お金

ハワイなど海外旅行での支払いにカードと現金ならどっちがお得?

投稿日:

ハワイ現金ORカード

ハワイは現金?カード?

ハワイなど、海外旅行に出かけると、買い物や現地の屋台などの飲食も楽しみの一つです。

そんな時の支払いは、カードですか?

それとも現金で支払いますか?

 

今回は、海外旅行先としては一番人気のハワイを例に、賢い支払い方法を紹介します。

 

カードと現金、海外旅行の支払いはどちらが得か?!

メリット・デメリットも合わせて紹介しますので、参考にしてくださいね。

アドセンスリンクユニット

ハワイなど海外旅行での買い物はカード支払いがお得

ハワイ現金ORカード

クレジットカード

いきなりですが、海外旅行の中でも、ハワイや欧米諸国に出かけたときは

断然クレジットカードの方がお得です。

 

ここで、カード支払いのメリットとデメリットを紹介しましょう。

海外旅行中の支払いをカードにするメリット

  • 支払いに応じてカード会社のポイントがつく
  • カードの付帯サービスによっては、買い物をしたものが壊れても補償してくれる
  • カードを紛失した場合、カード会社に連絡すれば不正使用が止められる
  • カードを使って、現地通貨でキャッシングサービスを利用できる
  • キャッシングを利用した方が、現金を換金するの比べて割安なことが多い

ハワイをはじめとする欧米諸国では、ほとんどの場所でカードが使えます。

チップさえもカード払いができてしまったり、逆にカードでしか支払いができない場所まであります。

 

便利なカードでメリットもたくさんですが、デメリットもありますので、覚えておいてください。

海外旅行中の支払いをカードにするデメリット

  • お金を使いすぎてしまう
  • 紛失や盗難が心配

現金主義の日本人の中には、

『カードだとお金の使い過ぎが心配』

という人も多いのではないでしょうか?

実際、カードで買い物をすることに馴れてしまうと、お金が無限にわいてくるような感覚になることがあります。

 

そこで買いすぎを防ぐために、

クレジットカードの限度額の設定を下げる

という方法があります。

 

カード会社のカスタマーセンターに電話をして、

「限度額を下げて欲しい」

と、お願いすれば大丈夫です。

カードの限度額を上げることは難しいのですが、下げるのは簡単です。

ぜひ海外旅行に行く前にやっておいてください。

 

また、

キャッシュパスポート

という方法もあります。

日本で現金をチャージしておけば、海外でもそのまま使えます。

日本国内で利用されているnanacoやwaonと同じ仕組みになっているので便利ですよ。

 

カードの盗難や紛失も心配でしょう。

そこで、2枚以上のカードを別々の場所に保管することをおすすめします。

いつも使うカードはお財布に、予備のカードは小さなポーチなどに入れて、別の荷物と一緒に保管しておきましょう。

 

ハワイなどの海外旅行で現金で支払うのは損?

ハワイ現金ORカード

クレジットカード

ハワイなど、海外旅行で買い物をした時、現金で支払うのは本当に損になるのでしょうか?

ここで、支払いを現金にするメリットとデメリットを紹介します。

海外旅行中の支払いを現金にするメリット

  • お金の管理がしやすい
  • サインなどの面倒な手間がない
  • チップや屋台などの支払いがスムーズ

カード支払いに慣れてない日本人は、目で見て管理することに安心します。

今回の買い物の予算は全部で2000ドル!

と決めたら、それを全部現金にしてお財布に入れておきたいと思うでしょう。

お金の使い過ぎを防止し、必ず予算内にするためには、それが一番簡単な方法です。

 

カードを使うと、サインをお願いされます。

それを面倒と感じる人は、少なくないでしょう。

カードで買い物をすると、そのたびに面倒なサインをしなければなりません。

現金には、そうした煩わしさがなくて、楽ですよね。

 

ハワイの海岸沿いに出ている屋台や、道路脇で販売しているキッチンカーなどで買い物をすると、カードに対応していないこともあります。

チップなども、全てのお店がカードで完了するわけではありません。

やはり多少なりとも紙幣やコインは持っていた方が支払いはスムーズです。

海外旅行中の支払いを現金にするデメリット

  • 盗難にあったら絶対帰ってこない
  • 日本円を現地の通貨に交換する際の手数料が高い(帰りも同様の手数料が必要)

旅行者の荷物を奪う最大の目的は、現金です。

財布を落としてしまった場合も同様に、戻ってくる可能性はほとんどありません。

多額の現金が、財布にあることを見られただけで、危険が倍増します。

 

多くの旅行者は、日本を出入国するときに、空港で外貨両替をします。

その際の手数料は、アメリカドルの場合は、1ドル1円の手数料がかかります。

 

たとえば、1ドル=100円だった場合、1ドルを手に入れるために101円が必要です。

逆に、帰りに1ドルを日本円に交換すると99円になってしまいます。

往復で2円を手数料として支払う計算になるわけです。

 

国によっては、日本国内で両替するよりも現地で両替したほうが、得になることがあります。

とくに東南アジアなど、まだカード決済が普及していない国などが該当しますので、事前にチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

ハワイなど、海外旅行に行くときの支払いでベストなのは

カードをメインに使い、少額の現金を持っていく

という方法です。

 

得か損かで考えても、カードの方が得です。

安全の観点からもカードをおすすめします。

 

現金が必要な時も、カードで現地通貨のキャッシングを利用するとお得ですね。

翌月一括払いなら金利を払ったとしても、両替手数料より安く済むのが普通です。

 

カード支払いに、何となく不安を抱く人も多いでしょう。

しかし、カードを賢く利用することで、海外旅行のお土産をさらに増やすこともできますよ。

せっかくの海外旅行をお得に楽しんでくださいね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

monster.cat

ウェブコンテンツ専門のウェブライターです。 ダックス2匹、保護犬3匹と山の中に暮らしつつ、記事を書くことを日課として過ごしています。趣味は、読書・映画鑑賞・一人旅・ロングドライブです。あなたの街のカフェで、ノートパソコンを開いてカタカタ打ちこんでいるおばさんがいたら私かもしれません。 私の記事がお役に立てたら嬉しいです。

-お金

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.