映画

ターミネーター新起動/ジェニシスの結末ネタバレ!映画の評価は?

投稿日:

『ターミネーター新起動/ジェニシス』は、伝説の映画『ターミネーター』シリーズの第5作目として、2015年に公開。

3作目と4作目が不評だった中、5作目の期待値も、はじめはいまいちでした。

 

しかし、1、2作目を監督したシリーズ生みの親・ジェームズキャメロン氏が

「5作目をシリーズ3作目としてみとめる」

と3と4への不満を爆発させつつ、衝撃の評価をしたのです!

これで一気に世間の期待値は高まりました。

 

しかし、全体を評価すると、

前半は◎

中盤以降はB級映画

『ターミネーター新起動/ジェニシス』前半は、見どころや過去作品のオマージュも溢れ、かなり出来が良いです!

  • ゴリゴリのタフネス母さんのサラが超絶可愛くなっている!
  • 12年ぶりにシュワちゃん復活!
  • このシーンはあのシリーズの!

しかし、中盤以降は…

  • 見たことのあるアクションシーンの連続
  • 敵の意味不明な行動
  • ありがちなラストシーン

と、ちょっと残念なのです。

そこで今回の記事では、見どころを紹介しながら、最後に評価していきたいと思います!

(結末ネタバレ含みますので要注意)

アドセンス

スポンサーリンク

『ターミネーター新起動/ジェニシス』ネタバレ1

 

カイルは、少年時代(10歳)の頃にターミネーターに襲われたところをジョンに助けられ、それがきっかけで抵抗軍に入りました。

カイルが大人になり、まるで未来を見通す力があるかのようなジョン・コナーの先導で、とうとうスカイネットを追い詰め、戦争も最終戦へ。

追い詰められたスカイネットは、最終手段として、ターミネーターを過去へ送り込むのです。

送られた過去は『ターミネーター1』の舞台である1954年。

目的は、ジョンを誕生させないために母親であるサラ・コナーの命を奪うこと。

そして、カイルがサラを守るために過去に向かうのですが、タイムスリップする寸前でジョンが敵に襲われてしまい、安否が分からないまま過去へ。

 

「こんな感じでシュワちゃんとカイルは、タイムスリップしてきたのか?」

と1作目に繋がっていく感じが良いです!

まさに『ターミネーター1』がよみがえってきます。

『ターミネーター新起動/ジェニシス』を無料でみる方法

⇒U-NEXTへ

加入から、31日間の無料お試し期間がある『U-NEXT』なら無料で視聴することができます。

この31日間のうちに退会すれば、費用は一切かかりません。

『ターミネーター新起動/ジェニシス』ネタバレ2

スカイネットによって、送り込まれたT-800(若いシュワちゃん)が、裸でクラウチングポーズのあの有名な登場シーン。

シュワちゃん

シュワちゃん登場

 

そして、いきなり少し老けた、もう一人のシュワちゃん登場!

「待ちくたびれたぜ」

のセリフはホントしびれます。

さっそくシュワちゃん対シュワちゃんのバトル開始でワクワクしますね。

シュワちゃん

シュワちゃん

 

そして、後を追うようにカイルも過去へやってくるのですが、なんとここで、T-1000(ターミネーター2の液体金属のやつ)が襲ってきます。

カイルが襲われて逃げているところをサラが車で乱入。

「しにたくなければ一緒に来い!」

と1作目で、カイルがサラに言うセリフを、逆にサラがカイルに言うというシーンがあります。

 

わずかな間に、粋なファンサービスてんこ盛りで大興奮するでしょう。

 

ちなみにサラ役のエミリア・クラークは、『世界で最も美しい顔100人』の1位に選ばれたこともあるほどの美人です。

エミリア・クラーク

エミリア・クラーク

精神病棟で、筋トレしている見た目も性格も厳ついサラのイメージがあったので、これには衝撃をうけました。

(サラが可愛すぎで)

 

ターミネーターのサラ

ターミネーターのサラ

 

カイルとサラは車の中でお互いの事情を話し、シュワちゃんは9歳のころから守ってくれているターミネーターと説明。

「おじさん」

と呼んでいるところから、親代わりにしている様子がわかります。

 

そして、隠れ家に着くと、T-1000が追いついてきてバトルになりますが、あらかじめ来ることを予知していたサラたち。

罠も仕掛けて準備万端。

『ターミネーター2』で、あれだけ苦戦したT-1000を薬品の罠であっさり撃破。

 

ここではT-1000の能力で、復活した若いシュワちゃんとカイルが戦うシーンで、金属のがい骨と化したターミネーターとのバトルは1作目を彷彿とさせますね。

 

また、T-1000を罠の場所に誘い込んだシーンで、カイルが二人出てきます。

一人はカイルに扮したT-1000ですが、本物を見分ける為に、サラが取った行動が

『片方の足を銃で撃つ』

という、これもオマージュですね!

