言葉の意味・語源・由来

ゴキブリの漢字表記の意味はアブラムシ?由来や語源をチェック

投稿日:

昆虫の中で、最も人に嫌われていると言っても過言ではない虫、『ゴキブリ』。

「名前さえ聞きたくないくらい嫌い!」

という人も、多いのではないでしょうか。

 

でもゴキブリって、どうして『ゴキブリ』なんて名前になったんでしょうね。

この『ゴキブリ』っていう語感が、まさにあの虫のあの姿や雰囲気にぴったりです。

もし『クロリン』とか、もうちょっとかわいらしい名前だったら、これほど人間に嫌われることも…。

いや、実態が同じなら、結局嫌われるのでしょう。

 

そんなことから、今回の記事では、

『ゴキブリ』の名前

に注目してみました。

普段では目にすることのない漢字表記から、その意味、由来や語源、そして別名の『アブラムシ』という呼ばれ方について、お伝えします。

アドセンス

スポンサーリンク

『ゴキブリ』の漢字表記とその意味は?

ゴキブリの名前いろいろ

ゴキブリの名前いろいろ

『ゴキブリ』の漢字表記は、

蜚蠊

これは『ヒレン』とも読みます。

もし、この漢字だけを出されて

「何て読む?」

って訊かれても、答えられないですね。

それくらい難しい字です。

では、一つ一つの字の意味を見てみましょう。

『蜚』の読み方と意味は?

『蜚』の字は、

『ヒ』

と読みます。

この文字の意味は、

  • 虫の名前として、あぶらむし、くびきりばった、いなむし
  • 『飛ぶ』こと

ここで出てくる虫の名前の『あぶらむし』、気になりますね。

ゴキブリは、時々『アブラムシ』とも言われます。

由来は想像がつくかもしれませんが、ゴキブリは、

あのテカテカした油っぽい風体から、『アブラムシ』と言われるようになった

とか。

『アリマキ』もアブラムシと呼ばれています。

でも、『蜚』が意味する『アブラムシ』はゴキブリのことです。

 

なお、『クビキリバッタ』は『クビキリギス』というバッタの一種のこと。

『イナムシ』もバッタの一種で、『蜚』の字ではバッタも意味しています。

『蠊』の意味と読み方は?

さて、次の文字『蠊』について。

この文字は

『レン』

と読みます。

しかし、あちこち調べたのですが、この字単体での意味を見つけることはできませんでした

私が持っている漢和辞典にも、載っていません。

調べた中で強いて挙げるなら、

『蜚蠊』に使われる文字

というところが精一杯でした。

『蜚蠊』という言葉に使われる文字、と書いてあるところもありました。

ネットで検索した中では、『德国小蠊』という、中国語のページがヒット。

内容は、やはりどうもゴキブリについて書いてある様子。

この字が『ゴキブリ』という言葉にのみ使われているのだとしたら、やはり人間にとって、

『ゴキブリは特有の字を使うほど特別な存在』

ということなのでしょうね。

 

では参考に、虫へんのない『廉』という字の意味はというと、

  • いさぎよい
  • 清く正しい
  • 角(かど)、隅(すみ)

虫へんと合わさっているとはいえ、

「清く正しい」

という意味の字が、ゴキブリに使われているとは、私も一瞬目が点になりました。

「ゴキブリとは正反対の意味じゃない!?」

って言いたくなりますよね。

でも、他の意味の『角』『隅』

『角』や『隅』の意味で虫編と合わせたのではないか?

と考えれば、納得できる部分もあります。

ゴキブリは、部屋の隅にいる虫ですからね。

 

ゴキブリが『ゴキブリ』と呼ばれるようになった由来は?

『ゴキブリ』の名前の由来と語源

『ゴキブリ』という名前の語源は、ずばり

『御器齧(ごきかぶ)り』

『御器被(ごきかぶ)り』

読んで字のごとく、

『器を齧(かじ)る・被る』

という意味があります。

『お皿に残った食べ物や残飯だけでなく、器まで齧ってしまう』

『器の下に潜りこんで、器を被っているようだ』

ということからつけられたとのこと。

 

この『ごきかぶり』という呼び名が『ゴキブリ』になったのは、なんと

書き間違い

が由来という説が有力です。

 

明治17年に出版された『生物学語彙』という本の中で、『ごきぶり』という言葉が出てきます。

これは実は、

『ごきかぶり』とカナを振るところを、『ごきぶり』と振ってしまった

のだとか。

その後に出版された本でもそれに倣ったため、『ゴキブリ』の名前が定着していったそうです。

今では『ゴキ』なんて呼ばれたりもしているゴキブリ。

今の名前になったのが誤記のせいだなんて、ゴキブリもびっくりでしょうね。

『御器齧り』以前の呼び方は?

