食べ物

カツオとマグロの違いとは?刺し身の味や見た目の見分け方を紹介

投稿日:

スーパーの魚コーナーで、お刺身を物色していて、品名に『刺身盛り合わせ』としか書いてないパックに赤身が入ってたとき、迷いませんか?

「これはカツオかな?それともマグロかな?」

―――って。

これが単品のパックなら、必ずしっかりと商品名のところにマグロとかカツオとか書いてあります。

ですが、盛り合わせの場合、『刺身盛り合わせ』としか書いてないことが多いんですよね。

だったら鮮魚コーナーの奥にいる店員さんに声をかけて聞けばいいんですが、

「カツオとマグロの区別もつかないのか」と思われたら、恥ずかしい!!!

―――そう思ってプロに聞けずにいる人、意外といるのでは?

本記事ではそんな、カツオとマグロの違い、刺し身の味や見た目の見分け方を紹介したいと思います。

アドセンス

スポンサーリンク

カツオとマグロの見た目の違いは?

マグロとカツオの刺身

マグロとカツオの刺身

ではまずは、カツオとマグロの刺身の見た目の違いに入るより前に、魚としての見た目の違いについてみていきましょう。

カツオ

分類

スズキ目サバ科カツオ属。

分布

世界中の暖流に広く分布。

日本では太平洋沿いに生息、春に黒潮に乗って九州から北上し、秋に三陸海岸沖で黒潮とぶつかってUターンします。

大きさ

カツオは最大で1mまで成長します。

しかし、通常漁獲されるサイズは、体長40~60cmくらいです。

魚体の特徴

マグロに比べ、細長スリム。

背側が濃い青色、腹面が光彩を帯びた白銀色。

頭から尾に向けて伸びる縦縞が特徴です。

マグロ

実は、ひとくくりにマグロと言っても、日本で流通しているマグロには、5種類も種類があります

  • クロマグロ(本マグロ)
  • ミナミマグロ(インドマグロ)
  • メバチマグロ
  • キハダマグロ
  • ビンナガマグロ

それぞれ生息地も大きさも味も違いますが、今回はカツオとの違いということで、代表して

クロマグロ(本マグロ)

に焦点を当ててみたいと思います。

分類

スズキ目サバ科マグロ属。

分布

大西洋、地中海、日本近海に分布。

大きさ

全長3mほど、最大で4mほどに成長します。

魚体の特徴

カツオに比べ、太いシルエット。

背側が濃紺、腹面が白灰色。

というわけで、カツオとマグロはどちらも同じスズキ目サバ科の魚。

背が青、腹が白のボディではありますが、大きな違いは2つ。

  • カツオには腹に頭から尾に向けて伸びる縦縞がある。
  • カツオは大きくても1m程度。マグロは全長3~5mにもなる。

これが一番、わかりやすいマグロとカツオの魚体としての見た目の違いとして挙げられます。

 

カツオとマグロの旬や味の違い、食べ方の違い

次にその旬や味、食べ方についてそれぞれまとめてみました。

カツオ

旬は1年に二回。

初夏のカツオを『初鰹』、初秋のカツオを『戻り鰹』と呼んでいます。

初鰹はさっぱりとしていて、戻り鰹は脂がのった濃厚な味です。

食べ方

熱を通すとパサついた食感になってしまうため、

  • 刺身
  • たたき
  • カルパッチョ

など、生に近い状態で食べ方をすることが多いです。

マグロ

旬は12~2月にかけての冬です。

しかし、冷凍技術の発達により、通年通して旬のおいしいマグロが出回っています。

部位により、赤身、中トロ、大トロなど名前が付けられていて、それぞれ味が異なります。

大トロは脂がのっていて、とろけるような柔らかさと甘さ。

中トロは大トロより少なく赤身より多い脂のバランスに人気の高い部位です。

赤身は脂が少なくクセも少ないので魚が苦手な方でも食べやすい部位です。

食べ方

トロは、

  • 刺身
  • 握り

に使われます。

赤身は、

  • 刺身
  • 握り
  • づけ
  • 煮つけ
  • 焼きもの
  • 缶詰

など幅広く使われています。

 

カツオとマグロの刺し身の見分け方を紹介

ではいよいよ、刺身になった時、マグロとカツオを見分ける方法です。

刺身になった時、カツオとマグロを見分けるポイントは3つあります。

まず、お値段。

カツオのほうがマグロより絶対的に安いです。

本物のマグロなら、かならずそれなりのお値段がします。

だから、スーパーのお刺身コーナーで『刺身盛り合わせ』としか書いてないパックに赤身が入っていて激安だったら、その赤身はおそらくカツオです。

そう思って間違いないでしょう。

次に見た目の違いです。

カツオの刺身は、マグロの赤身と比べ、色がやや赤黒いめ。

サクだと皮の黒いあとが少し残ってることが多いです。

とは言え、マグロの赤身と比べ赤黒いというのは、お店で刺身になって出てくるようなカツオの話です。

新鮮な時にはカツオも綺麗な赤色をしています。

マグロの刺身は、部位やマグロの種類によって色はさまざまですが、通常、サクに皮はついていません。

最後は、調理法(薬味)。

切り身(もしくはサク)の状態で、たたきになっていたら、まず、マグロではなくカツオだと判断して間違いありません。

カツオにはクセのないマグロと違い、独特の青臭さがあります。

だから食べる時にはたたきにしてポン酢をつけたり、生で食べるときにはショウガやニンニクを添えたりして生臭さを抜いてやる必要があります。

というわけで、切り身でパックについている薬味がワサビではなくショウガだったらカツオだと思ってください。

わさびがついていたらマグロ、ショウガがついていたらカツオ、両方ついていたら両方が入っている。

そう判断していいと思います。

これはスーパーだけでなく、お店で刺身の盛り合わせが出てきたときにも判断材料として使えます。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、カツオとマグロの違い、刺し身の味や見た目の見分け方を紹介しました。

総括として一番わかりやすく確実な見分け方は、やはり一番最後の薬味かと思います。

“一緒についている薬味が、ショウガだったらカツオ、ワサビだったらマグロ。”

これで今日からスーパーで『刺身盛り合わせパック』を前に、赤身がマグロなのかカツオなのか悩む必要がなくなりました!

とはいっても、これは大きなスーパーでの話。

田舎の小さな魚屋さんでは、刺身の盛り合わせパックに薬味なんて、入ってないかもしれません。

その時にはやはり、迷ったら恥かしがらずに素直に、店員さんに、

「これはどっちですか?」

って聞いてみてください。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-食べ物

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.