害虫

ゴキブリ退治にコンバットの効果や効き目とは?正しい使い方を紹介

投稿日:

ゴキブリ退治には、殺虫剤やゴキブリホイホイなど、いろいろなアイテムがあります。

中でも役に立つのが、

『置き餌タイプの駆除剤』

置いておけばゴキブリが食べてくれるので、手間もいらず、便利ですね。

今では、

『コンバット』

のように、食べたゴキブリだけでなく、仲間も退治できるなど、いろいろな効果のあるものが販売されています

 

でも、使い方を間違えてしまえば、期待する効果は得られません。

せっかく使うなら、できるだけ効果を得られるような使い方をしたいですよね。

というわけで今回は、

コンバットの効果や効き目、そして正しい使い方について、

お伝えします。

ゴキブリ退治のお役に立てていただけたら、幸いです。

アドセンス

スポンサーリンク

コンバットの効果とは?

 

コンバットには

  • 広い範囲に効く
  • 抵抗性ゴキブリにも効く
  • メスが持っている卵に効く
  • 巣に効く

という効果があります。

では、それぞれの効果について、詳しく見ていきましょう。

広い範囲への効果

『広い範囲』というのは、どれくらいかというと、

6畳間に1~2個置けば効く

くらいです。

これは、以前のコンバットの効く広さに比べて『2倍』

 

ちなみにブラックキャップは『5㎡に2~4個』置いてください、とのこと。

6畳間は約10㎡弱なので、ブラックキャップだと6畳間に7~8個は置く計算になります。

ブラックキャップよりも、コンバットのほうが、1部屋に置く数が少なくて済む

ということになりますね。

抵抗性ゴキブリへの効果

コンバットは、

殺虫剤に耐性を持つゴキブリにも効きます。

 

ゴキブリは、時として殺虫剤に対して抵抗力をつけてしまうことがあります。

しかし、ゴキブリが耐性を持ってしまうのは、主に『ピレスロイド』という、殺虫剤に使われる成分に対してです。

置き餌タイプの駆除剤に対して耐性を持つゴキブリは、ゼロではないものの、多くはいません。

『置き餌タイプの駆除剤が効かない』

というのは、

  • 毒エサのある場所を覚えてしまった
  • もっと魅力的なエサが他にある

などの理由で、

『ゴキブリが食べなくなった』

ことが多いのです。

殺虫成分の入ったエサを食べて生き残れるゴキブリは、ほとんどいません。

コンバットは、新しい誘引成分としてイーストを配合して、食いつきを良くしたとのこと。

ゴキブリに確実にお召し上がりいただくことで、ピレスロイドに耐性を持ったゴキブリも退治しようという作戦です。

メスが持っている卵への効果

ゴキブリの卵は、殺虫剤やくん煙タイプの殺虫剤などが効かず、退治するのがとても難しいです。

でも、卵の状態で退治するチャンスはあります

それは

メスが卵をお腹に抱えている間。

ゴキブリは、卵を産み落とす前のしばらくの間、メスのお腹にくっつけて卵を抱えています。

その時期だと、卵を抱えたメスが食べた毒エサの効果が、卵にも出るのです。

 

ただし、もちろん産み落とされてしまった卵には効きません

産み落とされた卵を退治するチャンスは、孵化してから。

ゴキブリの赤ちゃんが、コンバットを食べたゴキブリの糞を食べるのを待つしかありません。

巣への効果

コンバットが『巣に効く』のは、

ゴキブリは仲間の糞や、昇天した仲間も食べる

という習性を利用したものです。

  1. ゴキブリがコンバットを食べる
  2. そのゴキブリが、巣に帰って糞をしたり昇天したりする
  3. コンバットの成分が入った糞やゴキブリを、他のゴキブリが食べる
  4. 食べたゴキブリに、コンバットの効き目が出る

という仕組みです。

この効き目の優れたところは、ゴキブリの赤ちゃんや幼虫も退治できるところ。

ゴキブリの赤ちゃんは、主に大人のゴキブリの糞などを食べます

なので、赤ちゃんゴキブリも含め、『巣ごと退治』ができるのです。

コンバットの有効成分とその効き目

さて、このように抵抗性ゴキブリや巣にも、メスの持つ卵にも効く『コンバット』。

どんな有効成分が入っているかというと、

『ヒドラメチルノン』

というものです。

 

ヒドラメチルノンが、ゴキブリの身体に入ると、ゴキブリの身体の中で生きるためのエネルギーを作り出す仕組みを阻害します。

そのため、ゴキブリはお陀仏になってしまうのです。

 

このヒドラメチルノンは、哺乳類に対しては毒性がとても弱い成分です。

ただし、小さい子やペットが食べてしまったりしないように、気を付けてください。

 

コンバットの正しい使い方とは?

