言葉の意味・語源・由来

マナー・エチケット・モラル・ルールの違い!礼儀作法とは?

投稿日:

社会に出て生活していると、常識の範囲の中で行動することが求められます。

残念ながら、少しはみ出る行動をすると、白い目で見られてしまうのがこの世の中の理です。

さて、そんな人として守るべきものが求められる際に使われる言葉に、

“マナー・エチケット・モラル・ルール”

といった言葉があります。

あなたは、この言葉の意味を1つ1つ理解していますか?

「曖昧にしか分かってないかも…」

という人もいるかもしれませんね。

今回はそんな、今更人には聞きにくい言葉の違いや礼儀作法についてご紹介します。

アドセンスリンクユニット

マナー・エチケット・モラル・ルールの言葉の意味をおさらい

マナー・エチケット・モラル・ルールの違いについて

マナー・エチケット・モラル・ルールの違いについて

まずは言葉の意味の違いを正しく理解しましょう。

マナーの意味

マナーとは簡単にいえば、

礼儀作法

のことです。

社会で生活していく中で、

相手にとっても自分にとっても心地よく過ごせるよう、配慮した行動のこと

をいいます。

その根底には、相手や人に対しての思いやりがあります。

守らなくても罰が課せられることはありません。

しかし、これを守らないと周囲から白い目で見られることになります。

社会の中で生きていくうえで、必要なスキルといってもいいでしょう。

モラルの意味

マナーとよく似た概念で、よく引き合いに出されるのが、このモラルです。

モラルは一般的に

倫理、道徳

とされます。

マナーは『守るべき行動』とされ、ある程度は社会の中で共通化されています。

モラルの場合は行動ではなく、行動を定義する“考え方”です。

これは育った環境や、生活や仕事をする環境の中で変化するものです。

たとえば、

『どんな場合でも人を否定してはいけない』

と思う人もいれば、

『その人の為であれば相手を傷つけることも必要』

と思う人もいますよね。

人によってモラルは変わるということですね。

エチケットの意味

マナーに似た言葉で、“エチケット”があります。

CMなどでも、

「口臭エチケットに!」

というような謳い文句があったりしますよね。

 

エチケットもマナー同様に礼儀作法です。

そう聞くと、

「マナーと意味は一緒なの?」

と思った人もいるかもしれません。

実はエチケットとマナーでは対象が違います。

マナーの場合は、

『周囲にいる複数の相手に対しての、配慮ある行動のこと』

を示します。

エチケットの場合は、

『対面している個人に対しての配慮ある行動のこと』

を示すのです。

またエチケットの場合は、特に身だしなみについて言われることが多いです。

ルール

最後に、“ルール”です。

ルールは人が守るべきものの中で、唯一、侵すとペナルティが発生するものです。

人に対して強制力をもつといえます。

『社会生活や集団生活の中で必ず守るべきもの』

といった意味合いが強くあります。

先に紹介した、“マナー・モラル・エチケット”は、このルールを侵すことがなければ、白い目で見られても、ペナルティを受けることはありません。

マナー・モラル・エチケット・ルールの具体例

今まで紹介してきた“マナー・モラル・エチケット・ルール”について、具体例を挙げて紹介します。

図書館での過ごし方

図書館

図書館

図書館で過ごす場合の、“マナー・モラル・エチケット・ルール”をそれぞれ見ていきましょう。

マナー

図書館内では話さずに静かに過ごす。

携帯電話はマナーモードで通話はしない。

モラル

本を汚してしまった場合、自己申告し謝罪する。

次に本を読む人のことを考えて、本の向きを揃えて片付ける。

エチケット

風邪をひいているならマスクをする。

本を読んでいる人に話しかけない。

ルール

本は無断で持ち出さない。

期日内に本を返却する。

少しはイメージできたでしょうか。

他にも電車内での過ごし方等、具体的に考えてみると理解しやすいかもしれません。

 

礼儀作法とは?

礼儀作法

礼儀作法

マナーの意味の説明で、簡単に『礼儀作法』であることを紹介しました。

では礼儀作法とは一体、どのようなもののことをいうのでしょう?

 

礼儀作法の根本は、

“心遣い”

私達は生きていく以上、様々な場面で多くの人と出会い、関わらなければなりません。

人間関係は望むと望まざるに関わらず、社会の中で生きていくためには発生するものです。

人との関わりの中で、

周囲の人全体や目の前の相手が不快にならないような行動

それが礼儀作法といえるでしょう。

  • 挨拶は笑顔で相手に聞こえるように行う。
  • 正しい敬語を使う。
  • 食事は綺麗に食べる。
  • 家にお呼ばれした際には手土産を持っていく。

など、相手の目線を意識して自分の行動を変えることが礼儀作法です。

礼儀作法というと難しいことのように感じるかもしれません。

しかし、あなたが相手のことを考えて行動すれば、礼儀作法は守られていることになりますよ。

スポンサーリンク

アドセンス

 

さいごに

今回は“マナー・モラル・エチケット・ルール”の違いや、礼儀作法について紹介しました。

社会生活していると、これらのことを求められることがあるでしょう。

そんな時に、言葉の違いや意味を正しく理解していれば、求められたことを正しく相手に返すことができます。

とくに、仕事上で上司など目上の人から求められた場合、正しく返すことができるかどうかが信頼や出世にも関わります。

自分のためにも、人との関係を円滑に進めるためにも、しっかり“マナー・モラル・エチケット・ルール”を守りたいものですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

akin1428

心理関係の仕事をしながら、ライターとして記事を書いています。 メンタルヘルスや人間関係、子育てに関することはお任せあれ! またその他にも雑学の分野で色々と記事を書いています。 知らなかったことを知れるって楽しい!

-言葉の意味・語源・由来

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.