害虫

ゴキブリの赤ちゃんや幼虫の特徴とは?飛ぶことや大きさを調査!

投稿日:

部屋の中を歩いていく、小さな虫…。

「何の虫だろう?」

って思いますよね。

それ、ひょっとしたらゴキブリの赤ちゃんかもしれません。

 

でも、

「部屋の中を歩いている虫がゴキブリの幼虫なのかどうか、どう見分ければいいんだろう?」

って思いますよね。

そんなわけで今回は、ゴキブリの赤ちゃんや幼虫の特徴、大きさや飛ぶことなどについて調べました。

ゴキブリにはたくさんの種類がいます。

その中でも日本の一般家庭にいることが多いのは、

『クロゴキブリ』

『チャバネゴキブリ』

です。

ここでは、この2種類のゴキブリの赤ちゃんや幼虫について、取り上げていきます。

アドセンス

スポンサーリンク

ゴキブリの赤ちゃんや幼虫の特徴は?

ゴキブリの赤ちゃんがいた!

ゴキブリがいた!

ざっくり言うと、

『ゴキブリより小さいけど、もし背中に羽があったらゴキブリそっくり』

という虫がいたら、ゴキブリの赤ちゃんや幼虫である可能性があります。

 

ゴキブリの赤ちゃんや幼虫には

  • 生まれたては、体が真っ白
  • ゴキブリっぽい形をしているが、羽が小さいか、一見ないように見える
  • クロゴキブリの赤ちゃんは、黒地に白い縞がある
  • チャバネゴキブリの赤ちゃんは、黒地に黄色のまだらな模様がある
  • ただし、成長につれて色が変わる
  • 集団で行動している

といった特徴があります。

ゴキブリの赤ちゃんも『ゴキブリらしい』姿をしている

ゴキブリの赤ちゃんや幼虫は、すでにゴキブリっぽい形をしています

蝶のように、幼虫と成虫とで形がぜんぜん違う、というわけではないのです。

ただし、羽が発達していないので、背中が羽でおおわれていません。

『羽のないゴキブリ』

という感じの小さい虫がいたら、ゴキブリの赤ちゃんや幼虫である可能性がです。

生まれたばかりのゴキブリの赤ちゃんは真っ白

クロゴキブリもチャバネゴキブリも、

生まれたての時は白い体

をしています。

真っ白な赤ちゃんゴキブリは、

時間がたつと次第に色が付き、その後脱皮を繰り返しながら、だんだん色が変わって黒や茶色になっていきます

そしてゴキブリの赤ちゃんは、

1つの卵鞘(らんしょう)から20~50匹くらい

生まれます。

真っ白な状態で見かけた時は、すぐ近くに兄弟ゴキブリがいることも多いです。

注意して、周りもよく確かめてみてくださいね。

クロゴキブリの赤ちゃんの特徴は?

ここから先には、ゴキブリの幼虫の画像も出てきます。

画像の数は最小限に抑えましたが、苦手な人は心づもりをして読んでくださいね。

 

まず、これがクロゴキブリの赤ちゃんの写真です。

クロゴキブリの1齢の幼虫

クロゴキブリの1齢の幼虫

クロゴキブリの赤ちゃんには、このように黒地に白い縞模様があるのが特徴

この後、成長の途中で色が一度茶色くなりますが、さらに成長していくと再び黒くなっていきます

茶色くても、少し成長したクロゴキブリの幼虫である可能性もあるので、気を付けてくださいね。

チャバネゴキブリの赤ちゃんと幼虫の特徴

次に、チャバネゴキブリです。

チャバネゴキブリ幼虫

チャバネゴキブリ幼虫

これは少し成長したチャバネゴキブリの幼虫ですが、このように背中に色の違う部分があります。

もう少し小さい時は、茶色地に黄色の、はっきりした、まだら模様があるのが特徴です。

成長するにつれて、体全体が茶色になっていきます。

ゴキブリの幼虫は集団で行動する

成虫のゴキブリを見かける時は、だいたい1匹で行動している時が多いのではないでしょうか。

でも幼虫の場合は、何回か脱皮するまでは集団で行動することが多いです。

もし1匹見かけたら、近くに同じような虫がいないか、よく見てみてください。

 

ただし、成長するにしたがって、単独行動になっていきます

1匹でいたとしても、ゴキブリの幼虫である可能性はあるので、安心しないでくださいね。

 

ゴキブリの赤ちゃんの大きさは?