 

コンバットの使い方は、

  • 部屋の隅や壁際、ゴキブリが通るところに置く
  • 約6か月で取り換える

これが基本です。

 

コンバットで効果を上げるには、

『ゴキブリに中に入っていただき、エサをお召し上がりいただく』

ことがまず大切です。

そのためには、ゴキブリが中に入りやすい場所に設置しなければいけません

ゴキブリが入りやすい場所とは

  • 部屋の隅や壁際
  • ゴキブリの通り道
  • 暗く狭い場所

です。

 

まずは、ゴキブリを見かけた場所の近くの隅や壁際に置きましょう。

そして、ゴキブリが好む、暗く狭い場所もねらい目。

食器棚と壁のすき間や、冷蔵庫や洗濯機の下などにも置くと良いです。

コンバットは、裏にテープもついているので、

狭い所でも、壁に貼り付けて垂直に置くこともできます

 

そして、いくら良い場所に置いてあっても、期限が切れてしまってはしかたありません。

コンバットの使用期限は、約6か月

期限が来たら、忘れずに取り換えましょう

 

コンバットの効果を活かすために

実は、コンバットを基本の通りに使っているだけでは、なかなか退治できないこともあります。

さらに効果的にゴキブリ退治をするには

  • 交換する時は、置き場所を変え、他の駆除剤とローテーションする
  • ゴキブリのエサになるようなものをなくす
  • 家の中をよく掃除して、きれいにしておく
  • ゴキブリが新たに侵入しないようにする

といったことが大切です。

なぜ置き場所や駆除剤を変えるほうが良いか

 

これは

同じ形のものがずっと同じ場所にあると、ゴキブリが毒エサのある場所と覚えて避けるようになる

可能性があるからです。

ゴキブリは、けっこう頭のいい昆虫です。

なにしろ、迷路を覚えられるほど。

また、仲間とコミュニケーションも取れるので、

『仲間に毒エサの場所を知らせることがある』

という説もあります。

そのため、ゴキブリに覚えられないように、交換の時には置き場所や駆除剤を替えることをおすすめします

家の中をきれいにして、ゴキブリのエサをなくす

どんなに良い場所にコンバットを設置しても、

もっと魅力的なエサが他にあれば、ゴキブリはコンバットを食べません

ゴキブリのエサとは、

  • 生ごみや人の食べ物
  • ホコリやつめ、髪の毛などのゴミ
  • カビ

と、要するに

何でもかんでもエサになってしまう

のです。

ごみやほこり、カビをまったくなくすのは、難しいですよね。

でも、なるべく家の中を清潔にして、ゴミをなくしておくことで、ゴキブリがコンバットを食べるチャンスを増やすことができます

なるべく多くのゴキブリがコンバットを食べるように、少し掃除をがんばってみてください。

もちろん、食べ残しや生ごみ、食事に使った食器などは、すぐに片付けることも重要です。

ゴキブリの侵入を防ぐ

コンバットを設置して、家の中をきれいにして、やっとのことで退治しても、

ゴキブリが入って来られる場所があれば、またゴキブリがやってきてしまいます

そんなのイヤですよね。

 

そんなことにならないためにも

  • 換気扇や通風孔にはフィルターをつける
  • エアコンの排水パイプには、防虫のキャップなどをつける
  • エアコンのダクトの壁の穴や、水回りの排水口の隙間をふさぐ
  • 網戸の破け目、窓や玄関の戸などに隙間がないようにする
  • 床下点検口にも、置き餌の駆除剤を

といった対策をとってください。

ほんの1センチ足らずの隙間からでも、ゴキブリは侵入してきます。

「ちょっとだからいいや」

と放置せずに、しっかり手を打っておいてください。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

ゴキブリ退治に必須と言っていいほど効果がある、置き餌タイプの駆除剤。

その1つ『コンバット』は、食べたゴキブリのみならず

  • 巣にいるゴキブリ
  • メスが抱えている卵
  • 耐性のついたゴキブリ

にも効いてくれる、心強い駆除剤です。

基本的な使い方も簡単で、

ゴキブリの好む場所、通る場所に置いて、期限が来たら交換するだけ。

よく効いて使いやすいのは、ありがたいですね。

 

そして、コンバットの効果を最大限に生かすには、

  • 交換する時に、置き場所や製品を替える
  • 家の中をきれいにする
  • ゴキブリに新たに侵入されないように、隙間などをふさぐ

ということが大切です。

とくに、

家の中をきれいにいすることと、侵入を防ぐことは、ゴキブリ退治の『基本のき』でもあります

基本をしっかりやっておくと、効果的にゴキブリ退治できるだけでなく、ゴキブリが住み着くのを防ぐこともできます。

退治した後も快適に生活できるので、ぜひ心がけてください。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Metasequoia

猫と楽器演奏が大好きな、好奇心旺盛なおばちゃんです。音楽や文章を含め、手を動かすこと、何かを作ることが好きで、最近はソーイングや木工なども。生活や人の心、健康のこと、自然や世の中のことなど、いろいろなことに興味があります。モットーは『ひとまずやってみる』、好きな言葉は『なるようになる』。記事も、楽しんで書いていこうと思います。

-害虫

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.