言葉の意味・語源・由来

台風とサイクロンとハリケーンの違いとは?強さや風速をチェック

投稿日:

shizensaigai_typhoon

日本では毎年のように台風のニュースが報じられます。

近年は異常気象のせいか、台風が梅雨前に発生したり、秋でも発生したりなど、昔と比べて多く上陸している印象もありますね。

ところで日本では、『台風』と呼んでいる気象現象は、実は世界各地でも発生しています。

しかし、ニュースでは、それを台風とは呼ばずに

『サイクロン』

『ハリケーン』

など、統一された呼び方ではないことは、みなさん知っていますか?

 

そこで問題になるのは

  • 台風
  • サイクロン
  • ハリケーン

3つの違いは何なのか?』

という点ではないでしょうか。

そこで、この記事では

  • 『台風』『サイクロン』『ハリケーン』の定義
  • それぞれの強さや風速
  • それぞれの命名法

などについて紹介したいと思います。

アドセンス

スポンサーリンク

台風の定義

台風とは、熱帯地方の海上で発生する低気圧の中で

北西太平洋(赤道より北で東経180度より西の領域)または南シナ海に存在し、低気圧域内の最大風速が10分間平均で秒速約17メートル以上のもの

と、気象庁によって定義されています。

また、熱帯地域や亜熱帯の海で発生した低気圧は

『熱帯低気圧』

と呼ばれています。

 

台風とは、熱帯低気圧が発達したものであり、この2つの違いは

平均最大風速が秒速約17メートルを超えているか

という点になるわけです。

台風の強さや風速

気象予報士やアナウンサーが台風の大きさや強さを表すときに

「大型で強い台風○○号は・・・」

という感じで視聴者に伝えています。

この台風の規模にも、ちゃんとした定義があるのです。

気象庁は、台風のおおよその威力を示す目安を以下のように表現しています。

風速が秒速15メートルの強風域の半径が

  • 500~800キロメートルのものを『大型』
  • 800キロメートル以上を『超大型』

また、

10分間の平均最大風速が

  • 秒速32.7~43.7メートルのものを『強い』
  • 秒速43.7~54.0メートルのものを『非常に強い』
  • 秒速54.0メートル以上のものを『猛烈な』

と表現しているのです。

ちなみに、以前は

『小型』や『弱い』

といった定義もありました。

しかし、

『小型で弱い台風』

という表現では、

被害が少ないと思われて危機感が薄れる

という理由から、2000年に撤廃されています。

 

その他に、台風が北上することで

「台風○○号は温帯低気圧へと変わりました」

というのも、よく耳にしていると思います。

この温帯低気圧は、日本のような温帯地方で発生する低気圧です。

日本列島は南北に長いため、南の沖縄と北の北海道では気温は大きく異なります。

そこで気象庁では、

南の暖かい空気と、北の冷たい空気が混ざり合おうとしたときに生まれる空気の渦を『温帯低気圧』

と定義しています。

台風の命名法

気象庁では

毎年1月1日以後、最も早く発生した台風を第1号とし、以降発生した台風順に第2号、第3号と名前を付ける

という決まりになっています。

日本人にとっては数字の方が馴染み深いと思われますね。

ですが、

2000年に、北西太平洋または南シナ海で発生する台風防災に関する各国の政府間組織である『台風委員会』(日本、中国、韓国やタイなど14か国が加盟)

の取り決めによって、北西太平洋または南シナ海の領域で発生する台風には

同領域内で用いられている固有の名前(加盟国などが提案した名前)を付けること

になったのです。

この名前の付け方は気象庁により

あらかじめ用意された140個の名前を順に付けていき、その後一周すると、再び1番目の名前が付けられる

というシステムになっています。

この名前は、なかなか変わったものがあり

『プリン』

『イチジク』

といった食べ物から

『タヌキ』

『ナマズ』

といった動物まで、さまざまな種類が用意されています。

ちなみに日本では

『てんびん座』

『かんむり座』

といった星座の名前を命名しているようですよ。

 

サイクロンの定義

次に、サイクロンとは

最大風速が秒速約17メートル以上になった熱帯低気圧で、存在する地域がベンガル湾やアラビア海、北インド洋のもの

と、気象庁により定義されています。

サイクロンの強さや風速

サイクロンの強さは、1分間の最大風速をもとに、インド気象局が5段階のカテゴリーに分類しています。

  • カテゴリー1:秒速33~42メートル
  • カテゴリー2:秒速43~49メートル
  • カテゴリー3:秒速50~58メートル
  • カテゴリー4:秒速59~69メートル
  • カテゴリー5:秒速70メートル以上

このような分け方は、

シンプソンスケール

と呼ばれています。

カテゴリーの数値が大きくなれば威力が増すこと

がわかりますね。

 

また、カテゴリーに属さない

  • 秒速17~24メートルの熱帯低気圧をトロピカルストーム
  • 秒速25~32メートルの熱帯低気圧をシビアトロピカルストーム

と呼びます。

サイクロンの命名法

サイクロンの命名は、あらかじめ用意してあるリストからつけています。

そのサイクロンの名前のリストは、オーストラリア気象局で確認ができるようになっているのです。

このリストは、男女交互の名前が付けられているのが特徴であり、総数は、頭文字がAからZまでの104個の名前があります。

 

ハリケーンの定義

そして、ハリケーンも

最大風速が秒速約33メートル以上になった熱帯低気圧で、存在する地域が北大西洋や北太平洋東部などにあるもの

と、気象庁により定義されています。

ハリケーンの強さや風速

ハリケーンの強さも、

5段階のカテゴリー

に分けられていて、その分類はサイクロンと同じとなっています。

ハリケーンの命名法

ハリケーンの命名は、発生した地域によって異なり、米国立ハリケーンセンターによると

  • 大西洋北部、太平洋北東部のハリケーン:米国海洋大気局国立ハリケーンセンター(フロリダ州マイアミ)
  • 太平洋北中部のハリケーン:中部太平洋ハリケーンセンター(ハワイ州ホノルル)

において行なっています。

方法は、あらかじめ用意してある6種類のリストからの選択式。

年ごとに使って一周して、7年目には、また元のリストに戻るのです。

リストは、ABC順で、男女交互に21個の名前があります。

また

とくに甚大な被害を与えたハリケーン

においては、以降、その名前はリストから外されて、別の名前に置き換えられる決まりがあります。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いかがでしたか?

台風とサイクロンとハリケーン、これらの違いはどれも

『熱帯低気圧』

から発生したものですが、

  • 台風は、北西太平洋または南シナ海
  • サイクロンは、ベンガル湾、アラビア海、北インド洋
  • ハリケーンは、北大西洋や北太平洋東部

と発生した地域によって、名前の違いが生じるのです。

また、台風とサイクロンは

最大風速が、秒速約17メートル以上

に対して、ハリケーンは

最大風速が秒速約33メートル以上

と、異なることも分かりましたね。

以上、台風とサイクロンとハリケーンの違い、強さや風速についてでした。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

-言葉の意味・語源・由来

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.