時事

金魚をトイレに流して炎上の19歳女性を調査!会社(職場)はどこ?

投稿日:

夏祭りの季節がやって来ましたね。

お祭りの屋台で、子供から大人まで楽しめるゲームが

金魚すくい

ですよね。

可愛い金魚をすくうのも楽しいものですが、すくった金魚を祭り会場で持ち歩くのも嬉しいものです。

 

しかし、金魚は生き物なのでその場の雰囲気だけで、簡単に金魚すくいをしてはいけません。

家に帰って、きちんと育てられるのかをしっかりと判断した上で、金魚すくいをやるかどうかを決めるべきなんです。

というのも、無計画で金魚すくいをした女性に、すくわれた金魚があろうことか、

トイレに流される

という悲劇が起こりました。

今回は、金魚をトイレに流して炎上してしまった19歳女性を調査し、会社(職場)はどこなのかを調べていきます。

金魚をトイレに流して炎上の19歳女性を調査!

2018年7月26日に、ツイッターにアップされた動画が驚くべき内容でした。

ツイートしたのは、2018年当時19歳だった女性。

現在は20歳になっていますが、本記事では19歳の女性と書きます。

この19歳の女性(2018年当時)

が投稿した動画は、20秒強

金魚

動画には、洋式便器に溜まった水の中で

黒い金魚が2匹、赤い金魚が1匹

泳いでいる様子が映し出されていました。

なんと、あろうことか19歳女性がトイレのレバーを引き、水を流すと3匹の金魚は流れていってしまいます。

その後、赤い金魚だけが戻ってきたところで動画が終わっています。

 

衝撃的な動画で、とてもショッキングでした。

さらに驚くのは、この19歳女性が、この動画をアップする際につけているコメントの内容のひどさです。

金魚すくいですくってきた金魚トイレで飼ってあげようと思った。

とありますが、そもそも金魚を水槽で飼う考えがなかったのでしょうか?

トイレで金魚を飼えるとは、とても思えません。

金魚を飼っている間、トイレを使用しないつもりだったのでしょうか?

全く持って理解できない話です。

さらに彼女は、トイレで金魚を飼うことをやめて、

自然に帰してあげることにした。

としています。

 

祭りの屋台ですくってきた金魚を、自然界に帰して生きていけるはずがありません。

 

もともと自然にいない生物を、自然界に放つことで、生態系が崩れることも問題視されるところでしょう。

仮に、川に金魚を放ったとしても、生態系を崩すような生き物ではありませんが、あっという間に違う魚に食べられてしまい、金魚が生きることは不可能でしょう。

 

そして彼女は、

下水道通る時は、ちょっと臭いかもしれないけど強く生きるんだよ。

という言葉で締めくくっています。

下水道を通る時は、『ちょっと臭い』という問題では済まないですよね。

下水道を通った汚水は、下水処理場などを通過して、キレイな水となって川に排出されていきます。

その過程で、金魚は流水の強さで死んでしまったり、汚水で酸欠になったり、スクリューに巻き込まれてしまうでしょう。

トイレに金魚を流しても、生きたまま流れていくと、本当に思っていたのでしょうか?

 

しかも、この動画は、

大阪市内のJR天満駅のトイレで撮影されたもの

ということで、彼女の自宅トイレでありませんでした。

自宅トイレで飼おうと思っていたわけではないようです。

 

そして大阪市内のトイレとありますが、この女性は

名古屋出身

だということです。

 

19歳女性が、なぜこのような酷い行為をしたのでしょう?

彼女の言い分を聞いてみると、

トイレは池に直結している

と聞いたから、トイレに流して自然の池に帰したということなのだそう。

もし本当に、この言葉の通りに、池に下水が”直結”していたら、池は大変なことになってしまいます。

 

ネットでは、この19歳女性には、きちんとした

下水道の知識がなかっただけ

だという意見もありました。

しかし、はたしてそれだけでしょうか?

 

水槽で飼う考えがなかったこと、トイレで飼おうという意識だったこと

にも問題はあると思います。

彼女は、

金魚は生命力が強く、トイレで流したぐらいでは死なない

と考えていて、

 すぐ死ぬ運命にある金魚すくいの金魚を一刻も早く救って池に帰しただけ

と主張しています。

本当に、こうした考えだったとしたならば、

なぜ金魚すくいをしたのか

疑問しかありません。

飼うつもりがないのであれば、

無責任

に金魚すくいをしてほしくはありません。

”金魚だから”

こうした扱いをしたのでしょうか。

 

実際に、金魚などの魚類については、

『動物愛護法第44条違反(動物虐待)』の罪には問えない

となっています。

しかし、金魚ならば、こうした扱いをしても良いことにはならず、これは明らかに虐待で許される行為ではありません。

 

実は、彼女は次のようなコメントもしています。

暑い中、金魚を持ち歩いていてもしぬだけだからなぁ というのが本音。

こうなると、なおさら、

なぜ金魚すくいをしたのか?

