イベント

金魚すくいのコツとは?ポイの厚さやたくさんすくう方法をチェック

投稿日:

金魚すくい

金魚すくい

みなさんは金魚すくいをしたことがありますか?

やってみると、意外と難しいですよね。

いざ金魚すくいをはじめても、すぐに紙の部分が破れてしまって、また新しくポイを買うハメになってしまう…。

そういう経験はあるかと思います。

では、どうしたらたくさん金魚をすくうことができるのでしょうか?

今回は、金魚をたくさんすくいあげるには、どのようなコツや方法があるのか、解説していきます!

アドセンス

スポンサーリンク

金魚すくいの4つのコツ

まずは、金魚をたくさんすくうコツというのは、大きく分けて

  • 店選び
  • 紙の厚さが違うポイが数種類あることを知っておく
  • 紙がなるべく破けないようなポイの扱い方
  • すくいやすい金魚の選び方

の4つがあります。

では、その4つについて詳しく見てみましょう

コツ1 店選び

まずは金魚すくいに挑戦する前に、ちゃんと挑戦に値する店なのかどうか、見極める必要があります。

もし、低質な店なら全く金魚がすくえず、お金だけ無駄に使ってしまうことになるかもしれません。

では、どのような特徴をつかめばいいのでしょうか。

人が集まっている店かどうか

多くのお客さんで盛り上がっているお店は、不快なことをせずお客さんを楽しませることをちゃんとしているお店である可能性が高いです。

逆にお客さんの少ないお店は、金魚をすくうのが難しくて、すぐお客さんが離れてしまっている可能性が高いのです。

店主がいろいろと口を出してくるかどうか

金魚をいっぱいすくうお客が来ないかを常に警戒している店主は、何かと口を出してきます。

このようなお店は金魚すくいに集中できません。

できるだけ避けた方がよい店のひとつと言えそうです。

ポイの破け具合はどうか

金魚をすくう際の紙が貼ってある網をポイといいますが、常にそのポイの紙が破けやすいものを使用している厳しい店は、当然避けた方が良い店です。

他のお客さんを見て、どれくらいの破けやすさなのかは、ある程度知ることができるでしょう。

もし子供が無邪気にポイを扱っていても破けない程度でしたら、かなり楽に金魚すくいができるかもしれません。

コツ2 金魚をすくうポイにはいろいろな紙の厚さがある!

 

実はポイに貼ってある紙の厚さは、どれも同じではありません。

ポイというのは、5号や7号といった号数によって、紙の厚さが違うように作られています。

数字が小さいほど紙が厚くて破けにくく、大きいほど薄くなって金魚をすくうのが難しくなってしまいます。

たいていの店で扱っているポイは

5号、6号、7号の3種類

が大半です。

ですから、店側も客を選んで子供や女性には厚めのポイを渡し、やり手そうな男性客には薄いポイを渡す所も珍しくありません。

ですから子供がたくさんすくっているからいい店だと、早合点するのは得策ではないでしょう。

子供や女性がやるというアピールの大事さ

店はたいてい複数種類のポイを用意していると考えておくべきです。

ですから、もしあなたが親子連れのお父さんだった場合は、自分がやるのではなく、

『あくまでも子供しかやらない』

というアピールを店主に対して必要でしょう。

また、もしあなたが女性を連れているカップルである場合、自分は遠慮して、相手の女性に金魚すくいをさせてあげるのも、よい作戦かもしれません。

コツ3 ポイの正しい扱い方

ポイを水につけるときは、紙の部分を全部つけた方が良いです。

一部分しかつけない人がいますが、それだと乾いている部分と、濡れている部分の間で、

紙の強度の差

ができてしまいます。

そして、そこから破けやすくなってしまうのです。

そのため、一度にポイ全体を水につけるのが良いのです。

また、ポイを水槽に入れるときは紙の部分になるべく抵抗がかからないように、

水面に対してポイを縦にして、

水に入れるようにしましょう。

コツ4 すくう金魚の選び方

最初から大きな出目金などを狙ってしまうと、成功する可能性が低くなります。

まずは小さな金魚、それも水面近くを泳いでいる、あまり活発な動きをしていない金魚に狙いを定めます。

さらにその中でも、追い込んで捕まえやすい、

角のあたりを泳いでいる金魚

が、一番の狙いどころです。

金魚をすくう事ができたら

ポイの扱い方や、金魚の選ぶコツを忠実にこなし、もし金魚をポイの上に乗せるところまでできた場合、あとはうまくすくいあげるだけです。

すくう時も、水面に対して斜めに引き上げるのが破けない方法です。

ここで注意してほしいのが、金魚をポイに乗せるときは、

金魚の頭からお腹の部分だけ

を乗せるという事です。

もし尾びれも一緒に乗せてしまった場合、尾びれが暴れて紙を破いてしまう可能性があるからです。

さらには、金魚を入れるお椀と、ポイの間はなるべく近づけて、ポイに金魚を引っかけたと同時に、すぐにお椀にいれる一連の動作が重要です。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

一口にポイといっても色々な紙の厚さがあり、それによって金魚すくいの難易度が変わってくる事が分かってきました。

また、いきなり金魚すくいをはじめるのではなく、

どういう店なのかじっくりと観察しておく

というのも金魚すくいを成功させるための重要なポイントです。

さらには、ポイの紙の部分をなるべく水に抵抗なく動かすことの重要性や、一番狙うべき状態の金魚はどれかというのも明らかになりました。

ぜひとも、これらのコツを参考にして、金魚すくいでたくさん金魚をすくってみてくださいね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

-イベント

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.