雑学

沖縄の9月の気温と天気や台風をチェック!海にはまだ入れる?

投稿日:

9月といえば、真夏からはひとつ季節が進み、朝晩の涼しさを感じたりしますね。

また9月は敬老の日・秋分の日の祝日を含む連休があって、旅行のシーズンでもあるのです。

「まだまだ夏を楽しみたい」

「沖縄の夏をもう一回満喫したい」

というリピーターも含めた観光客が、たくさん沖縄を訪れます。

そこで気になるのが、9月の沖縄の気温や天気ですね。

台風もこの時期だと、まだ心配する人も多いでしょう。

今回の記事では沖縄の9月の気温と天気や台風について調査していきます。

そして

沖縄の9月は、まだ海に入れるのか?

についても紹介していきますね。

アドセンスリンクユニット

沖縄の9月の気温について

9月・沖縄イメージ

9月・沖縄イメージ

まだ夏を感じたい人が多く訪れるのには、やはり沖縄は常夏のイメージが強いのでしょうね。

沖縄の9月の気温について、気象庁の2013年~2017年、9月の平均気温・最高気温・最低気温のデータを調査しました。

9月の平均気温 9月の最高気温 9月の最低気温
2013年 28.3℃ 33.6℃ 23.4℃
2014年 28.8℃ 33.3℃ 25.0℃
2015年 27.8℃ 32.6℃ 23.8℃
2016年 28.4℃ 32.8℃ 24.9℃
2017年 28.9℃ 33.9℃ 23.0℃

という結果が出ています。

たしかに9月になっても平均気温・最高気温・最低気温とも7月・8月につづいて高い状態です。

まだ夏の季節が続いているといえるでしょう。

でも沖縄は周りを海に囲まれているために、海からの風の影響で、

夏でも最高気温は35℃を超える猛暑日になる日は少なく気温差も少ない

というのが特徴です。

9月の最高気温をみてみると33℃前後となっていますね。

また最低気温は25℃以上にはなっていません。

沖縄の9月は夏の気温ですが7月や8月よりも過ごしやすいといえます。

夏の沖縄を楽しむのなら9月は良い時期でしょう。

 

沖縄の9月の台風をチェック

夏の沖縄を訪れるとき、台風が接近しているのかは大きな問題ですね。

沖縄の夏は、観光シーズンと台風のシーズンが重なるのです。

台風が近づいて来たために、海や空の交通手段の欠航がよくあります。

 

では9月の沖縄ではどうでしょうか。

気象庁の2013年~2017年、9月に沖縄への台風の接近数を紹介します。

沖縄への台風の接近とは、台風の中心が沖縄に300km以内に入ることを指します。

9月沖縄の台風の接近数 年間沖縄への台風の接近数
2013年 1 9
2014年 2 10
2015年 1 6
2016年 4 7
2017年 1 7

沖縄での台風の接近は、6月ごろから始まり、7月・8月をピークにだんだんと進路を東よりに変化させていきます。

2013年~2017年の5年間の9月では、1~4個の台風が沖縄に接近している結果となっています。

沖縄の9月は、必ず台風は近くに来ることを考えておいたほうが良いといえますね。

そのためレジャーや観光内容の変更、また交通手段の欠航などもあると想定しておくのも大切でしょう。

もし台風の襲来にあうと、最悪な場合には停電することもあります。

  • 手動式の携帯電話の充電器
  • 携帯ラジオ

などを持参しておくと、もしもの場合に役立ちますよ。

 

沖縄の9月の天気について

さて沖縄の9月の天気はどうなのでしょうか。

気象庁の2013年~2017年、沖縄の9月での降水量・日照率・日照時間を調べてみました。

日照率とは日の出から日没までの時間に対する日照時間の比のことです。

9月降水量 9月日照率 9月日照時間
2013年 178.0mm 56% 206.5h
2014年 95.0mm 61% 224.0h
2015年 46.5mm 57% 208.5h
2016年 342.0mm 38% 141.8h
2017年 239.5mm 50% 186.1h

という結果が出ています。

2016年の台風の接近数が4個の年は、降水量が多くなり、日照率・日照時間が少なくなっています。

沖縄の9月の天気は、台風の接近数や台風の規模の違いなど台風の影響が大きいのです。

 

次に日照率を見てください。

2016年以外では日照率が50%以上となっています。

このことから分かるように台風の接近が少なければ良い天気の日が多いのです。

沖縄の9月は夏の沖縄旅行として穴場的な時期といえますね。

ただ気温も、まだ30℃を超える日が続きますので、突然の雨(スコール)に出会うこともあります。

  • 防水機能のある上着
  • 雨晴れ兼用の日傘

などを持っておくと安心です。

 

沖縄の9月は海にはまだ入れる?

ハブクラゲ

ハブクラゲ

「まだ夏を楽しみたい」

と思って沖縄を訪れる人には、海に入れるかは大事な要素です。

ここまでに紹介したように、沖縄の9月はまだ夏の季節が続いています。

そこで肝心の

『海には入れるか』

についてですが、海水の平均水温は28.5℃と高い状態です。

各海水浴場もまだまだ遊泳期間ですので、海水浴は十分楽しめますよ。

また透明度も高く、ダイビングやシュノーケリングなど沖縄の海を満喫できます。

 

しかし9月の海ではクラゲが発生する時期にもなるのです。

沖縄では、ハブクラゲという有毒のクラゲの活動が盛んになります。

クラゲの防護ネットがあるビーチを調べてから海水浴に出かけるようにしてください。

また紫外線が強く、日焼けによる水ぶくれなど軽度のやけどの状態になってしまう人もいます。

  • 日焼け止めをこまめに塗り直す
  • ラッシュガードや上着などを着用する(できれば長そで)

などの対策は必要になります。

クラゲや紫外線に注意して夏の沖縄の海を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

沖縄の9月は、まだ夏の季節が続いていますが、7月・8月よりも過ごしやすい気温になっています。

また気象庁のデータによると、沖縄に近づいてくる台風は、この時期は毎年1~4個ありました。

そのためレジャーや観光内容の変更、また交通手段の欠航なども想定しておくことが大切です。

手動式の携帯電話の充電器や携帯ラジオなどを持参しておくと、もしもの場合に役立つでしょう。

台風の接近がなければ、沖縄は晴れている日が多いです。

ただ突然の雨(スコール)に出会うこともあります。

防水機能のある上着や雨晴れ兼用の日傘などを持っておくと安心ですね。

また『海には入れるか』については、各海水浴場も、まだまだ遊泳期間です。

海水浴は十分楽しめます。

ただしクラゲや紫外線に注意が必要となります。

  • クラゲの防護ネットがあるか調べておくこと
  • 日焼け止めをこまめに塗り直す
  • ラッシュガードや上着などを着用する(できれば長そで)

といった対策をしておくと安心ですよ。

以上が今回調査した結果です。

9月に沖縄を訪れる際の参考にしてくださいね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

momijibrand

天然酵母を起こしてパンを焼く、趣味の物でフリマに出店する、楽器を習いに行く、凝り性+何ごとも面白がってやる性格です。 仕事・家事・趣味・ライティングにと充実した時間を過ごしています。 『何にでも興味を持つこと』『柔軟な考え方ができること』を心がけて雑学の記事を書いています。 「そうだったのか」と思ってもらえる様にテーマを紹介していきます。

-雑学

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.