ということになりますね。

 

彼女は、

もう二度とトイレには流さないし一応反省はしています。

ともコメントしています。

 

『金魚をトイレに流す動画を撮影し、ツイッターにアップする』

という感覚は本当に恐ろしいなと思いました。

中には、この行為を大したことではない、と考える人もいるようです。

実際に生きていない金魚をトイレに流す人も多いようですね。

 

ちなみに、以前イギリスの下水道では、ピラニアが発見されて騒ぎとなったそうです。

ピラニアは、アマゾンの肉食魚であり、川に流された場合は、生態系に大きな悪影響を与えかねません。

しかしこのピラニアは、発見されたときは既に生きていませんでした。

そのため、

ピラニアをペットとして飼っていて、亡くなったからトイレに流したのでは?

と考えられていたそうです。

魚だから、水を連想してトイレに流してしまうのか…。

はっきりとした経緯はわかりませんが、きちんと埋葬するなりして供養してあげてほしいですね。

やはりトイレに流すのは、汚物とトイレットペーパーのみにしなくてはなりません。

今後は、トイレに生き物が流されるようなことがないことを願うばかりです。

 

金魚をトイレに流した19歳女性の会社(職場)はどこ?

19歳女性は、金魚をトイレに流した件で

会社をクビになった

とのこと。

会社までクビになるとは、驚きですよね。

 

なんと、彼女は自身のツイッターだけでなく

職場のサイト上でも金魚をトイレに流す動画をアップしていた

というのです。

その後、勤務していた店にも

クレームが殺到して、解雇された

ということなのだそう。

 

ネットでも

金魚が生きてられる訳ないだろ。

こういうのは本当に許せない。

動物虐待で訴えたいレベル。

謝罪してください。

と、彼女の行動に怒りをあらわにするコメントが多くありました。

おそらくは、このようなコメントが、彼女の職場にも寄せられたのでしょう。

 

この19歳女性の職場というのが、

風○店

ということでした。

 

それにしても、なぜ勤務先のサイトにも、この動画をアップしたのでしょうか。

彼女にとってプラスになることは、何もないので不思議です。

 

彼女は自身のツイッターで、自身の個人情報や家族の個人情報、これまでにあったことなど事細かにツイートしており、過激な発言も目立ちます。

金魚の件についてもツイートしており

大炎上

しました。

しかし、いくら炎上してもツイッターアカウントを削除せず、しばらくは投稿を続けていた彼女。

とても強い精神力があることは間違いないでしょう。

 

ですが、ツイッターのほうから

アカウントを凍結

させられたようで、現在はツイッターをしていません。

20歳になった彼女は、現在インスタグラムをしているようですが、説明欄に

魚を水に流したら、名古屋の水業界から流されたあいつです。

などと書いてあり、どうやら全く反省していない様子...。

 

金魚をトイレに流すことについては、2019年6月に

アメリカ・ニューヨーク州で水系の維持や保護をしている団体『バッファロー・ナイアガラ・ウォーターキーパー』

がFacebookで注意喚起していました。

なんでも

約36㎝の巨大金魚がナイアガラ川(アメリカとカナダの国境をなす河川)

で見つかったというのです。

金魚は自然界に天敵がいないため

在来魚の生息地を破壊

してしまうそうなのです。

豪雨などで、下水管に大量の水が流れ込んだ場合は、水が溢れ出さないように川や湖に流すことがあるといい、そうしたことから下水管にいた金魚が川や池に流れ込んでくるのです。

東京都水道局の担当者によると、汚水と雨水を同じ管で流す『合流式下水道』を採用しているところでは、大雨が降った時には、水を河川に流す場合があるそうです。

そのようなことから、日本でも、このような可能性がゼロではないでしょう。

金魚の命、川や池に住む生き物を守るためにも、トイレに金魚を流すことは絶対にしてはいけません。

スポンサーリンク

まとめ

金魚をトイレに流して炎上した19歳女性(2018年当時)は、

名古屋出身。

自身のツイッターと、勤務先の店のサイト上に

金魚をトイレに流す動画をアップ

して大炎上しました。

 

19歳女性(2018年当時)の勤務先は、いわゆる

風○店

だったということ。

 

2019年に20歳になった女性のツイッターは現在アカウントを凍結されていますが、インスタグラムは継続しているようです。

トイレに金魚を流すことについては、

アメリカ・ニューヨーク州で水系の維持や保護をしている団体

が注意喚起するほど深刻な問題になっています。

今後、トイレに生き物などを流す人が出てこないことを祈るばかりです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

jasm1ne

好きなもの:ピクニック。BBQ。スタバ。 ある日の休日の過ごし方:大好きな唐揚げのNo.1を決めるべく、唐揚げの旅に出る。(順位は時期によって変動) 何か気になること、欲しいものがあればすぐにネットで調べます。 ネットの情報は全てが正しいわけではないので、正しい情報・タメになる情報を取捨選択して書いていきます。

-時事

Copyright© My News23 , 2019 All Rights Reserved.