まずクロゴキブリの場合、赤ちゃんの大きさは小さくても4ミリくらいです。

そこからだんだん大きくなり、成虫になると3センチほどの大きさになります。

 

一方、チャバネゴキブリの赤ちゃんは、3ミリくらいです。

成虫になっても1.5センチほど。

クロゴキブリの半分くらいの大きさです。

 

どちらも赤ちゃんの時は、ゴミだと思ってしまっても無理はないくらい小さいです。

でも、

「ゴミっぽいけどなんか動いてる?」

と思った時は、よく観察してみてください。

 

ゴキブリの幼虫も飛ぶ?

クロゴキブリの幼虫は飛ぶ?

幼虫のクロゴキブリは、まだ羽が発達していないので、飛べません

先ほどのクロゴキブリの赤ちゃんの写真を見ると、羽がないかと思うほど、目立たないですよね。

クロゴキブリは、成虫になるまで1年くらいかかります。

その過程の中で、少しずつ羽も発達していきます。

なので、赤ちゃんや幼虫のうちは、飛ぶことはありません

チャバネゴキブリは幼虫も成虫も飛ばない

ゴキブリというと、いざとなると飛ぶイメージが強いですね。

でも実は、チャバネゴキブリは、幼虫の時も成虫になってからも、飛びません

なぜなら、羽が退化してしまっているからです。

『飛ばない』と聞くと、ちょっとほっとしますね。

でも、チャバネゴキブリは、クロゴキブリより成長も早く、繁殖力も強いです。

くれぐれも、油断しないでくださいね。

ゴキブリの幼虫は飛ばないばかりか動きも遅い

よく見るゴキブリって、すごく動きが速いですよね。

でもそれは、成虫の話。

実はゴキブリの幼虫は、動きが遅いのです

ということは、スプレーや洗剤などもかけやすいので、チャンスです!

大きくなる前に、できるだけ退治してしまいましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

ゴキブリの赤ちゃんや、幼虫の特徴についてまとめると、

  • 生まれた時は白い
  • 小さくても、ゴキブリらしい形をしている
  • 黒地に白い縞があるのが、クロゴキブリの赤ちゃん
  • 黒地に黄色いまだらがあるのが、チャバネゴキブリの赤ちゃん
  • クロゴキブリの赤ちゃんの大きさは、4ミリくらい
  • チャバネゴキブリの赤ちゃんの大きさは、3ミリくらい
  • どちらのゴキブリも、ある程度大きくなるまでは、集団で行動する
  • 幼虫は羽が発達していないので、飛ばない
  • 成虫に比べて、動きは遅い
  • 脱皮しながら大きくなる中で、色が変わることがあるが、『ゴキブリらしさ』はある

といったことが特徴です。

 

もし部屋の中を

『なんだか気になる虫』

が歩いていたら、こうした特徴がないかどうか、思い出してみてください。

そして、もし

「どうやらゴキブリらしい」

となったら、駆除に取り掛かりましょう。

ゴキブリの幼虫がいるということは、

『親もいる』

ということです。

油断していると、あっという間に増えてしまうので、できるだけ早く駆除してくださいね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Metasequoia

猫と楽器演奏が大好きな、好奇心旺盛なおばちゃんです。音楽や文章を含め、手を動かすこと、何かを作ることが好きで、最近はソーイングや木工なども。生活や人の心、健康のこと、自然や世の中のことなど、いろいろなことに興味があります。モットーは『ひとまずやってみる』、好きな言葉は『なるようになる』。記事も、楽しんで書いていこうと思います。

-害虫

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.