お金

海外旅行に行った時のクレジットカードの保険の使い方を紹介!

投稿日:

海外旅行クレジットカード保険使い方

クレジットカード保険の使い方

海外旅行に行ったとき、思わぬハプニングで怪我をしたり体調を崩したりすることがあります。

日本語の通じない旅行先で、病院に行くのは不安ですよね?

不安が大きすぎて、病院に行くのを我慢してしまうこともあるかもしれません。

 

日本に戻ってから、病院に行けば間に合う、という状況なら問題はありません。

しかし、緊急を要する状態だったり、自分の子供だったりしたら、海外であっても迷うことなく病院へ行きましょう。

そこで、この記事では海外でクレジットカードに付帯された保険を使って病院に行く方法を解説します。

アドセンス

スポンサーリンク

こんなに簡単!クレジットカード付帯保険で病院に行く方法

どんなに簡単かというと

クレジット会社の緊急ヘルプデスクに電話をするだけ

なのです。

 

自分で病院を探して予約をするのではなく、まずは緊急ヘルプデスクに電話をするのが先です。

慌てて自分で病院を探し予約をしてしまうと、診察を受けられないこともあります。

では、詳しく説明します。

緊急ヘルプデスクに最初に電話をする理由

海外旅行クレジットカード保険使い方

海外旅行でのクレジットカード保険の使い方

手もちのクレジットカードに付帯された保険が、キャッシュレス診療可だとしても、それがそのまま実行されるわけではありません。

クレジットカード会社が病院と連絡を取り手続きを行う必要があるからです。

 

手続き完了後、診察の予約までしてくれます。

日本語対応をお願いすると、通訳の人がついてくれることもあります。

緊急ヘルプデスクに電話をすると聞かれること

  • クレジットカード番号
  • クレジットカードの有効期限
  • クレジットに刻印されたアルファベット表記の名前
  • 日本語(漢字)で書いた時の名前の表記
  • カード保持者の生年月日
  • 海外の滞在予定
  • 現在地
  • 怪我や病気の具体的な症状
  • 日本語対応をを希望するか

緊急ヘルプデスクに電話をする時は、クレジットカードを手元に置くのは必須です。

後は折り返しの電話を待って、指定された病院にいけば、滞りなく診察を受けることができます。

 

病院までの交通手段に、タクシーなどを利用した場合、保険適用となります。

忘れずに領収書をもらっておきましょう。

海外での病気や怪我が原因で、帰国後も通院が必要な場合も保険適用となります。

海外旅行に出かける前に準備しておくこと

  • 海外旅行に持っていくクレジットカード全ての緊急ヘルプデスクの電話番号を調べておく
  • カードに付帯された保険が利用付帯なのか自動付帯なのかを確認しておく
  • コレクトコールを使った電話の掛け方を調べておく

クレジットカードの付帯保険には2種類があります。

持っているだけで保険が使える自動付帯、カードを利用することで使える利用付帯です。

 

利用付帯の保険を使う時は、『クレジットカードを使用した』という証拠の利用明細が必要です。

緊急時用に自動付帯のクレジットカードがあるとスムーズですね。

 

『コレクトコール』というのは、通話料金を着信者に負担してもらうためのサービスのことです。

病院受付で必要なもの

海外旅行クレジットカード保険使い方

海外旅行のクレジットカード保険の使い方

  • パスポート
  • クレジットカード

日本語対応をお願いすると、受付から担当スタッフがついてくれます。

診察中の通訳や薬の受け取りなど、病院を出るまで付き添ってくれるので、このサービスは助かりますね。

 

クレジットカード付帯保険の上手な使い方

海外旅行に行くときは、

2枚以上のクレジットカード

を持っていきましょう。

盗難・紛失対策でもありますが、保険については、こんな便利な使い方があります。

ただし、保険適用期間90日が完了するような長期治療が必要な場合だけになります。

  1. クレジットカード自動付帯の保険で治療を開始
  2. 保険適用期間90日が完了後
  3. 利用付帯のカードで買い物をし保険を使う
  4. 90日間の保険期間が適用になる

自動付帯が、先でも利用付帯が先でも利用方法は同じです。

海外旅行レベルで180日間の滞在はあり得ないので、活用する機会はないかもしれませんね。

留学や海外赴任などの場合は、役にたつ裏技です。

 

クレジットカードに付帯された障害・疾傷治療保険以外の保険

付帯保険項目(疾傷治療保険以外) 補償内容
死亡保険 事故による死亡や高度の後遺障害に対する補償

(病気によるものは含まれません)

救援者費用保険 山岳事故などでの捜索費や家族が現地に渡航するための費用を補償
賠償責任補償 相手に怪我を負わせたり死亡させてしまった時の賠償金の補償
携行品損害補償 カメラやスマホなどの盗難や破損を補償
カードの盗難紛失保険 盗難や紛失によるカードの不正使用金額を補償

これらの保険も全て自動付帯ではありません。

保険の内容ごとに自動付帯と利用付帯に分けられていたり、自動付帯での限度額、利用付帯での限度額が合わせて決められていたりします。

 

急を要する保険利用ではない場合は、帰国後申請をすると補償してもらうことができます。

ただし、状況によっては故意ではないことの証明が必要とされます。

 

緊急の場合は、やはり緊急ヘルプデスクへ最初に電話をしてください。

慌てて自分で動いてしまうと、補償を受けられない場合がありますので注意しましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

海外旅行に行った先でクレジットカード付帯保険を緊急で使う場合は、

最初にカード会社の緊急ヘルプデスクに電話をするのが鉄則です。

 

緊急以外の場合は、帰国後の手続きで間に合いますから、落ち着いて対処してください。

掛け捨ての海外旅行保険に加入する方法もありますが、

カードのランクがゴールドクラス以上であれば、カードの付帯保険だけで、ほとんど賄えます。

家族など同行人数が多いときは、掛け捨ての海外旅行保険より、年会費を払ってもカードの方が安いことが多いですよ。

 

保険の使い方だけではなく、保険の内容も出発前にしっかり確かめて、無駄な出費を抑えましょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-お金

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.