時事

サマータイム制度のメリットを紹介!期間はいつからいつまで?

投稿日:

現在、日本の国会では『サマータイム』を一時的に導入することを検討中と発表され、日本中から非難が殺到しています。

というのも、

オリンピックのためにサマータイムを導入する

という意味の分からない導入方法をとろうとしていて、

「国会議員は何を考えているのか?」

とあちらこちらから罵詈雑言が飛び交っています。

なぜ今になってサマータイム制度の導入を進めようとしているのか?

また、仮に導入されると、期間限定のサマータイムはいつからいつまでになるのか?

当記事で、日本で導入しようとしているサマータイムについて、実施期間やメリットやデメリット、評判をまとめてみました。

アドセンスリンクユニット

政府・与党がサマータイム導入を検討!期間はいつまで?

もはや現状、国民にとって害悪でしかない2020年の東京オリンピック。

その東京オリンピックが、またもや国民の足を引っ張ろうとしていることがわかりました。

なんと、

政府・与党が東京オリンピック・パラリンピックの酷暑対策として、夏の時間を2時間繰り上げるサマータイム導入の本格検討に入った

というのです。

 

事の発端は、オリンピック関連で何かと問題を起こしている森喜朗五輪組織委員会会長でした。

森喜朗会長は、政府に対してサマータイム導入を要請。

政府・与党はこれに対し、国民生活に直結する問題のために、『サマータイム』を超党派の議員立法を目指す方向で検討をし始めたというのです。

 

理由が理由なので、サマータイムを期間限定で導入することを考えていて、

  • 6~8月に2時間繰り上げのサマータイムにする
  • 2019年に試験導入した上で問題点を改善、2020年に本格導入する

という方針だそうです。

 

今回検討されているサマータイムは期間限定で、

2019年~2020年までの期間のみ

と検討しているみたいですね。

期間限定のサマータイムが、

どれほど愚かなのか、わかっていないなぁ

というのが筆者の率直な感想です…。

やはり、所詮は机の上で話し合いをしているだけの議員では、現場のことは全く理解できていないのでしょう。

当然ながら、国民からは批判が殺到し、早くも炎上状態です。

 

それにしても、過去何度も頓挫しているサマータイムです。

なぜこう幾度となく導入を検討する意見が上がってくるのでしょうか。

何度頓挫しても定期的によみがえり、そしてまた頓挫する…。

何度倒れても、しつこく這い上がってくる様は、まるでゾンビみたいですよね。

そんなゾンビ法案ことサマータイムの導入は、国民生活に影響が起き、日本全体を巻き込む問題となります。

にもかかわらず導入したいのであれば、何らかのメリットがあるのでしょう。

 

サマータイム制度を導入するメリット・デメリット

サマータイム制度を導入するメリットについて、どんなことが挙げられるのでしょうか?

少し調べてみましたが…。

何と残念なことに、現在わかる限りでは、

メリットに比べデメリットが圧倒的に多すぎて、わざわざ国民全体を巻き込む必要がない

というのが率直なところです。

 

まず、サマータイムを導入するメリットの1つであり、そもそも限定的なサマータイムを導入する理由としていることに…。

オリンピック期間中の猛暑対策

という点があります。

スタートを2時間繰り上げることで、

午前7時スタート予定のマラソンが、午前5時スタートとなり、日が高くなる前にレースを終えることができる

というメリットがあるというのです。

 

ただ、よく考えてみてください。

東京というたった1地域で開催される商業イベントの中で、男女合わせてたった2日間しかないマラソンのために、

国民全体の就業時間を2時間ずらす

ということに、何のメリットがあるのでしょうか?

なぜマラソンというたった2日間のために、国民生活が6~8月を2年、合わせて6か月が犠牲にならないといけないのでしょう?

現在のオリンピックなど、もはや金にまみれた、ただの地域の商業イベントでしかないのですから、東京だけでやってほしいところ。

そもそも、ただ単にマラソンだけの競技時間をずらせばいい話なのです。

また、サマータイムを導入したとして、定時が5時の会社を例に出すと…。

終業時間が午後3時となり、かなり暑い時間帯に外に出ていかなければならないのです。

はたして、これはサマータイムのメリットと言えるのでしょうか。

お偉いさんたちは、東京オリンピックのマラソンのことしか考えていないというのがよくわかりますね。

 

また、サマータイムを導入によって、第一生命経済研究所の永浜利広首席エコノミストは、

個人消費が押し上げられ、年間7000億円の経済効果がある

と試算しているそうですが…。

就業時間を午後3時とした場合、炎天下の中で外に行こうという人は少ないでしょうし、まっすぐ家に帰って涼みたいと思うはず。

 

