俳優

押田岳の身長や出身中学/高校/大学を調査!ダンスの評価もチェック

投稿日:

『仮面ライダージオウ』で2号ライダー・ゲイツに変身するのが、押田岳さんだと発表されましたね。

この押田岳さんといえば、

『オシダンス』

で有名な、2016年のジュノンボーイグランプリ受賞者です。

そんな彼は、かなり高学歴だと話題になっていて、出身の中学や高校などが気になるところです。

そこで当記事では、押田岳さんについて、出身中学、高校、大学や、『オシダンス』といわれるダンスの評価も紹介していきます!

アドセンス

スポンサーリンク

押田岳のプロフィールをチェック!

まず、押田岳さんについて、簡単なプロフィールと経歴を紹介しますね。

押田岳のプロフィール

生年月日:1997年4月9日

出身:神奈川県

身長:175センチ

職業:俳優

趣味:スケートボード

特技:ダンス

事務所:エヴァーグリーン・エンタテイメント

押田岳さんは、横須賀市在住の21歳。

現在は大学生で、なんと

片道3時間かけて大学に通っているんですよ。

つまり、往復で6時間!

1日の4分の1を登下校に費やしていることになります。

 

次に押田岳さんの経歴を紹介しましょう。

彼がジュノンボーイコンテストに応募しようと思ったきっかけは、

大学受験が終わって、何か新しいことを始めたい

という理由からでした。

もともと、押田岳さんは小さい頃から、周囲に

「何かコンテストを受けてみたら?」

と言われていたそうで、それを思い出して、ジュノンボーイに応募したんですね。

そして2016年のジュノンボーイコンテストで、見事グランプリに輝きます!

グランプリの賞金で、

「家族のために、ご飯に連れていってあげたい」

と言っていたことや、コンテストの応募でも、ずっと親に相談していたことなど、非常に家族思いな一面もあります。

家族を大切にする人なんですね!

 

その後、押田岳さんはエヴァーグリーン・エンタテイメントに所属することになりました。

エヴァーグリーン・エンタテイメントには、同じ仮面ライダー経験者の佐野岳さん、佐藤祐基さんも所属している事務所ですね。

押田岳さんは俳優としての道も着実に進んでいて、『ぼくは麻理のなか』でネットドラマ初出演を果たすと、このドラマが地上波化されて、地上波ドラマにも初出演!

2018年には『アンナチュラル』の第7話に出演、そして『仮面ライダージオウ』で2号ライダー・ゲイツに変身する明光院ゲイツ役となりました。

 

ちなみに、押田岳さんの夢は、

『仮面ライダーになること』

だったそうで、未来設計図にも、そのことを書くほどでした。

そして、その未来設計図通りに、本当に仮面ライダーになってしまうのですからすごいですよね!

 

押田岳さんの一番好きな仮面ライダーは、仮面ライダーカリスとのこと。

今回の自分に似ているからだそうですが…。

実は、ゲイツはもともと敵陣営だったとか、人間ではないような設定なのでしょうか?

とても気になりますね。

 

押田岳さんが目標としているのは、V6の岡田准一さんです。

大河ドラマや歴史ものが好きらしく、『軍師官兵衛』や『永遠の0』などで主演を務めた岡田准一さんを目標にしているのも頷けるところでしょう。

また、歴史上の人物では石田三成が好きとのこと。

押田岳さんにとって石田三成は、

「悪者と言われますが、豊臣秀吉への忠誠から感じ取れる、芯の通った人間性を尊敬している」

らしく、いつかは演じてみたいそうですよ。

いつかは大ブレイクし、大河ドラマの主役に…!

今後の活躍次第では、それも叶いそうですし、大河ドラマで躍動する押田岳さんの姿を見てみたいですよね!

 

押田岳の学歴をチェック!

押田岳さんの学歴も調査しました。

まずは出身中学から調べてみましたが、残念ながら見つかりませんでした。

誰か同級生がSNSなどで押田岳さんの話題を出していないのかな?

と思ったのですが、さすがにないみたいですね。

 

次に押田岳さんの出身高校について。

出身高校については情報が出てきていて、

横須賀高校

に通っていたことが判明!

押田岳さん自身が明かしている情報なので、まず間違いないでしょう。

愛知出身の筆者からすると、愛知県東海市の横須賀高校が浮かんでしまいますが、神奈川の高校ですね。

神奈川の横須賀高校と言えば、

偏差値66

の進学校で、神奈川県内でもトップ20に入るほどのレベルの高い高校です。

あの小泉純一郎元首相も通っていた高校なんですよ。

 

そんな進学校から、押田岳さんが進んだ大学はというと…。

早稲田大学人間科学部

です。

なんとあの早稲田大学に通っています!

横須賀から片道3時間をかけて通っているというのは、早稲田大学のことだったんですね。

押田岳さんの発言により、

早稲田大学の所沢キャンパスに通っていること

がわかっています。

早稲田大学人間科学部の偏差値は、学科にもよりますが、

62~65

と比較的高く、さすが早稲田だなと思わされます。

ちなみに、押田岳さんが早稲田大学を選んだ理由は、

「『雑草魂』なイメージが自分に合っているから」

とのことでした。

 

押田岳のダンスの評判は?

押田岳さんといえば、やはり自分の名前をかけた

『オシダンス』

とよばれるダンスでしょう!

ジュノンボーイコンテストで披露された『オシダンス』は、オリジナルのヒップホップダンス。

なんと、途中で衣装チェンジをしての2部構成となっていて、会場を大いに湧かせました。

ゲスト審査員の溝端淳平さんは

堂々としていて良かった。

衣装チェンジもあって、2部構成になっていて、僕らのときでは考えられない。

どんどんパフォーマンスのクオリティが上がっている。

と『オシダンス』を絶賛!

押田岳さんは、もともとダンスが得意で、

高校時代にダンス部の副部長

を務め、現在は早稲田大学所沢キャンパスの公認ダンスサークル『aka Wa. Se. Da』に所属していますよ。

ちなみに、『オシダンス』というのは、

高校時代につけられていたあだ名

だそうです。

確かに、語呂がいいですし、押田岳さんを表すのにぴったりな名前ですよね!

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回は、2016年のジュノンボーイコンテストグランプリの押田岳さんについて紹介しました。

押田岳さんは、『横須賀高校』出身。

現在は、『早稲田大学』に在学中です。

さらには得意なダンスを活かし、ダンスサークルに入っているなど、まさに文武両道な人だとわかりました。

今後、俳優としてのステップアップはもちろん、得意なダンスを活かした役を演じるなど、押田岳さんの活躍に期待したいですね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-俳優

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.