雑学

沖縄の年間平均気温と最低気温を調査!服装にブーツはアリ?

投稿日:

沖縄といえば、

『暑い夏』

のイメージがありますよね。

青い海に青い空、まぶしい日差し。

海水浴にマリンレジャーが盛んな観光地です。

沖縄は、

『年間を通して暖かい』

とされていますが、本当なのでしょうか。

最近では夏以外でも沖縄を訪れる観光客も多いです。

冬の時期などでは、気温はどうなっているのか気になるところですね。

沖縄でブーツを履くことなんてあるのでしょうか?

季節によって服装など準備する物も変わってきます。

そこで今回は沖縄旅行を考える際の参考に『年間平均気温』と『最低気温』を調査していきます。

また服装などブーツを履くことがあるのかについてもお話していきましょう。

アドセンスリンクユニット

沖縄の『年間平均気温』について

沖縄・夏のイメージ

沖縄の夏

沖縄は、夏に訪れる旅先として人気です。

でも最近では一年を通して、多くの観光客が沖縄を訪れています。

年間を通して暖かいとされる沖縄ですが、『年間平均気温』から本当に暖かいのかを調べてみました。

気象庁の過去30年間のデータ(1981年~2010年)からみていきましょう。

沖縄 東京
年間平均気温 23.1℃ 15.4℃
年間平均日最高気温 25.7℃ 19.8℃
年間平均日最低気温 20.8℃ 11.6℃

分かりやすいように、沖縄と東京で比較してみました。

沖縄の『年間平均気温』は23.1℃、東京は15.4℃となっています。

沖縄と東京の『年間平均気温』の差は7℃以上もあり、東京の気候とは明らかに違うことがわかります。

 

また沖縄の『年間平均気温』をみると、

「夏には気温がとても高くなるのでは」

と思いますよね。

しかし沖縄は黒潮が流れる温暖な海に囲まれていて、海から吹く風のため夏でも猛暑日(気温が35℃以上の日)は、ほとんどないのです。

 

そして注目してもらいたいのは、『年間平均日最高気温』と『年間平均日最低気温』です。

これらの気温は

『年間平均日最高気温』:一日のうちの最高気温を年間平均したもの

『年間平均日最低気温』:一日のうちの最低気温を年間平均したもの

をあらわしています。

東京では『年間平均日最高気温』と『年間平均日最低気温』が8℃以上の気温差があり、季節によって気温の違いがあることがわかります。

対して沖縄では、気温差は4.9℃となっていますね。

(しかも20℃以上です)

この差が小さいことは、

沖縄は一年を通して気温差が少ない

ということなのです。

以上のことから、

沖縄は『年間平均気温』の23.1℃

ですから、一年を通して暖かいことがわかります。

また、

年間の気温差が少ないので沖縄は夏だけでなく季節を問わずに訪れても過ごしやすい

といえるでしょう。

 

沖縄の最低気温について

沖縄『最低気温』イメージ

沖縄の『最低気温』

一年を通して気温差が少なく、『年間平均気温』も高い沖縄。

冬の時期では、どのような気温になっているのでしょうか?

沖縄は冬でも暖かいと思っていませんか?

たしかに『年間平均日最低気温』は20.8℃ですが、冬の『最低気温』となると、また違った気温になります。

 

沖縄の『最低気温』について、気象庁の2010年~2017年ののデータからみていきましょう。

2010年:9.1℃

2011年:8.7℃

2012年:11.6℃

2013年:10.3℃

2014年:10.6℃

2015年:9.6℃

2016年:6.1℃

2017年:10.7℃

きっと想像していたよりも、気温が低いと思いませんか?

しかし沖縄の冬は、ずっと寒いわけではないです。

「沖縄でも寒い日はある」

という言い方が正しいでしょう。

冬の沖縄でも、日中は20℃前後まで気温は上がります。

沖縄の冬は、一日の中での気温差が大きい季節なのです。

暖かいと思って日中薄着でいると、夕方あたりから寒くなってきます。

沖縄の『最低気温』を2010年~2017年のデータからみると、

6.1℃~10.7℃となっていて冷え込みがきつい日もある

というわけですね。

 

沖縄の冬での服装にブーツはアリ?

沖縄の冬は、日中は暖かくて20℃前後の気温になります。

ですが、沖縄は海に囲まれているために海からの風、とくに冬の時期は北風となるので、実際の気温よりも寒く感じることが多いです。

このような日の服装は、

薄手の長そでやシャツなど

がおすすめです。

 

また風が止んでいる日などでは、暖かく(人によっては暑く)感じることもあります。

天気も良く、風がない日では、

Tシャツでも気持ち良く過ごせる

でしょう。

一方で、沖縄の冬は一日の中での気温差があります。

夕方からは冷え込んでくるので、出かける場合などはコートなどが必需品となります。

足元が寒い日であれば、

防寒対策としてブーツ

も良いでしょう。

 

もし日中でもブーツを履くことを考えるのなら、ショートブーツがおすすめです。

見た目も暑苦しくならず色んな服装に対応できますよ。

冬の沖縄ではショートブーツが、便利に使えますよ。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

沖縄は『夏』のイメージが強く、『年間を通して暖かい』とされていますね。

どのくらい暖かいのか、沖縄と東京を比べた結果

沖縄の『年間平均気温』23.1℃

東京の『年間平均気温』15.4℃

という平均気温で、『年間平均気温』の気温差は7℃以上もありました。

 

また沖縄は、東京より一年を通して気温差が少ない結果もあります。

そのため沖縄は、

季節を問わず訪れても過ごしやすい

のです。

一方で冬の沖縄での『最低気温』を調べたところ、

2010年~2017年では6.1℃~10.7℃

となっています。

「沖縄でも寒い日はある」

ということでしょう。

沖縄の冬は一日の中で気温差があり、冷え込む日もあるのです。

服装も冷え込む日では、薄手の長そでやシャツがおすすめです。

暖かい日なら、冬でもTシャツで気持ち良く過ごせるでしょう。

夕方からは気温が下がってくるので、コートなどが必需品となります。

足元は、寒い日であれば防寒対策としてブーツも良いでしょう。

色んな服装に対応でき、便利に使える

ショートブーツ

がおすすめですよ。

以上が、今回調べた結果です。

沖縄を訪れる際の参考にしてくださいね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

momijibrand

天然酵母を起こしてパンを焼く、趣味の物でフリマに出店する、楽器を習いに行く、凝り性+何ごとも面白がってやる性格です。 仕事・家事・趣味・ライティングにと充実した時間を過ごしています。 『何にでも興味を持つこと』『柔軟な考え方ができること』を心がけて雑学の記事を書いています。 「そうだったのか」と思ってもらえる様にテーマを紹介していきます。

-雑学

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.