経済評論家の上念司さんは、

経済効果の計算はいつも非常にいい加減で、一方がプラスになっても他がマイナスになってだいたいプラマイゼロになる。

失うものは計算に入れていないはず。

暑いといろいろ消費の出足は悪い。

と、試算について指摘しています。

 

また、このほかのメリットとしては、

東京オリンピックの競技の午前開催を増やすことができる

ということも挙げていますが…。

 

これでもうお分かりかと思います。

今回のサマータイム導入は、

1地域の商業イベントのことしか考えておらず、その商業イベントのためだけに国民に犠牲になってくれ

という悪質な制度なのです。

お偉いさんの思惑としては、

マラソンの時間を早めたい…。

でも競技時間だけ早めると始発がないから、準備作業をする人やボランティアが来られない。

東京だけ時間を早めても同じだし混乱する…。

よし、ならサマータイムってことにして、一律で時間をずらしてやればいいだろ!

おおかた、このような安直な考えで思いついたのでしょう。

そんなことで日本全国を巻き込もうという、おかしな考え方をするくらいなら、まず鉄道会社などにかけあってみればいいのではないでしょうか?

既に鉄道会社は、大晦日ダイヤ、日韓ワールドカップ時の臨時列車などで実績があります。

オリンピック期間の臨時列車を頼めばいいだけの話のように思えます。

 

こうして、数少ないメリットを紹介しましたが、逆にデメリットは大量にあります。

まず、システム関連の変更に膨大なコストがかかること。

これによってエンジニアたちは、さらに作業が増え、ただでさえブラックと言われる業界が、さらにブラックな環境になってしまいます。

事実、システム面の変更が難しいというデメリットは、後述しますが過去のサマータイム頓挫の原因になっています。

とくにコストがかかると言われているのが、信号機です。

1999年におこなわれた『地球環境と夏時間を考える国民会議』の報告書では、

サマータイムにかかる費用の35%が信号機の改修

になるとされていました。

そしてシステム面の変更で問題なのは、期間限定のサマータイムなので、元の時間に戻すために、またコストが膨大にかかるということです。

これでは批判が噴出して当然ですよね。

 

そして、国民1人1人の影響としては、まず体調管理が難しくなること。

2時間のズレは、身体に与える影響は大きく、体調を崩す恐れがあります。

たとえば、日本睡眠学会は、サマータイムが睡眠に影響を与え、

人口の0.1~0.3%程度いる睡眠障害者の症状悪化、新たな発症者が現れるおそれ

を指摘、年間1000億円の損失になると試算しています。

 

もう1つ、デメリットとして重大なのが、労働時間の増加です。

とくにサマータイムによって影響を大きく受けるのは、サービス業ですね。

サマータイム導入によって客足が増えるとすれば、それだけ人手が足らなくなります。

サービス業は、普段と変わらない労働時間どころか、作業量は普段より多くなるでしょう、

また、2008年に日本労働弁護会が出したサマータイムの反論意見では、

「屋外作業者は、就労時間が延びることは確実」

「サービス業でも、需要を期待して営業時間の延長必至」

「長時間労働を余儀なくされる非正規労働者の増大」

と、ただ単に労働時間が増える、2時間の早出になるだけだと指摘。

 

AbemaPrimeのおこなった街頭インタビューでも、

「残業時間が増えるだけ」

と、労働時間が増え、ただ負担が増えるだけだと指摘していました。

 

このように、デメリットが非常に多い今回の東京オリンピックのための期間限定サマータイム。

ちなみに、過去にサマータイムは何度も導入を議論されてきましたが、

  • 残業が増えるだけで労働時間の増加になる
  • システム変更に膨大なコストがかかり悪影響になる

などの理由で各界から反発が多く、いずれも頓挫しています。

そう考えると、今回の『サマータイム』も頓挫するのではないでしょうか。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

現在、五輪組織委員会の森喜朗会長の提案を受け、政府・与党がサマータイム導入を検討しているといいます。

しかし、過去には何度も頓挫しているサマータイム。

期間限定、しかも東京という1地域の商業イベントでしかないオリンピックのために国民全体に犠牲になれ、と言われて頷く人はいないでしょう。

サマータイムを導入するには、日本という社畜大国では、あまりにも無理が多すぎます。

ネット上でも反対の意見が多く飛び交っていて、

「オリンピックなんかで国民全体を巻き込むな」

と批判炎上状態…。

もはや地域の商業イベントと化したオリンピックに、国民全体を動かせるほどの信用はないことに、日本のお偉いさんは早く気付くべきではないでしょうか?

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-時事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.