食べ物

シーチキンとツナの違いとは?味や油・原材料までチェック!

更新日:

最近、シーチキン缶が欲しくて大型スーパーの缶詰コーナーを覗いたら、似たような商品がたくさん並んでいてビックリしました。

ごくごく普通のシーチキンで良かったのです。

しかし、シーチキン缶やらツナ缶やら似た商品がいっぱいありすぎて、どれを選んでいいかわからなくなり、しばらく迷ってしまいました。

"ツナとシーチキンって同じだよね……?"

今回この記事を書くまで、そう思っていた筆者ですが、ちゃんと調べたら違っていました。

『シーチキン』は、有名ブランド会社の商標登録。

『ツナ』は、スズキ目サバ科マグロ族に分類される魚の総称。

だったのです。

――――えっ、つまりどういうこと!?

今回は、そんなシーチキンとツナの違い、味や油・原材料までチェックしたいと思います!

アドセンス

スポンサーリンク

シーチキンとツナの違いとは?

ツナ

ツナ

というわけで、ではまずシーチキンとツナの違いから見ていきましょう。

シーチキンとは

シーチキンとは『はごろもフーズ』さんが製造する『マグロ』もしくは『カツオ』の『油漬け』もしくは『水煮』の商品名です。

味が、

鶏肉のささみに似ていること

から、この名がついたと言われています。

だから、『はごろもフーズ』さん以外は、『シーチキン』の名を使うことができません。

ですが、

「シーチキンは日本国内においてマグロ油漬けの代名詞」

と呼ばれるまで戦後広く国内に『シーチキン』の名が浸透してしまったため、

ツナ=シーチキン

と誤解している人が、筆者同様多いようです。

 

ツナとは

『ツナ』は、スズキ目サバ科マグロ族に分類される魚の総称です。

ツナ=マグロ

と誤解する人が多いようですが、マグロだけでなくカツオなど広い範囲を指します。

というわけで、本来『ツナ』は、加工食品をさす言葉ではありません。

ただ日本では、

『マグロの油漬け缶詰』

を意味する言葉としてよく使われています。

上記でも述べた通り、『シーチキン』の名は『はごろもフーズ』さんしか使えません。

だから、『シーチキン』の名を使えない後発の他社さんが、マグロの油漬け缶詰を販売する際、『ツナ』の名を使ったんですね。

つまり、缶詰にツナと書いてあったら、『はごろもフーズ』さん以外の他社製品と思って間違いないでしょう。

ツナ缶は『はごろもフーズ』さんの『シーチキン』シリーズの他には、

  • 『いなば食品』さんの『ライトツナ』シリーズ
  • 『キョクヨー』さんの『ライトツナ』シリーズ
  • 『伊藤食品』さんの『美味しいツナ』シリーズ

などが国内では有名ですね。

 

シーチキンとツナの味や油・原材料までチェック!

というわけで、次は、味や油・原材料のチェックです。

シーチキンはツナ缶の一部。

ということで、以下ひとくくりにしてしまいたいのはやまやまなのですが、調べてみると、『シーチキン』と『ツナ缶』は完全イコールではなく、

  1. 原材料の魚の種類
  2. それらの魚を混ぜて使うか単独で使うか
  3. 身の形状
  4. 調理法

これら4つが少しずつ違っていました。

しかも、名前もファンシーとかマイルドとかホワイトミートとか、名前を聞いても具体的に何を指すのかわからない言葉がいっぱいです。

というわけで、混ぜるより分ける方が断然理解しやすかったため、それぞれ分けてお伝えしましょう。

シーチキンの味や油・原材料

 

シーチキンの原材料

ビンナガマグロ

白くてたんぱくな身が特徴。

「マグロ缶詰の最高級原料」

と呼ばれている。

ビンナガマグロを使ったものを『はごろもフーズ』さんでは『シーチキン』と呼んでいます。

キハダマグロ

柔らかくしまった身が特徴。

ステーキや刺身向きのサッパリした味。

キハダマグロをつかったものを『はごろもフーズ』さんでは『シーチキンL』と呼んでいます。

カツオ

赤身でやわらかい身が特徴。

かつおを使ったものを『はごろもフーズ』さんでは『シーチキンマイルド』と呼んでいます。

 

――――の3つです。

※例外として『天然水で作ったシーチキン純』は『キハダマグロ』を使っています。

シーチキンの身の形状

シーチキンの身の形状は、

ブロック

身が塊になっているもの。

これを『はごろもフーズ』さんでは『ファンシー』と呼んでいます。

チャンク

身がざっくりほぐれているもの。

フレーク

身が細かくほぐれているもの。

 

――――の3種類があります。

シーチキンの調理法

シーチキンの調理法は大きく分けて

油漬け

油とスープで調理したもの。

こくのある濃厚な味わい。

水煮

油を使わずスープと水で調理したもの。

あっさり味。

素材そのまま

油を使わずスープと塩で調理したもの。

さっぱりした味わい。

食塩・オイル無添加

食塩・油を一切使わず、天然水のみで調理したもの。

素材の味がもろにでた魚好きにはたまらない味。

 

――――の4種です。

『ツナ缶』の味や油・原材料

 

ツナ缶は、代表して商品数の多い『いなば食品』さんを取り上げてみたいと思います。

ツナ缶の原材料

ツナ缶の原材料は、

ビンナガマグロ

ビンナガマグロを使ったものを『いなば食品』さんでは『ホワイトミート/ホワイトツナ』と呼んでいます。

キハダマグロ・カツオ・メバチマグロ

この3つを混ぜ合わせたものを『いなば食品』さんでは『ライトミート/ライトツナ』と呼んでいます。

 

――――の2種類です。

ツナ缶の身の形状

ツナ缶の身の形状は、

ソリッド

身が塊になっているもの。

塊のものを『いなば食品』さんでは『ファンシー』と呼んでいます。

フレーク

身が細かくほぐれているもの。

 

――――の2種類があります。

ツナ缶の調理法

ツナ缶の調理法は大きく分けて、

油漬け

油とスープのうち、油が半分以上のもの。

こくのある濃厚な味わい。

油入り水煮

油とスープのうち、油が半分未満のもの。

いいとこどりのマイルドな味わい。

水煮

油を使わずスープと水で調理したもの。

素材の味を生かしたあっさりとした味。

 

――――の3種です。

 

シーチキン缶もツナ缶も、どちらも身が解れやすく使いやすいため、

  • サラダ
  • サンドイッチ
  • 手巻き寿司
  • おにぎり

の具として、コンビニなどの商品をはじめ、子供から大人まで高い人気があります。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、シーチキンとツナの違い、味や油・原材料をチェックしました。

まとめると、

『シーチキン』は有名ブランド会社の商標登録。

『ツナ缶』は他社の商品。

『シーチキン』と『ツナ缶』の一番大きな内容の違いは、

『シーチキン』は材料にメバチマグロは含まれないし、原材料の魚を混ぜ合わせて使ったりもしない。

ということ。

調べる前は、

「雰囲気でついてるだけかな?」

と思っていたファンシーやマイルドやホワイトミートなどの言葉も、ちゃんと分類上の意味のある言葉だったんですね。

正直、こんなに種類があるとは思っていませんでした。

せっかく知識を身に着けたので、これからは、適当に格安品に手を伸ばさず、料理に応じていろんなツナ缶をかしこく使い分けていきたいと思います。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-食べ物

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.