テレビ

24時間テレビの司会MCや芸人・歌手など出演者のギャラをチェック

投稿日:

毎年夏と言えば、とあるテレビ局が増収のためにおこなう"エセ"チャリティー番組の時期でもありますよね。

そうです、『24時間テレビ』です。

この『24時間テレビ』は、前々からチャリティーを謳っているわりに、出演者への高額のギャラが出ていて、かつスポンサーからCM収入を多額に得ている…。

ただの日テレの増収目的のビジネス番組であることが明らかになっています。

これに対して案の定、ネット上から批判を浴びているわけですが…。

実際のところ、『24時間テレビ』に出演者たち(司会MC、芸人、歌手など)のギャラはいくらなのでしょうか?

すでに確定しているギャラや推定ギャラなど、様々な情報が出ているので、当記事で『24時間テレビ』のギャラについて紹介していきます。

アドセンス

スポンサーリンク

ギャラが出ることで評判が悪い『24時間テレビ』

『24時間テレビ 愛は地球を救う』は、いろんな意味で評判が最悪のテレビ番組です。

まず、

チャリティーを謳っているくせに、出演者にギャラが出ていること

が大きな問題としてネット上では、毎年『24時間テレビ』が近づくと話題になります。

とくに、某ジャニーズアイドルは、ギャラが5000万円だとか、ある大物司会者は1億円だったとか、いろいろな噂が出ていますよね。

 

これについては擁護の声もあるようで、フリーライターの赤木智弘さんは、

24時間テレビをノーギャラにしろとか言っている奴がいるが、 そうなったらテレビに映りたいだけの貧乏芸人しか集まらんぞ。

そんな24時間テレビ、誰が見るんだ?

などと過去にツイッターで発言をしていました。

が、しかし、そもそも『24時間テレビ』のもととなった番組であるアメリカの『レイバーデイ・テレソン』は、セリーヌ・ディオンなどの大物セレブたちがノーギャラで出演しています。

日本でも、

  • ギャラが出るから出演しないと言っているビートたけしさん
  • ギャラが出たことで翌年から出演しなくなった明石家さんまさん

などの大物芸能人もいるわけで…。

この時点で、いかに的外れな意見であるのか、よくわかりますよね。

 

そして『24時間テレビ』といえば、ギャラ問題だけにとどまらず、多くの不祥事を起こしていることでも有名です。

驚くべきことに、障害者支援や地球環境を守るなどの崇高そうな目的を掲げておきながら、

  • 点字ブロックの上にスタッフが三脚を立てている
  • 立ち入り禁止区域に無断で侵入してキャンプ設営
  • 合流道路内で車を止める

など、コンセプトからかけ離れた迷惑行為ばかりしでかしているのです。

 

点字ブロックの上に三脚を立てているなんて、本当に許しがたい話ですよね。

それで障害者支援を謳ったところで全く説得力がありません。

感動を使ってスポンサーからのCM広告を稼ぎたいだけ

と、お金のことしか考えていない思惑が丸見えです。

 

そして、立ち入り禁止区域に侵入して撮影したのは、世界遺産の屋久島・縄文杉裏でのことでした。

世界遺産の立ち入り禁止区域に入っていき、さらにキャンプを設営するなんて、信じられない話です。

愛は地球を救うどころか、地球破壊をしています。

これでは『24時間テレビ 番組は地球を破壊する』と名を改めた方がいいくらい。

 

最後の1つ、『合流道路内で車を止める』という迷惑行為について。

徳光さんを休ませるために合流道路内で車を止めて、一般の人に大迷惑をかけています。

日本テレビは一般人に迷惑がかけてでも、『24時間テレビ スタッフは徳光を救う』という番組を作りたかったのでしょう。

このように、スポンサーから巨額の収益を得たいがために、チャリティーをダシにしているのです。

多くの悪行を犯してでも儲けたいと考えているのが日本テレビというテレビ局であり、『24時間テレビ』という番組なのです。

 

「『24時間テレビ』の収入は寄付しているかもしれないだろう!」

と思う人もいるかもしれませんが…。

 

再び比較になりますが、アメリカの『レイバーデイ・テレソン』は、スポンサー料を全て寄付に回していた事実があります。

しかし、日本テレビの場合は、スポンサー料をどのように使用しているのか公表していません。

だからこそ、日本テレビはチャリティーをダシにして、局の増収を狙っていると疑いの目を持たれてしまうのです。

 

『24時間テレビ』の出演者(司会MCや芸人)のギャラはいくら?

さて、『24時間テレビ』の悪行が判明したところで、次にチャリティー番組なのにギャラが出ていることに触れていきましょう。

『24時間テレビ』は、出演者にギャラ…しかも高額のギャラが出ている噂がありますよね。

 

海外の記者は、この事実を知るとかなり驚くようで、

「アメリカでジェリー・ルイスがギャラをもらっていたら、それはスキャンダルになる」

「交通費ではなくて、ギャラなの?」

など、信じられないというコメントをしています。

 

一応、日本テレビとしては、『嵐』や上戸彩さん、羽鳥慎一さんらのギャラ問題で話題になった際は、

「ボランティアで務めてもらっています」

などのコメントを出し、ギャラが出ていないことを強調してはいるのですが…。

 

このボランティアには、

  • 無償ボランティア
  • 有償ボランティア

という言葉があるので、ただボランティアだと言うだけでは、ギャラが出ていないと断言するには無理があります。

また、『24時間テレビ』のギャラ自体は、松本人志さんが『ワイドナショー』で、

「もらいましたよ」

とギャラをもらったことを認めたので、もう言い逃れのできない事実となっています。

 

では、実際のところ、『24時間テレビ』出演者(司会MCや芸人)のギャラはどうなっているのでしょうか?

