロにもなる、日本代表にも選ばれた逸材の選手がいます。

その彼のトレードマークで、三振を奪った後に見せるガッツポーズがあります。

西純矢

西純矢のガッツポーズ

そのガッツポーズを目当てに来ているお客さんもたくさんいたのですが、球審が試合前、

「西投手にガッツポーズは慎むように」

と注意をしたのだそうです。

それが災いしたのかは分かりませんが、西投手は本来の投球ができずに試合に負けてしまいました。

本当は、優勝候補にも挙げられていた創志学園でしたので、大変残念な結果になってしまいましたね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

ガッツポーズの由来は、やはりガッツ石松さんが関わっていたことが、改めてはっきりしましたね。

でも、ガッツ石松さんだけではなく

『ガッツボウル』というボウリング雑誌の存在

もガッツポーズの由来・語源を語る上で欠かせませんでした。

また、ガッツポーズが必ずしもすべてのスポーツや競技で受け入れられているわけではない現状もありました。

何かを成し遂げた時、喜びを表現することは、決して悪いことではありません。

しかし相手への敬意と競技への愛情を忘れずに楽しむのも、また大切ですよね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

-スポーツ, 言葉の意味・語源・由来, 野球

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.