生活

ゴキブリの夏と冬の生態を紹介!『キュッ』の鳴き声の意味とは?

投稿日:

夏には怖い話も付き物ですが、シャレにならない怖いアレが出てくる季節でもありますね。

アレとは、そう、

『ゴキブリ』

です。

お化けや幽霊より、よほど出現率が高く、リアルに怖いゴキブリ。

しかも怪談話のように「ああ怖かった」で終われないのが、本当にイヤなところです。

中には、

「キュッ、キュッ」という鳴き声が聞こえた!

なんて人もいるのではないでしょうか。

夏の夜中にゴキブリの鳴き声…。

恐ろしいですね…。

 

ところでゴキブリは、冬はどうしているのでしょうね。

あまり活発なイメージはありませんが、全く『いなくなる』というわけでもなさそうです。

 

そんなわけで今回は、

  • ゴキブリの夏と冬の生態について
  • 『キュッ』という鳴き声の意味について

紹介していきます。

ゴキブリの生態は、ゴキブリ対策にも生かせるので、ぜひ知っておいてください!

アドセンスリンクユニット

ゴキブリの夏の生態

生き物が活発になる夏

生き物が活発になる夏

どんな生き物も、

『温かくてエサが多い時期』

は活動的になり、繁殖も盛んになります。

それはゴキブリも同じ。

温かい時期になると、産卵のペースも早くなり、ゴキブリが増えます

『夏になると、ゴキブリをよく見かける』

というのは、夏がゴキブリの活動期だからなのです。

では『夏』って、ゴキブリにとってどんな季節なのでしょうか。

日本の夏はゴキブリにとって快適な季節

ゴキブリにとって活動しやすい気温は、

25~30℃

そして、

気温:18~35℃

湿度:75%

これが、ゴキブリの繁殖には最適の気温と湿度

まさに、日本の夏の気温と湿度が、ゴキブリにとってちょうど活動しやすい環境になっているのです。

 

ここ数年、日本の夏はだいぶ暑くなっています。

最近では、気温が30℃を超えることも、すっかり珍しくなくなりました。

人間は、この暑さだとテンションが下がってしまいますね。

でも、ゴキブリは逆なのです。

梅雨時から夏にかけてゴキブリのエサも増える

ゴキブリが活発になるのは、気温と湿度だけのせいではありません。

ゴキブリにとって梅雨から夏にかけては

『エサのある場所がわかりやすい』

『エサが増える』

という時期なのです。

この時期って、

  • 生ごみなどが腐りやすく、臭いやすくなる
  • 湿気が多く、カビやダニが増えやすくなる

という状況ですよね。

ゴキブリは、生ごみはもちろん、カビやダニも食べます。

快適な温度と湿度で、食べ物もたくさんあるとなれば、活発になるのも当然ですね

夏はゴキブリの繁殖も活発になる

ちょうど良い気温と湿度でエサもある、となれば、もちろん繁殖するペースも上がります。

『繁殖のペースが上がる』

ということをもう少し具体的に言うと、

  • 産卵の間隔が短くなり、時には数日おきに産卵する
  • 卵の孵化率が高くなる
  • 孵化した赤ちゃんゴキブリの成長が早くなる

つまり、

『どんどん卵を産んで、どんどん孵化して、どんどん育つ』

ということなのです。

さらに、その育ったゴキブリがまた卵を産むのですから、どんどん増えるのです。

たまったもんじゃありませんね!

夏が暑いことのゴキブリへの影響は?

先にも書いたように、このところ、日本の夏は以前より気温が上がっています。

そのため、

  • 昔はゴキブリが見られなかった地域でも、ゴキブリが現れるようになっている
  • 暖かい地方にだけいた種類のゴキブリが、より北の方で見られるようにもなっている

といったような影響が出ています。

これは私見ですが、今後も、いろいろな種類のゴキブリの生息域が広がったり、活動期が長くなったりすることは、十分ありうるでしょう。

 

ただ、やはり暑すぎるとゴキブリもダメージを受けます

中には

『ゴキブリは35℃を超えるとダメージを受け、40℃超えると昇天する』

という説も。

いっそ、もっと気温が上がってしまえばゴキブリがいなくなる!

