言葉の意味・語源・由来

太平洋と大西洋とインド洋の境目とは?語源や漢字の由来も紹介!

投稿日:

chikyuu

『海は広いな、大きいな~』

ではじまる童謡『海』は、誰もが一度は聞いたことがありますね。

実際、私たちが住んでいる地球は、『海洋』と『陸地』に分けることができますが、海洋と陸地の面積の割合は

7対3

と、海洋の方が倍以上広いことを地理で学んだのは覚えていますか?

そして、その海洋は大きく

  • 太平洋
  • 大西洋
  • インド洋

の3つの大洋に分けることができます。

しかし、ここで疑問に思うのは

『大洋の境目とはどのように決めているのか』

という点ではないでしょうか?

また、この3つの大洋の語源や、漢字の由来は何なのか?といったことも気になりますね。

そこで、この記事では

  • 3つの大洋の位置
  • 3つの大洋の境目
  • 3つの大洋の語源や漢字の由来

などについて紹介していきます。

アドセンスリンクユニット

太平洋と大西洋とインド洋の位置

太平洋の位置

太平洋とは、辞書の大辞林で調べますと、

アジア・南アメリカ・北アメリカ・南極・オーストラリアの五大陸の間に広がる世界最大の海洋。

地球表面積の3分の1を占める。

と、記載されています。

大西洋の位置

大西洋も、辞書の大辞林で調べますと、

ヨーロッパ・アフリカ・南極・南アメリカ・北アメリカの五大陸に囲まれた世界第二の大洋。

地球表面積の6分の1を占める。

と、記載されています。

インド洋の位置

また、インド洋についても辞書の大辞林で調べますと、

太平洋・大西洋に次ぐ世界三大洋の一。

アジア・オーストラリア・南極・アフリカの四大陸に囲まれた海洋。

地球表面積の7分の1を占める。

と、記載されています。

 

太平洋と大西洋とインド洋の境目

太平洋と大西洋とインド洋の境目とは、どのようになっているのでしょうか?

陸地では、地図を見れば国境などの境目がすぐわかります。

しかし大洋の境目においては、

国際水路機関(International Hydrographic Organization、IHO)

によって設定されているのです。

この機関は、全世界の海図を改善することにより、航海を簡単、かつ無事に行えることを目的に1921年に設営された国際機関です。

ここで決められた海洋の境界線は、

太平洋と大西洋の境界線は、南アメリカ大陸の最南端ホーン岬から南極大陸に至る西経67度16分である。

また、

大西洋とインド洋の境界線は、アフリカ大陸の最南端アガラス岬から南極大陸に至る東経20度1分である。

そして、

インド洋と太平洋の境界線は、北はベンガル湾からアラビア海で、南はオーストラリア西部の海域である。

と、決められています。

実際に、地図で見てみると、以下のようになります。

太平洋_大西洋_インド洋

 

太平洋と大西洋とインド洋の語源や漢字の由来

太平洋の語源や漢字の由来

嵐などの天災に見舞われ、遭難する船も珍しくはなかった大航海時代。

その時代の航海中、ポルトガルの航海者であるフェルディナンド・マゼランは1521年に初めて、後に太平洋と呼ばれる海を横断しました。

その航海の際に、天災に1度も襲われることがなかったために、その大海原を、

『Mare Pacificum』

と、マゼランは命名したそうです。

これはラテン語で『平穏な海』という意味であり、英訳しますと、『Pacific Ocean』となります。

『Pacific』は、『平和な』『穏やかな』という意味です。

これを日本語に訳するときに、『太平』という漢字が当てられました。

それが『太平洋』の由来と言われていたのです。

 

しかし、最近では

この説は誤りである

という報告があります。

岩手大学名誉教授の米地文夫氏の解説によると、

そもそも太平洋にはさまざまな呼称や書き方があり、スムーズに定着したわけではない。

ということだそうです。

 

たとえば、宣教師マテオ・リッチが1602年に発行した、

『坤輿万国全図』(こんよばんこくぜんず)

では、太平洋がいくつかの区域に分けられ、さまざまな名前が付けられていました。

初めて太平洋という表現が使われたのは、イギリス人宣教師が1853年に出版した『地理全誌』に見て取れるそうです。

しかし、それには、

『大平洋』と、点が入らない表記でした。

そして、明治初期の日本では、

『大平洋』と『太平洋』

両方の表現が混在していたようです。

 

1903年に全国の学校で使用するために国が著作した『国定教科書』で、

『太平洋』と付加したこと

で、ようやく呼称が決まったという経緯があったそうです。

つまり、教科書の決まりによって『太平洋』と呼ぶようになったのですね。

大西洋の語源や漢字の由来

大西洋の由来は諸説あるようです。

ひとつは、中国語でヨーロッパのことを『泰西』と書き、この単語を日本語では『タイセイ』と読むことから、『大西洋』という名になったという説です。

 

他には、ギリシャ神話に出てくる『Atlas』(巨人アトラス)が、神に背いた罰によって、

世界の西の果てで天空を支える

という役目を命じられたそうです。

その西の果てというのは、

アフリカの北西に位置する『アトラス山脈』

であることから、『Atlantic Ocean』と名付けられたのです。

これを日本語に訳するのはできません。

そのため単に

ヨーロッパの大きな西の海

という意味から、『大西洋』という名を付けたという説です。

インド洋の語源と漢字の由来

インド洋とはインドの下に位置しているために、そのまま名付けられたそうです。

漢字では、

『印度洋』

と書きますが、もともとは当て字のため、

カタカナで表記するのが一般的

ですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

地球上の海は、国際水路機関によって、

  • 太平洋
  • 大西洋
  • インド洋

の3つの『大洋』に分けられ、境目も定められていることが分かりましたね。

ちなみにこの3つの大洋は、

地球の三大洋

と呼ばれています。

また、これらの他に、

  • ユーラシア大陸、グリーンランド、北アメリカ大陸などによって囲まれた『北極海』
  • 南極大陸のまわりを囲む『南極海』

この2つを加えると、地球の五大洋とも呼ばれています。

また、

  • 太平洋は『太』
  • 大西洋は『大』

と、語源や漢字の由来についても知ることができました。

以上、太平洋と大西洋とインド洋の境目と、語源や漢字の由来についての紹介でした。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

-言葉の意味・語源・由来

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.