生活

ハワイのホテルやレストランのチップはいくら?相場や渡し方を紹介

投稿日:

ハワイチップ

ハワイ

日本にはない『チップ』という習慣に戸惑う事が多い海外旅行。

とくに日本人観光客が多いハワイは、チップもアメリカ本土とは違う独自の進化をしています。

チップの心配ばかりをしていたら、せっかくのハワイ旅行も楽しめませんよね。

 

そこで今回は、

ハワイのホテルやレストランで、どういう場面でチップを渡すの

どのタイミングで、どういう渡し方がスマートなのか?

を紹介します。

 

ツアーで行く場合は、最初からチップが込みの旅行代金になっていることが多いようです。

心配なときは、旅行会社に予め確かめておきましょう。

今回紹介するのは、個人でハワイ旅行に行った場合です。

アドセンス

スポンサーリンク

ハワイ旅行で渡すチップの相場とは

本当のチップの相場を知るには、

現地で地元の人がいくら渡しているのか?

を観察するのが一番の方法です。

 

でも、心配性のあなたのために、おおよそのチップの相場金額を紹介します。

チップを渡すタイミングや渡し方も備考として記載しますので、ぜひ参考にしてください。

チップを渡す相手 チップの相場 チップを渡すタイミング
ルームキーパー(ベッドメイクや部屋の清掃) 1ドル~2ドル/1回ごと 枕の上やサイドボードなどに置いておく
ルームサービス 1ドル~2ドル/1回ごと 手渡し
ベルボーイ(ベルホップ・ベルマン) 1ドル~2ドル/荷物1個あたり 手渡し
ポーター 1ドル/荷物1個あたり 手渡し
ドアマン 2ドル タクシーを拾うのを手伝ってくれたときなど、手渡し
バレーパーキング 2ドル 車を出して渡してくれた時に毎回手渡し
コンシェルジュ 2ドル~ 相談内容によって加算する
レストランのウエイター・ウエイトレス 支払う料金の15%~20% 手渡しまたはカード決済に上乗せ
高級レストランのウエイター・ウエイトレス 料金の20%~25% 手渡しまたはカード決済に上乗せ
バーのウエイター 1ドル/1杯ごと 手渡し

ホテルやレストランは、グレードでもチップの相場が変わります。

チップを渡さなくても良い場所

ファストフードやドライブインではチップを払う必要がありません。

カウンターで品物を受けとり、後片付けまでセルフで行うためです。

 

ハワイ旅行でチップのスマートな渡し方

ハワイチップ

ハワイのパンケーキ

チップを現金で渡す場面は、最近はあまり遭遇しなくなりました。

しかし、現金を渡すことが無くなったわけではありません。

そこで、現金でチップをスマートに渡す方法と、カードで支払う方法を紹介します。

現金でチップをスマートに渡す方法

現地の人たちを観察していると、ポケットにチップを渡すための1ドル札を予め準備しているようです。

さりげなくポケットから出して、握手をするかのように

「サンキュー」

といいながら渡しています。

現金でチップを渡すときは、これが一番スマートな方法ではないでしょうか?

チップをカードで払う場合

チップを払う習慣のない日本人観光客のためでしょうか?

最初から請求額にチップが織り込まれていることがあります。

これがアメリカ本土にはない、ハワイ独自のチップの進化です。

チップが料金に含まれている場合

伝票に予めチップの金額が含まれている場合は、以下のような単語が記載されています。

  • tip(チップ)
  • gratuity(心付け)
  • service chargeまたはS/C(サービス料)
  • 〇%tip include(〇パーセントのチップを含みます)

一つだけ注意をしなければならないことがあります。

チップ込みの金額なのに、チップを書き込む空欄のある明細書を渡されることがあります。

気付かず書き込んでしまうことが無いようにしてください。

チップを後から付け加える場合

チップを記入する欄がある場合は、別途手書きで書き加える必要があります。

 

30ドルの食事をした場合、請求額は当然30ドルと記載されています。

その下に、チップを手書きで書き込みます。

15%なら4.5ドルですが、

端数切り上げが普通

なので、ここは5ドルと記入します。

 

カードからの引き落とし額となる35ドルも記入し、自分のサインをすれば完了です。

 

簡易的なもので、最初から15%・18%・20%と印字されている明細書があります。

15%にチェックをすると、それだけで15%分のチップを上乗せして会計をしてくれます。

 

ただし、ここにも落とし穴があります。

日本人は真ん中が好きという国民性からか、15%で良いところを18%にチェックする人が多いそうです。

チップは払い過ぎも決して良い事とは見なされないので注意しましょう。

スマートにチップを渡すために準備するもの

ハワイチップ

ハワイチップ

絶対に準備が必要なものは、1ドル札です。

 

コインでチップを渡してはダメという決まりはありませんが、やはり紙幣が常識です。

調べたところ、ホノルル空港内や近辺には両替をできる場所がないようです。

出国前に1ドル札を準備しておいた方が無難でしょうね。

 

では、いくら準備をすれば良いかというと、

およそ1ドル札を20枚ほど

があるといいですね。

 

個人や家族の旅行だと、タクシーのドライバーさんが荷物の積み下ろしを手伝ってくれます。

タクシーを降りて料金を支払う時に、荷物1個につき1ドルのチップが相場です。

 

バスを利用する場合も、同様のチップが必要です。

 

こうした細かなチップを考えると、最低でも20ドル分の1ドル札を準備しておくと安心です。

ホテルにチェックインしてしまえば、フロントで両替ができます。

街中にも沢山の外貨両替所があるので心配はいりません。

 

また、端数は切り上げが常識です。

細かなコインを出してグズグズしている姿は、スマートとは程遠いものですよ。

スポンサーリンク

アドセンス

 

おわりに

チップはあくまでもサービスに対するお礼の気持ちを表したものです。

チップを渡しそびれることもあるでしょう。

チップとして渡した金額が、実は少なかったことに、後で気が付くこともあるでしょう。

それを引きずっていては、せっかくのハワイ旅行も楽しくありません。

 

真面目過ぎる日本人の良いところではありますが、割り切ることも大切です。

失敗も、それを悔やむのも勉強の一つです。

次からは!次こそは!

と気持ちを切り替えて、ハワイ旅行を楽しんでください。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-生活

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.