…と、一瞬思ったりもしますが、40℃越えなんて、人間にとっても暑すぎて耐えられません。

もちろん、気温が何度になろうと、人間の涼しい家に住み着いたゴキブリは、快適に暮らし続けることでしょう

 

ゴキブリは冬はどうしてるの?冬場の生態について

寒い冬…

寒い冬…

ゴキブリって、冬はほとんど見かけないですよね。

『冬眠している』

『成虫は冬を越せなくて、卵や幼虫で冬を越す』

など、いろいろな説がありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

ゴキブリも越冬する

ゴキブリは、基本的に寒さに弱い昆虫

やはり、冬場は活動が下火になります。

ですが、冬眠するわけではありません。

動きが鈍くなり、

  • 家や家の床下
  • マンホールの中
  • 自販機など機械の下

というような温かい場所で、ひっそりと暮らしています。

 

以前は、

『冬には、ゴキブリの成虫はいなくなり、卵や幼虫で冬を越していた』

と考えられていました。

しかし今は、成虫のまま冬を越すものもいることがわかっています

また、人間の家やビルなどに住めば、一年中ある程度は暖かいですよね。

そういった場所では、ゴキブリは余裕で冬を越すことができるのです。

ゴキブリは冬でも産卵してる!

「ゴキブリは寒さに弱いから、さすがに冬はじっとしてるだけでは?」

なんて思いきや!

実は、ゴキブリは冬でも産卵しているのです。

もちろん、家の中などに住み着いたゴキブリですが。

 

とくに、飲食店やビルなどに住み着いた『チャバネゴキブリ』

ビルや飲食店は、年中冷暖房完備、湿気もエサも、あります。

ここなら一年中快適に過ごせてしまいますよね。

となれば、産卵だってできるというものです。

 

ただし、卵は20℃以下になると、孵化できません

卵のままで、気温が上がるのを待っているのです。

また、幼虫も10℃以下になると成長できず、そのままの姿でいます

とはいえ、増えることには変わりないので、冬でも油断はできません。

 

夏と冬でゴキブリ対策に違いは?

ゴキブリ退治!

ゴキブリ退治!

このように、人家の中が一年中快適な温度であっても、夏と冬ではゴキブリの活発さに多少は差があります。

では、夏と冬でゴキブリ対策の方法は変わるのでしょうか?

基本的なゴキブリ対策や駆除の方法は1年通じて同じ

ゴキブリ対策や駆除の方法は、

基本的には、1年を通じてそんなに大きく変わることはありません

基本のゴキブリ対策とは、生活の中で

  • 普段から部屋を清潔にしておく
  • 食べ物や生ごみ、ペットフードなどを出しっぱなしにせず、その都度きちんと片付ける
  • 特にキッチンや風呂場の水回りを、なるべく乾いた状態にしておく
  • 排水口やエアコンの排水ホースなど、ゴキブリの侵入経路をふさぐ

また、駆除の方法も

  • ゴキブリホイホイなどでの捕獲
  • 置き餌タイプの駆除剤を使う
  • 出てきたゴキブリには、殺虫剤などをかける
  • 待ち伏せタイプのスプレーで退治する
  • くん煙タイプの殺虫剤で、一気に駆除する

と、一年を通じて同じです。

ただ、あえて言うなら、

夏場の活発な時のほうが、ゴキブリホイホイや待ち伏せタイプのスプレーなどに、ゴキブリがかかりやすい

と言えるでしょう。

逆に、冬はあまり活発ではない時期。

巣にこもっていることも多いので、冬に駆除するなら、くん煙タイプの殺虫剤が有効です。

 

冬のゴキブリ対策で夏のゴキブリを減らせる

ゴキブリは、対策も駆除の方法も、一年中ほぼ同じと書きました。

でも、冬のゴキブリ対策には、とくに意味があります

冬場にしっかり退治しておくと、春以降の温かい時期、暑い時期になってからも、ゴキブリが増えるのを防げるのです。

 

夏は、ゴキブリが増える時期。

冬は、ゴキブリが比較的増えにくい時期。

ということは、

冬場のゴキブリが増えにくいうちが退治しやすい

ということになります。

さらに、ゴキブリが増えにくいうちに減らしてしまえば、温かくなってからも数を抑えることができます

 

冬は、ゴキブリをあまり見かけないですね。

そうなると、『ゴキブリ対策』のことを忘れてしまうこともあるかもしれません。

筆者もそうです。

でも、そんな『あまり見かけない時期』こそが、ゴキブリ退治には良い時期なのです。

大掃除ついでに、くん煙タイプの殺虫剤を使うのも良いでしょう。

ぜひ、ゴキブリ退治を意識して、冬の掃除をしてみてくださいね

ゴキブリが『キュッ』って鳴く意味は?

