仕事

沖縄でおすすめのリゾバを紹介!体験談や持ち物をチェック!

投稿日:

『憧れのアルバイト』として若者に人気のリゾバ(リゾートバイト)。

勤務地は日本全国にあります。

なかでも一番の人気を誇るのが、南国の楽園、

沖縄

です。

今回はそんな沖縄で、おすすめのリゾバや、体験談から持ち物までを紹介します!

アドセンス

スポンサーリンク

沖縄でおすすめのリゾバ

マリンスタッフ

マリンスタッフ

まずは沖縄でおすすめのリゾバの職種をみてみましょう。

リゾバその1 マリンスタッフ

沖縄といえば美しい海ですね。

ダイビングをはじめ、さまざまな

マリンレジャー

が体験できます。

それに関連するアルバイトも多いです。

 

たとえば、次のような仕事です。

  • シュノーケリングツアーのガイド
  • ビーチ・プールの監視員・ライフガード
  • 水上バイクの運転(特殊小型船舶免許が必要)
  • パラセーリングのアシスタント
  • ダイビングショップでマリングッズの貸し出し
  • マリンスポーツの受付、機材のセッティング
  • パラソルの設置

きれいな海を眺め、客の楽しむ姿を見ているだけでも、幸せな気持ちになれますよね。

海やマリンスポーツが好きな人

にとっては、最高のアルバイトではないでしょうか。

リゾバその2 ホテル

リゾバといえば、すぐに思い浮かぶのはホテルですよね。

沖縄のリゾバでも、ホテルの求人は数多くあります。

  • フロント
  • ベル(ベルボーイ・ベルガール)
  • 客室清掃

などの仕事です。

フロントの仕事

チェックイン、チェックアウト業務、電話応対などをします。

ベルの仕事

客を部屋まで案内し、荷物を運ぶなどの仕事をします。

客室清掃の仕事

ベッドメイキングや、シャンプー・タオルなどの補充もし、アメニティを整えます。

 

沖縄にバカンスを楽しみに来る客がほとんどですから、ゆったりした雰囲気です。

外国人のスタッフがいるホテルも多く、国際交流ができるかもしれません。

石垣島、宮古島、久米島など、

離島のホテル

も多いので、自分が好きな離島でアルバイトをしたい人にもおすすめです。

リゾバその3 レストラン

沖縄では、レストランのアルバイトの求人も数多くあります。

とくに夏は、観光客が多く訪れ、人手が足らなくなるため、アルバイトを募集するレストランが多いです。

海沿いのホテルや、ビーチリゾート内のレストランもありますので、海を見ながら仕事をすることも可能です。

ホテルと同じく、

離島のレストランの求人

もあるので、自分の働きたい場所で勤務することが容易にできます。

その他のレアな職種

沖縄のリゾバには、めずらしいアルバイトもあります。

例をあげると、次のようなリゾバです。

  • 農園でパイナップルの収穫
  • 牧場で牛の世話
  • 水牛車の乗務員
  • カヌー・トレッキングなどのツアーガイド

求人の数は少ないですが、めったにできない体験ができます。

『リゾバするなら、その土地でしかできないような変わったアルバイトをしてみたい』

という人にはおすすめです。

沖縄のリゾバの体験談

リゾートホテル

リゾートホテル

今度は、沖縄でのリゾバを実際にしたことがある人の体験談をみてみましょう。

30代・女性

ホテルのベルスタッフとして3か月リゾバをしていました。

ホテルの入口でお客様をお迎えして、客室にご案内し、荷物を運ぶ仕事です。

体力的にけっこうハードでした。

忙しい時期には、腰を痛めるスタッフもいました。

また、人手が足りなくて、精神的にも負担が大きかったです。

仕事なんだから、ある程度大変なのは当然、と思うようにしていましたが。

レストランのホールスタッフが不足したときがあって、そちらに回されたこともありました。

リゾバではそういうことがよくあるようです。

 

20代・男性

リゾートバイトは学生には絶対おすすめです。

社会人になったら、沖縄に何週間も滞在できるチャンスはそれほどないでしょう。

私は沖縄でリゾバをして、価値観が大きく変わりました。

皆さんにもぜひ体験してほしいです。

 

30代・男性

沖縄の夏は観光客が多いので、仕事も忙しいです。

仕事中は体を動かすので、けっこう疲れます。

でも、一番沖縄らしさを味わえるのが夏なので、リゾバをするなら夏がいいと思います。

夏の沖縄の海の美しさは最高です。

エイサー祭りもあったりして、盛り上がります。

仕事は忙しいですが、やり終えれば達成感があるでしょう。

 

20代・女性

リゾバ期間中、休日を利用して、沖縄本島の北から南まで遊びに行きました。

首里城、美ら海水族館、今帰仁城跡をはじめ、おもな観光名所は全部行きました。

夏でしたので、毎週のようにお祭りにも参加しました。

シフト勤務でしたので、その日に休みのアルバイト同士で遊びに行きました。

毎回違うメンバーで、いろんな人と仲良くなれました。

リゾバに1人で来ている人も、すぐに友だちができるんです。

夜にはビーチで花火をしたり、お酒を飲んだりもしました。

仲間といろいろなことを楽しめて、一生の思い出になりました。

 

