雑学

上沼恵美子の夫源病とは?読み方や症状・原因から治し方まで!

投稿日:

タレントの上沼恵美子さんは、結婚から41年が経っていますが、なんと現在別居中なのだそうです。

そして、別居することになった原因というのが…。

上沼恵美子さんが"夫源病"と診断されたこと

にありました。

結婚に縁がない人だと、なかなか知らない夫源病。

一体どんな症状なのでしょうか?

当記事では、夫源病という病気について、症状や原因、治療方法といった内容を紹介します。

アドセンス

スポンサーリンク

上沼恵美子もかかった夫源病とは?

タレントの上沼恵美子さんは、現在夫と別居中なのだそうです。

歯に衣着せぬ物言いの『西の女帝』な上沼恵美子さんですが、家庭では夫に尽くしてきたようで…。

夫の定年退職後は、夫婦関係が悪化…。

家事はまかせっきりの夫は、上沼恵美子さんの体調が悪くても、ご飯の心配しかせず、どんどん彼女にストレスが溜まっていきます。

そして2013年8月には自律神経失調症を患い、2014年2月にはウイルス性の急性肝炎で緊急入院までしました。

めまいなども慢性的に発生するようになり、上沼恵美子さんがカウンセリングを受けると、そこで診断されたのが…。

夫源病

だったのです。

読み方は『ふげんびょう』と読み、正式な名称ではありません。

循環器専門医の石蔵文信教授が、更年期障害の患者を診察していくうえで、この症状に気づき、名付けました。

そして、この夫源病が原因となって、上沼恵美子さんは夫と完全別居に踏み切ったのです。

西の女帝・上沼恵美子さんもかかったという夫源病、一体どんな病気なのでしょうか?

 

夫源病の症状を紹介

夫源病とは、どんな症状が起こるのでしょうか?

症状自体は更年期障害と似ていて、

  • 頭痛
  • 胃痛
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 動悸
  • のぼせ
  • イライラ
  • 不眠
  • 気分の落ち込み
  • うつ

といった症状が起きます。

また、症状としては、夫の言動によって症状が重くなったり、夫が出張などで、しばらく不在だと症状が軽くなったりする特徴もあります。

これが、夫源病の呼ばれる所以ですね。

 

夫源病の原因をチェック

夫源病は、何が原因で起こるのでしょうか?

ずばり、読んで字のごとく…

夫が原因で発生する病気

です。

夫を源にした病…。

というだけあって、夫が原因なんですね。

夫の言動などが強いストレスとなって妻に襲いかかり、妻の自律神経やホルモンバランスなどが乱れ、先述のような症状が起こってしまうのです。

とくに夫源病は50代以上の女性に発症しやすく、

夫が定年退職した後、一日中、夫によるストレスを感じやすくなるからだ

と言われています。

夫源病を引き起こしやすい夫の特徴というのもあります。

その特徴は、以下のような夫です。

妻が夫源病になる夫の特徴

  • 人前では愛想がいいが、家ではプライドが高い
  • 上から目線で話をしてくる
  • 家事は全くせず、妻がするものだと思っている
  • 妻や子どもを養ってきたというプライドが高い
  • 「ありがとう」「ごめんなさい」などをほとんど言わない
  • 妻の予定や行動をよくチェックする
  • 妻が1人で外出するのを嫌がる

このような、いわゆる亭主関白タイプというのでしょうか。

このようなタイプの夫がいる女性は注意が必要です。

夫がリタイアする前は、朝と夜くらいしか家にいないため、それほどストレスを感じないかもしれません。

しかし、定年後のこういったタイプの夫は1日中家にいます。

(たまに、昔気質な男性でも悠々自適に遊びに出かけまくる人もいますが…)