推定金額や確定金額など、情報が出ているものをまとめてみました。

『24時間テレビ』の過去のギャラまとめ

萩本欽一 1億円(今の金額で3億円ほど)

嵐 5000万円 ※5人分(大野さんはドラマ出演もあり+500万円)

TOKIO 5000万円 ※5人分

徳光和夫 1500万円

DAIGO 1000万円

ブルゾンちえみ 1000万円 ※マラソン出場

大島美幸 1000万円 ※マラソン出場

羽鳥慎一 500万円

加山雄三 200万円

谷村新司 200万円

その他タレント 10万円~100万円

障害者の出演者 0円~謝礼程度

となっています。

 

群を抜いて多いのは、

萩本欽一さんの1億円

ですが、これは推定金額ではなく、実際に判明している金額とのこと。

なぜなら、噂ではなく、『浅井企画』の『ずん』や『どぶろっく』が出演した『マヨなか芸人』の中で、実際にその時の逸話が語られているからです。

 

どぶろっく森さんの語るところによると…。

萩本欽一さんが『24時間テレビ』の初代総合司会をオファーされた時、どれだけ高額なギャラを提示されても断り続けました。

最終的に、

「今までにない破格の金額」

を日本テレビが提示して、ようやく萩本欽一さんが承諾したのです。

その金額が、ずん飯尾さんが言うには、1億円!

3~5億円相当

ただ萩本欽一さんはそれを

全額チャリティーに回した

というのです。

条件交渉でギャラを跳ね上げ続けたのも、チャリティーに回す金額を増やすためであり、このように、ギャラを全額チャリティーや寄付に回す芸能人もいるわけですね。

 

そんな萩本欽一さんは、何年も務めた『24時間テレビ』のパーソナリティを1989年をもって降板しています。

この降板の理由には、1990年に週刊誌で、

「欽ちゃんが毎年1000万円単位の出演料を『24時間テレビ』で得ている」

と報道されてしまい、これに対して

ギャラを貰ってるヤツがチャリティーショーに出演する資格などはない。

と自らを戒めるために降板したという逸話が残されています。

 

この他だと、高額のギャラが目立つのは、やはりというべきか、ジャニーズアイドルですね。

日本テレビはジャニーズと関係が深いため、ジャニーズ事務所の圧力などによって、1人あたり1000万円のギャラを出すことが既定路線となっているのでしょうか。

その一方、大物歌手である加山雄三さん、さらには谷村新司さんなど、毎年の『サライ』歌唱担当の2人は、意外にも200万円となっています。

とはいえ、

たった1曲歌うのに200万円

と考えれば、安いとは思えませんね。

大物ではないお笑い芸人も、その他タレントとして、ひとくくりにされて多くて100万円になっています。

 

どうやら、特別待遇はジャニーズアイドルのみで、その他のタレントは芸人・歌手など職業にかかわらず、

役割の重要さがギャラの多さに繋がっている

と見てよさそうです。

お笑い芸人でも、マラソンランナーになると1000万円のギャラになっていることも、その証明です。

 

『24時間テレビ』のギャラを嫌う大物芸能人の存在

『24時間テレビ』のギャラ問題は、ネット上での批判だけでなく、芸能界の中でも嫌っている人が存在します。

『24時間テレビ』のギャラを嫌う芸能人の中でも、有名な2人の大物が、

  • ビートたけし
  • 明石家さんま

この2人です。

まず、明石家さんまさんは、一度『24時間テレビ』に出演したことがあるのですが…。

 

明石家さんまさんが『ヤングタウン土曜日』にて暴露した内容によれば、

ギャラをそのまま募金に回してください。

と明石家さんまさんが言ったところ、

そうはできない。

との返答が来たため、それ以来、明石家さんまさんは『24時間テレビ』に出演することをやめました。

他の出演者との兼ね合いがあるとはいえ、ギャラを寄付に回せと言ったのに、それをしない対応に思うところがあったのでしょう。

『24時間テレビ』からは距離を置きました。

 

そして、もっと『24時間テレビ』のギャラ問題に対して怒りの声をあげているのが、ビートたけしさんです。

ビートたけしさんは『ビートたけしのオールナイトニッポン』内で、

24時間テレビから出演依頼がしつこく来てたんだけど全部断ってやったよ。

あんな偽善番組は大っ嫌いだ。

誰がなんと言おうと俺は絶対出ないから。

 

ヨダレ垂らした芸能人どもがめちゃくちゃ高いギャラ稼ぐくせに、これ以上貧乏人から金巻きあげんな。

チャリティーっていうくらいならお前ら全員ノーギャラで出ろよ!

と、過去のオファーを全て断っていたことを明かし、『24時間テレビ』のギャラ問題を猛烈批判しています。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

結局、『24時間テレビ』がギャラで批判をされているのは、

  • 日本テレビがスポンサー料を何に使っているか公表していない
  • 日本テレビは頑なにノーギャラであることを強調しようとしている

という部分にあると思います。

正直に、

『24時間テレビ』はチャリティーを題材にして自分たちが儲けています。

出演者には、ギャラを払っている番組です。

と白状すれば、ここまで批判されなかったはずです。

結局、チャリティーということにしてスポンサーを集めているから正直なことを言うと儲からない、自分たちが稼ぐことを前提でやっている…。

という思惑が透けて見えるからこそ、ここまで『24時間テレビ』のギャラ問題が批判されると思った次第です。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-テレビ

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.