アルバイト

家庭教師や塾講師の大学生アルバイトの時給や必要な学力をチェック

投稿日:

『大学生ならではのアルバイト』

として人気の家庭教師や塾講師。

「時給がよい」

といわれていますが、具体的にいくらなのでしょうか?

また、家庭教師や塾講師のアルバイトは、人に勉強を教えるのですから、ある程度の学力が必要です。

「やってみたいけれど、自分の学力で務まるかどうか心配…」

という人もいることでしょう。

はたして、どれくらいの学力が必要なのでしょうか?

この記事では、その気になるポイントをチェックしていきます。

アドセンス

スポンサーリンク

家庭教師・塾講師の大学生アルバイトの時給

家庭教師

家庭教師

平均的な時給の金額

まずは、家庭教師・塾講師のアルバイトの時給をみてみましょう。

社会人も含みますが、時給はだいたい以下のようになっています。

家庭教師の時給:1,300円〜2,100円程度

塾講師の時給:1,000円〜1,600円程度

時給は、地域その他のさまざまな条件によっても変わってきます。

家庭教師・塾講師の場合、

  • 教える形式
  • 内容
  • 求められる能力

などによって、時給にかなり差が出てきます。

そのため、飲食店の店員や単純作業などのアルバイトと比べて、金額の幅がやや大きくなっています。

家庭教師と塾講師とでは、家庭教師のほうが、やや高めとなっています。

家庭教師の場合、仲介業者に登録して派遣先を紹介してもらうことが多いです。

しかし、個人契約もあり、その場合は業者を通すよりも時給が高くなることがあります。

塾の場合は、

  • 個別指導
  • 集団指導

の二つがあります。

集団指導は、多くの生徒を相手に教えるので、それだけ大変です。

そのため、個人指導と比べて、集団指導のほうが時給は高めです。

家庭教師と、個別指導の塾講師は、1対1で教えるという点では同じです。

しかし、家庭教師は生徒の家まで出向いて教えますので、その分、個別指導の塾講師より時給が高くなる傾向があります。

ただし、家庭教師の場合、生徒の都合で、ある日いきなり授業がなくなって、収入が減ることがあります。

時給についての注意点

なお、家庭教師も塾講師も、ほとんどの場合、

時給が発生するのは授業時間のみ

です。

実際には、授業以外に

事前の予習

に時間を取られます。

 

塾講師の場合、授業の前後に多少の拘束時間もあります。

授業開始の時刻までに塾に行けばいいというわけではありません。

生徒より早く塾に来ていないといけないのです。

授業の前後にプリントを印刷したり、ミーティングをしたりもします。

しかし、多くの場合は、

授業時間外は時給が支払われません。

 

たとえば、時給が1,000円だったとしても、授業時間外の仕事も含めて考えると、実質的な時給は1,000円未満になってしまうのです。

『時給が高いから』という理由で家庭教師・塾講師のアルバイトをしょうと思っている大学生は、そういう点に注意する必要があります。

なお、家庭教師も塾講師も、教える相手の年齢が高いほど、時給は高くなる傾向があります。

高校生>中学生>小学生

の順ということですね。

年齢が高いほど、学習内容が高度になり、教えるのが大変だからです。

 

家庭教師・塾講師の大学生アルバイトに必要な学力

塾講師

塾講師

必要な学力の程度

今度は、家庭教師・塾講師の大学生アルバイトに必要な学力についてみてみましょう。

高校までの学習内容とはいえ、勉強を教えるのですから、ある程度の学力がないと務まりません。

しかし、家庭教師・塾講師は、

難関大学の大学生でないと採用されないということはありません。

『四年制大学の大学生であればよい』

という場合がほとんどです。

ただし、難関大学や医学部の受験指導を専門的に行っている塾の場合は、講師も難関大学や医学部の大学生が求められることが多くなります。

一方、小学生に基礎的な内容を教えたりするような場合であれば、あまり高学歴は必要ないでしょう。

教える相手の年齢や学力などによって、教える側に求められる学力のレベルも変わってくるということです。

よほどハイレベルの内容を教えるのでないかぎり、大学生であれば、たいがい務まる場合がほとんどでしょう。

学力と教える能力は別

家庭教師の派遣会社や塾では、

教材やマニュアル

を整備してあって、それに沿って授業を行えば、スムーズに教えられるようになっています。

また、

学力と教える能力は別です。

学力がそれほど高くないからといって、教える能力も高くないとは限りません。

勉強を教えるうえでは、高度な学力よりもむしろ、わかりやすく説明する能力や、コミュニケーション能力などが重要です。

それらが不足していたとしても、努力、工夫、経験によって、向上させていくことは可能です。

高い学力がないからといって、家庭教師・塾講師が務まらないということはないのです。

少なくとも教える相手を上回るだけの学力があれば、それほど心配する必要はないでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

家庭教師・塾講師の時給は次のとおりです。

家庭教師の時給:1,300円〜2,100円程度

塾講師の時給:1,000円〜1,600円程度

家庭教師・塾講師に必要な学力は、教える相手の年齢・学力などによって変わってきます。

しかし、

大学生であれば問題ない

という場合がほとんどです。

家庭教師・塾講師は、大学生としての学力を生かすことができ、生徒の成長を支える、というやりがいのある仕事でもあります。

やってみたいと考えている人は、積極的に情報を集めて、自分に合ったアルバイトを探してみましょう!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-アルバイト

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.