 

そして、カイルとサラがジェニシス(スカイネット)を破壊する為に、自作タイムマシーンを使って、未来(2017年)へいきます。

シュワちゃんはバトルで傷ついた影響で、タイムスリップできないので、彼らが来る未来までお留守番。

 

前半はオマージュを『これでもか!』と混ぜ込んで、怒涛の勢いで展開していきます。

このワクワク感をもって中盤から結末へ。

 

『ターミネーター新起動/ジェニシス』ネタバレ3

未来(2017年)では、ジェニシスという生活を便利にするために、サイバーダイン社が開発したソフトがリリース間近。

このジェニシスというソフトが、のちのスカイネットであることに気づき、リリースされる前に破壊するべくカイルとサラは動きます。

 

しかし、未来へ到着したカイルとサラは、タイムトラベルの影響で道路や車を破壊してしまい、さっそく警察に逮捕されてしまいます。

 

ここで、ジョン・コナーが登場しますが、ターミネーター(T-3000)に改造されてしまい、なんと敵となっていました。

 

サラを消すことが目的だったはずなのに、なかなか攻撃しなかったり、仲間に勧誘したりと、このあたりから、なにやらB級映画のにおいがしてきます…。

しかも最新型なのに、ぜんぜん強そうじゃないんです。

 

アメリカ映画でよくあるスクールバスでの逃走。

T-3000の攻撃で、バスが派手に宙返り。

橋の上から落ちそうになり、落ちる寸前でギリギリ助かる。

(ジュラシックパークとかでみたやつ…)

 

次はヘリで逃走。

無理やりヘリを起動させた為、逃走するも直後にそのまま落下。

落下寸前で、ヘリがなんとか浮上で逃走成功。

(これもいろんな映画でみた)

 

T-3000もヘリで追跡。

しつこい敵を振り切る為に、シュワちゃんが捨て身で相手のヘリへダイブ。

そこであの名ゼリフ

「アイルビーバック」

を放つ。

BGMと決めゼリフで、ここは盛り上がりました!

 

シュワちゃんの捨て身ダイブのおかげでなんとか、サイバーダイン社へたどり着いたカイルとサラ。

 

サラが『シュワちゃん大丈夫かな?』と心配しながらも建物に侵入すると、なぜか先回りしているT-3000と、すぐにバトル。

そして、シュワちゃんもすぐに助けに来て、T-3000をぶっ飛ばす。

(完全に時間なくて、巻きになってる…)

 

スカイネットを爆破するたための爆弾を設置するも、すぐにT-3000が追いついてきてサラがつかまってしまう。

何とか逃げるも、起爆装置を壊してしまい、爆破できない。

(終盤までよくあるパターン…)

 

 

最後は、シュワちゃんがT-3000を唯一倒せる方法である電磁波発生装置に、一緒に突っ込んで道連れにしようします。

それに、サラが泣き叫ぶのです。

シュワちゃんがカイルに

「おれのサラを守ってくれ」

と感動の別れ。

 

これでT-3000はやっと消滅。

でもシュワちゃんだけ、運よく助かってしまうという。

(助かり方の無理やり感すごいです)

 

さらに運が良い事に、液体金属のプールに落ちて、

T-1000の能力を手に入れパワーアップ

して速攻復活。

(あの感動の別れはなんだったの?という感じです)

 

無事にサイバーダイン社を爆発して、“審判の日”を回避。

カイルとサラはキスをして、平和な感じでエンドロールとなります。

 

しかし、エンドロール終わりに、倒壊したサイバーダイン社のがれきの中に赤く光る球体が映し出されます。

これが次回作へ繋がると思われるシーンとなっていました。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ・評価

『ターミネーター新起動/ジェニシス』の評価は、冒頭でお話したとおり

前半は◎

中盤以降はB級映画

恐らくターミネーターファンの評価はそこそこ高いけど、映画好きの評価は低いかなという感じです。

 

オマージュは、過去作品にリスペクトを感じられて最高に楽しんで見られます。

しかし、コアなSFアクションとしてみるなら、とくに新しい要素はなく、どこかで見たようなシーンが多いのが残念でした。

 

『ターミネーター新起動/ジェニシス』が評価できるのは、前半部分がファンに対してサービス満点なところ。

それから登場人物の配役も良かったと思います。

カイルは、イケメンでサラが抜群に可愛いので、恋愛要素を入れても、ちゃんと見られたので適役だったと思います。

 

なんといっても、久々にシュワちゃん復活は最高でした。

やはりターミネーターには、欠かせない存在だと再認識。

70歳を過ぎても、まだ現役であることには、びっくりです。

 

ちなみにT-1000(液体金属の奴)は、イビョンホンさんが演じています。

ただ出番は少なく、肉体美も見れませんでした。

 

それと、エンディングの

『つづく』

みたいな終わり方も、3部作の1作目ということで納得はできますが、ちょっとベタ過ぎですね。

 

本当にジョンは絶命してしまったのか?

サラを守ってきたシュワちゃんは、だれが送り込んだものなのか?

いろいろ謎がまだありそうなところが、次回作への期待値というところです。

 

『ターミネーター新起動/ジェニシス』は、ターミネーターシリーズを見てきた人には、″まぁまぁ″おすすめの映画ですね。

『ターミネーター新起動/ジェニシス』を無料でみる方法

⇒U-NEXTへ

加入から、31日間の無料お試し期間がある『U-NEXT』なら無料で視聴することができます。

この31日間のうちに退会すれば、費用は一切かかりません。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-映画

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.