『御器齧り』という呼び方は、江戸時代ごろにつけられたようです。

ではその前はどうだったのかというと、平安時代ごろには

  • あくたむし(芥虫・阿久多牟之)
  • つのむし(角虫・都乃牟之)

と呼ばれていました。

 

『あくた』とは、『ゴミ』のこと

ゴミの中にいることから、このように呼ばれるようになりました。

今で言うと『ゴミムシ』ということなのでしょうね。

 

もうひとつの『つのむし』

この名前が付くとすれば、おそらく、ゴキブリの長い触覚からでしょう。

ただ、一説によると、触覚から来たのか、クワガタムシやカブトムシと混同して、この名前が付いたのかは不明とのことです。

『アブラムシ』とも呼ばれたゴキブリ

ゴキブリのもう一つの名前として知られているのが

『油虫(あぶらむし)』

由来は先にも書いたように、テカテカ黒光りして油っぽいことからです。

『油虫』という名前は、江戸時代ごろから使われていました

そして、

夏の季語

としても親しまれていたそうです。

やはり当時から、ゴキブリは夏によく出てきていたのでしょうね。

俳句って優雅なイメージがありますが、ゴキブリも登場していたんですね…。

アリマキ

アリマキ

ちなみに、この『油虫』という呼び方は、今では『アリマキ』を差すことが多くなっています。

混乱を避けるために、ゴキブリに対しては『油虫』はあまり使われなくなったのだとか。

でも、地域によっては今でもゴキブリを『油虫』と呼んでいる所もあります

 

ゴキブリの呼び方いろいろ

日本国内のいろいろなゴキブリの呼び方

ゴキブリには、『ゴキブリ』『油虫』の他にも、地域によっていろいろな呼び方があります。

たとえば、

茨城県…キガネムシ

山梨…ボッカブリ

瀬戸内海近辺…アマベ

三重…ヘハ

和歌山、三重…ヘイハチ

和歌山…アマ

長崎…トック-

佐賀…ゴッカブイ

鹿児島、三重、和歌山、宮崎…アマメ

種子島…クロジョウ

沖縄…トービーラー・ビーラー・ヒーラー

宮古島…クームヤ

と、これは方言での呼び方。

南のほうが呼び名が多いのは、やはりゴキブリが温かい土地を好むため、暖かい地方でよく見られたからなのかもしれません。

方言以外にも、現代では地域問わず、

『ゴキ』

『G(ジー)』

などという呼び方もありますね。

海外ではゴキブリをどう呼んでる?

では、外国語では『ゴキブリ』はどう呼ばれているのでしょうか?

調べてみました。

英語…コックローチ

フランス語…キャファール

ドイツ語…キュッヒェンシャーベ

イタリア語…スカラファッジオ

スペイン語…ラ・クカラチャ

ロシア語…タラカーン

韓国語…パキブリ

中国語…ヂァンラァン

アラビア語…サルサール、サルスール

このほかにも、日本語で言う『ゴキ』にあたるような通称や俗称も、あることでしょう。

おそらく世界のどこへ行っても、ゴキブリは人にとって身近で厄介な虫でしょうから。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いかがでしたか?

大昔から現代にいたるまで、人にとって厄介な虫として関わってきた虫『ゴキブリ』。

時代によって、地方によって、いろいろな呼び方をされてきたのですね。

中でも、今でも呼ばれている『ゴキブリ』の名は、

『器を齧る、被る』

という意味の『御器齧り・被り』から来たものでした。

『ごきかぶり』が『ゴキブリ』になったのは、書き間違いからというのも、なかなか興味深い由来でした。

 

遠い将来、『ゴキブリ』という名前は、どのように変化しているのでしょうね。

未来になったら、生活や、食品の管理の仕方や建物の構造なども変わっているはずです。

ゴキブリが絶対に建物の中に入れない仕組みも、できているかもしれません。

それとも、やはり遠い未来の人もゴキブリに困っていて、今とは違う名前がついているのでしょうか。

未来の人にはぜひ、ゴキブリと闘わずに済む生活を手に入れていてほしいものですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Metasequoia

猫と楽器演奏が大好きな、好奇心旺盛なおばちゃんです。音楽や文章を含め、手を動かすこと、何かを作ることが好きで、最近はソーイングや木工なども。生活や人の心、健康のこと、自然や世の中のことなど、いろいろなことに興味があります。モットーは『ひとまずやってみる』、好きな言葉は『なるようになる』。記事も、楽しんで書いていこうと思います。

-言葉の意味・語源・由来

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.