20代・女性

リゾバをしようと思ったのは、短期間でしっかり稼げるからです。

ホテル内のレストランのスタッフをしました。

お客様に料理を運んだり、お酒を作ったりする仕事です。

時給は1,000円ほどで、期間は約2週間でした。

朝は5時過ぎに起きて、6時から仕事です。

早起きが苦手なので、ちょっとつらかったです。

10時頃には午前の仕事は終わり、自由時間になります。

お昼寝をしたり、自分の部屋の片づけをしたりしていました。

午後の仕事は15時から22時までです。

2週間、毎日長時間労働が続くので、かなりハードでした。

期間中は、自分のことはほとんどできませんでした。

ただ、お金を稼ぎたい人や、夏の思い出を作りたい人にはおすすめです。

ホテル業界や飲食業界に就職したいと思っている人には、勉強にもなると思います。

 

沖縄のリゾバの持ち物

沖縄の海

沖縄の海

次は、沖縄のリゾバの持ち物をチェックしておきましょう。

貴重品

  • 現金
  • キャッシュカード
  • クレジットカード
  • 保険証
  • 免許証
  • 印鑑

失くしたら大変ですので、

管理には気をつけましょう。

近くにATMがあるとは限りません。

多少の現金も持っていく必要があります。

ただ、あまり多額のお金は持っていかないほうが安全でしょう。

身につけるもの

  • 外出用の服
  • 部屋着
  • 寝巻
  • 下着
  • 靴下
  • ストッキング
  • サンダル
  • 帽子
  • 眼鏡・コンタクト
  • サングラス

服の枚数は滞在期間によって変わってきます。

ある程度の枚数は必要ですが、

荷物が多くなりすぎないように

注意しましょう。

ホテルのフロント、ベルなどの仕事をする場合は、制服を貸与されることが多いです。

しかし、自分で革靴、ネクタイ、ワイシャツなどを用意する必要がある場合もあります。

勤務先に確認しておきましょう。

リゾバをする時期の沖縄の気候等もよく調べて、何を持っていくか考えましょう。

 

お風呂・洗面・化粧用品など

  • シャンプー
  • コンディショナー
  • 石鹸
  • ボディソープ
  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • ボディタオル
  • 歯ブラシ
  • 歯磨き粉
  • 洗顔料
  • 整髪料
  • ひげ剃り
  • 化粧品
  • 化粧水
  • 乳液
  • メイク落とし
  • その他メイク&スタイリング用品
  • リップクリーム
  • ドライヤー
  • 手鏡

リゾバ期間中に住む寮などに何が置いてあるかは、

事前に確認

しておきましょう。

シャンプーやコンディショナーなどは、大きなボトルを持っていくと重いですし、かさばります。

勤務先の近くにコンビニなどがある場合は、そこで買ってもよいでしょう。

食器・食材など

  • スプーン
  • フォーク
  • コップ
  • マグカップ
  • 栓抜き
  • ワインオープナー
  • 万能ナイフ
  • 台所用洗剤
  • スポンジ
  • 保存食(カップラーメンなど)
  • お菓子

これらも、寮などにあるかどうか確認したうえで、持っていくかどうか考えましょう。

持っていかずに、

必要になれば現地のコンビニなどで買ってもよいでしょう。

寮にキッチンがついていて、自炊する場合は、フライパン、鍋、包丁などが必要になることもあります。

その他の日用品等

  • ハンカチ
  • ティッシュペーパー
  • 洗濯用洗剤
  • 洗濯用ネット
  • 物干しロープ
  • 洗濯バサミ
  • ハンガー
  • つめ切り
  • はさみ
  • ビニール袋
  • ナイロン袋
  • 清掃用品(雑巾など)
  • 目覚まし時計
  • 腕時計
  • 折りたたみ傘
  • 筆記用具
  • カメラ
  • 携帯電話
  • 充電器
  • パソコン・タブレット
  • 延長コード
  • 懐中電灯
  • 常備薬
  • 日焼け止め
  • 日焼け対策グッズ(アームカバー・フェイスカバー・日傘など)
  • 生理用品

ふだんの生活の中で必要なものを挙げていって、持っていく物を考えましょう。

ビニール袋、ナイロン袋は、いくつかあると便利です。

筆記用具は、仕事で覚えるべきことをメモしたりするためにも必要です。

また、

沖縄の日差しは強烈です。

日焼けに弱い人は、日焼け止めのほか、日焼け対策グッズも持っていくようにしましょう。

 

レジャーグッズ

  • 水着
  • ビーチサンダル
  • レジャーシート
  • ダイビング・シュノーケリング用品

沖縄にリゾバに行ったら、休日には海を楽しみたいですよね。

海で遊ぶための道具

も、忘れずに持っていきましょう。

かさばる器具などは、現地でレンタルするという方法もあります。

また、マリンスタッフのリゾバをする場合は、仕事で必要になる場合もありますので、確認しましょう。

 

その他の娯楽用品

  • トランプ
  • UNO
  • ガイドブック
  • 携帯ゲーム機
  • ポータブルDVDプレーヤー
  • ポケットWiFi

休日には外に遊びに行こうと思っていても、

台風が来て外出できなかったり、アルバイトで疲れて外出する気にならなかったりする場合もあります。

暇を持て余してしまいそうな人は、暇つぶしグッズも持っていきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

沖縄のリゾバのおすすめの職種には、次のようなものがあります。

  • マリンスタッフ
  • ホテル
  • レストラン
  • その他のレアな職種

沖縄でのリゾバの体験談を聞くと、

『とても楽しかった』

という声もあれば、

『仕事がとてもハードだった』

という声もあります。

また、沖縄のリゾバの持ち物は、洋服、日用品、娯楽用品など、いろいろなものが考えられます。

沖縄で数週間、数か月にわたってリゾバをするのですから、

十分な下調べ、準備

が必要です。

自分に合ったリゾバをじっくり探して、楽しいリゾバライフを送りましょう!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-仕事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.