それでいて、

「昼飯はまだか」

とか、自分は何もせずにゴロゴロしている夫がいると、結構なストレスを感じてしまうのです。

先ほど、定年後の夫婦に多い病気だと述べましたが、最近では30~40代の女性でも、夫源病を発症する人数が増えています。

好きな相手であっても、ストレスを感じてしまうことがあって、上沼恵美子さんであれば、夫源病に悩まされていながらも、夫のことを愛していて、

旦那への非難があれば、とどことなく庇ってしまう

のだとか…。

全国の夫のみなさんは、夫源病をしっかり認識し、定年後は2人で一緒に家事をするなど、妻への気配りもしてあげてください。

 

それにしても、夫源病は『夫が存在していること』が原因だなんて、何とも悲しい話ですね。

夫に人権はないのか、などと思ってしまうかもしれません。

ちなみに、夫源病というものがあるからには、当然ながら、その逆も存在します。

それが、『妻源病』です。

妻源病は、『さいげんびょう』と読み、妻の存在が原因で起こる病気です。

気の強い妻がいる恐妻家の夫などに起きやすい症状で、夫源病の妻版ですね。

夫だけでなく、妻も言動には気を配るようにしてくださいね。

 

夫源病の治し方はある?

夫源病になってしまったら、どうしたらいいのでしょうか?

真っ先に考えられるのは離婚や別居ですが、いきなりその手段に踏み切るのは、あまりいい策とは言えません。

どちらかというと最終手段なので、一旦、離婚や別居という方法は置いておきましょう。

夫源病の治し方1 口喧嘩

夫源病の名付け親である石蔵文信教授がおすすめしている、1つ目の夫源病の治し方…。

それは口喧嘩をすることです。

夫の存在で苦しんでいるのに、口喧嘩などしたら逆効果ではないか?

と思うかもしれませんが、実は口喧嘩には効果があります。

日頃から自分の思いを、はっきり伝えて口喧嘩ができる夫婦は、そもそも夫源病にならないのだとか。

口喧嘩というのは、ちょっとやりすぎかもしれませんが、要するに、

『言っても無駄だから』とため込むのではなく、夫に対して自分の気持ちをぶつけるべき

というわけです。

お互いの不満をぶつけあうことで、それが離婚につながったりもしますが、逆にお互いの思いを知ることで、妻と夫の立場の違いなどを認識することもできます。

夫が妻の意見を理解してくれることで、夫源病も和らいでいくかもしれません。

夫源病の治し方2 プチ家出をする

自分の気持ちを伝えたり、口喧嘩をしても夫が改心しなかった場合、

3~4日、家を空けるプチ家出をする

という方法を、石蔵文信教授はおすすめしています。

家出をして夫と距離を置くことで、妻は少し症状が和らぎます。

夫は妻がいないことで、改めて妻のありがたさが身に染みるでしょう。

夫にも妻にもそれぞれの生活ペースというものがあるので、お互いが生活のペースを理解していくことが重要ですね。

妻が家出をすれば、嫌でも夫は妻の生活ペースを知ることとなります。

これを機に改心してくれる夫は、少なからずいるはずです。

その後、話し合いをして、夫も家事に参加するなどの生活の見直しを図っていきましょう!

夫源病の治し方3 別居や離婚

上記のような方法でも、一向に夫の意識改革が進まなかった場合は、もう別居や離婚を考えるしかないでしょう。

シルバー世代での離婚は先行きが見えず、不安なことも多いので、できれば離婚しない方法がおすすめですが…。

経済的に自立できる方法も用意しておかなければなりません。

離婚を回避するために、神経内科などに行って相談したり、セラピーやカウンセラーの元へ頼るのもいいかもしれないですね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

夫源病という病気について紹介しました。

『西の女帝』と言われたあの上沼恵美子さんでさえもかかってしまった夫源病。

夫に対するストレスとなって、更年期障害に近い症状が起きる厄介な病気です。

多くは50代以上の女性が発症していて、いわゆる

『男は仕事、女は家事』

という昔の風潮が強い夫婦ほどなりやすいです。

最近は共働きの夫婦が増えてきたので、それぞれの生活ペースを保ちながら暮らすことについては大丈夫だと思いますが…。

夫婦の皆さんは、一度夫源病というものを、しっかり認識しておいた方がいいと思いますよ!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-雑学

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.