ゴキの声なんて聞きたくない!

ゴキの声なんて聞きたくない!

話は変わって、次はゴキブリの鳴き声についてです。

ゴキブリが鳴くのを聞いたことは、ありますか?

ゴキブリは、

『キュッ、キュッ』という感じの声で鳴きます

これが、ゴキブリのあのイメージに似ず、意外とカワイイ感じの声なのです。

でも、この鳴き声、いったいどういう意味があるのでしょうか。

ゴキブリの鳴き声の意味

ゴキブリの鳴き声の意味については、諸説あります。

たとえば、

  • 危機的状況に陥っている
  • 求愛
  • 仲間を呼ぶ
  • 仲間に危険を知らせる

もっとも、

『人間がゴキブリの鳴き声を聞くのは、ゴキブリが危機に瀕している時が多い』

という状況から、

『危機的状況に陥っている』

の意味に取られている可能性もあります。

 

他にも種類によっては、求愛や威嚇のために鳴くゴキブリもいます

マダガスカルゴキブリなどは、威嚇で『シューッ』という音を出しますし、ハイイロゴキブリは求愛のために鳴きます。

ただ、ゴキブリが鳴く理由については、種類によって違います。

日本で身近にいるゴキブリが鳴く正確な理由については、もう少し研究が必要といったところでしょう。

ゴキブリはどうやって鳴く?

ゴキブリがどうやって鳴くかというと、これも種類によりますが

  • 足の関節を擦り合わせて音を出す
  • 前胸背板の筋に、羽の縁をこすって音を出す
  • 気門から空気を出す(マダガスカルゴキブリの場合)
  • 胸と翅をこすって音を出す(ハイイロゴキブリの場合)

というような方法で、音を出しています。

 

虫には、鳥や動物のように『声を出す』器官がありません。

なので、虫が鳴く時は、たいてい

『身体のどこかをこすり合わせる・叩く』

などの方法で、音を出します。

これがゴキブリを含め、

虫のコミュニケーションの方法の一つ

になっているのです。

ゴキブリのコミュニケーション

ゴキブリは、『鳴く』以外の方法でも、コミュニケーションをとる動物です。

とくに有名なのが、

『フェロモン』を使ったコミュニケーション

ゴキブリは

  • 仲間を呼ぶ『集合フェロモン』
  • 仲間を分散させる『分散フェロモン』

を出すことができます。

このフェロモンで、仲間を呼び集めたり、逆に過密状態になると分散させたりするのです。

また、ゴキブリが昇天すると、その匂いで仲間が危険を察知するというように、仲間の臭いから危険を読み取ることもできます

 

ゴキブリは、仲間とコミュニケーションをとって集団生活をしています。

コミュニケーションをとって社会的な生活をする虫というと、アリやハチが有名ですね。

ゴキブリも、鳴き声やフェロモンのほかにも、コミュニケーションの方法があるかもしれません。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いかがでしたか?

『いやな虫』というイメージが強いゴキブリ。

でもよく見てみると、夏と冬では暮らしぶりが違っています。

そして冷暖房完備の場所では、季節での差が少なくなるのは、人間と同じですね。

そういったことを把握したうえで、ゴキブリ退治をすると、効果も上がります。

特に『冬のゴキブリ退治が大切』

今度の冬は、しっかり意識して、ゴキブリを退治してみてください。

 

そして、ゴキブリの鳴き声について。

『ゴキブリはフェロモンでコミュニケーションをとる』

というのは有名です。

でもそれだけでなく、ゴキブリは鳴き声でもコミュニケーションをとっています

なかなか賢い昆虫だなと思うと、ゴキブリの鳴き声も、ちょっと興味が湧いてしまいました。

でもやはり、『家で偶然鳴き声を聞く』なんてことは、あってほしくないですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Metasequoia

猫と楽器演奏が大好きな、好奇心旺盛なおばちゃんです。音楽や文章を含め、手を動かすこと、何かを作ることが好きで、最近はソーイングや木工なども。生活や人の心、健康のこと、自然や世の中のことなど、いろいろなことに興味があります。モットーは『ひとまずやってみる』、好きな言葉は『なるようになる』。記事も、楽しんで書いていこうと思います。

-生活

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.