アルバイト

アルバイトの面接に行く時の服装を紹介!冬の女子高校生編

投稿日:

アルバイトの面接募集欄を見ると

『服装自由』

『いつもの服装で面接に来てください』

といった記載がありますよね。

しかし、『自由』と言われると、かえってどんな服装を選べばいいのか分からなくなりませんか?

それが初めての面接だとすると、尚更ですよね。

そこで今回は、アルバイトの面接に行く時の服装について紹介していきます。

ここでは

『女子高校生・冬服編』

を載せていますので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

アドセンス

スポンサーリンク

女子高校生がアルバイトの面接に行く時は制服でもいいの?

女子高校生制服

女子高校生制服

結論から言いますと

『制服でも構いません』

高校生にとって制服は『正装』です。

ですので、アルバイトの面接を制服で受けても問題はないのです。

しかし、制服の着方には注意しなくてはいけません。

  • シャツのボタンは第一ボタンまでしめる
  • リボンは学校指定のものか、シンプルなものにする
  • ニットやカーディガンはシンプルなデザインでスタンダードなカラーのものを着用する
  • スカートを短くし過ぎない、または長くし過ぎない
  • 靴下は学校指定のものか、無地のものにする
  • ボロボロのスニーカーは避ける

など、アルバイトの面接に行く際は

『校則通り』

の着方で制服を着用してくださいね。

 

女子高校生がアルバイトの面接を私服で受ける場合はどんな服装?

アルバイトの面接を私服で受ける場合は

『清潔感』

を最も大切にしてください。

不衛生な格好や、だらしない服装、派手な服装で面接を受けると、雇用者側は

「この子に仕事を任せても大丈夫かな?」

と不安になり、あなたを不採用にしてしまう可能性があります。

ですので、誰から見ても、清潔感があって清楚なイメージの服装で面接に挑むようにしましょう。

それには下記のような服装がおすすめですので参考にしてください。

  • 白または淡い色のシャツかブラウス
  • 薄手のニットやカーディガン(厚手のものはカジュアルになり過ぎるので注意!)
  • 長過ぎず短過ぎない膝丈スカート
  • シンプルで派手な装飾のないスカート
  • ストレートパンツ
  • スラックス
  • ガウチョパンツ
  • 綺麗めのチノパンツやデニムパンツ

など、これらの服をチョイスするようにしましょう。

 

女子高校生がアルバイトの面接を受ける時におすすめのアウターは?

女子高校生アウター

女子高校生アウター

面接を受ける際は、部屋に入る前にアウターを脱いでおくのがマナーです。

しかし、面接室まで案内される時や、職場の外で面接を受ける場合は、どんなアウターを着ているかを見られてしまいますよね。

ですので、面接へ行く際はアウター選びも重要になってきます。

高校生の場合は

  • 学校指定のもの
  • ダッフルコートまたはダッフルジャケット
  • チェスターコート
  • Pコート
  • ステンカラーコート
  • 綺麗めのダウンジャケット

などがおすすめですよ。

 

それに対し、

  • ボアコート
  • プードルジャケット
  • ライダースジャケット
  • Gジャン

などは、ややカジュアルになってしまいます。

オシャレにはなりますが、面接では、なるべく避けるようにしましょう。

 

女子高校生のアルバイトの面接で服装以外に気を付ける事は?

女子高生面接髪型

女子高生面接髪型

髪型

面接の際は髪型の確認も必要です。

ショートヘアーの人は、髪を耳にかけてきちんと整えておけば問題ありません。

ミディアムヘアーやロングヘアーの人は、後ろで一つに結っておきましょう。

そして、どんな髪の長さの人でも、目に前髪がかからないように注意する事だけは忘れないでください。

次に髪の色ですが、高校生ですのでやはり

『黒髪』

がベストです。

 

もし、冬休みに髪を染めようと思っている場合は

『黒に近い茶色』『暗い茶色』

にするようにしましょう。

明る過ぎる髪色は悪い印象を与えてしまいますので、必ず避けてくださいね。

アクセサリー

高校生になると、以前よりもオシャレに敏感になり、アクセサリーを着用する事も増えるでしょう。

しかし、アクセサリーを着用したまま面接を受けるのは不適切です。

よって、面接前は

  • ネックレス
  • ブレスレット
  • ピアス
  • リング
  • アンクレット

などを、きちんと外しているかをチェックしておきましょう。

メイク

大人の場合、面接を受ける際はメイクが必須です。

これは大人のマナーですので、メイクして当然なのです。

しかし、高校生の場合は、ノーメイクの方が好印象を与える事ができます。

とくに、制服で面接を受ける場合にメイクをしていると

「メイクして学校へ通うのは校則違反じゃないの?」

と思われてしまいます。

ですから、

『制服で面接を受ける場合はノーメイク』

『私服で面接を受ける場合はノーメイクまたはナチュラルメイク』

で、挑むようにしましょう。

また、派手なカラーコンタクトや、目が大きく見え過ぎるカラーコンタクトはNGです。

面接前は外しておきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回は、女子高校生がアルバイトの面接に行く時の冬の服装・髪型・メイク等について紹介してきましたが、参考になりましたか?

アルバイトの面接は、職種にもよりますが30分~1時間程で終わります。

その間に

「この子は真面目で良い子だ」

「この子を雇ったら、きちんと業務をこなしてくれそうだ」

と思ってもらわないといけません。

しかし、短い時間の中で、あなたの中身まで判断する事は難しいです。

そこで判断基準の一つとなるのが服装です。

服装は、その人の中身を表します。

面接時には、しっかりチェックされているのです。

ただのアルバイトだからといって、適当な服装で面接を受けるのではなく、適切な格好で面接に挑むようにしましょう。

無事に面接に合格して、素敵な高校生活を送ってくださいね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

谷口

在宅ワークでライターを務めて約2年。 ライフスタイル・雑学・健康・メンタル・美容等、さまざまなジャンルの記事作成に携わり、日々知識を蓄え中です! 日常に潜む皆様の疑問を解決できるよう、今後も精進して参りますので、宜しくお願い致します。

-アルバイト

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.