仕事

アルバイトとパートと派遣の時給の違いをチェック!最も高収入は?

投稿日:

会社などで、短期間を働く仕事のしかたとして、アルバイト、パート、派遣社員があります。

これらの間で、時給に違いはあるのでしょうか?

あるとしたらどのくらい違うのでしょう?

最も高収入なのはどれでしょうか?

そこで、この記事では気になる時給をチェックしてみました!

アドセンスリンクユニット

アルバイトとパートの違い

アルバイト

アルバイト

アルバイトとパートの仕事の違い

まずは、アルバイトとパートの仕事の違いについてみてみましょう。

 

アルバイトとパートは、労働基準法などの法律上で明確に区別されているわけではありません。

社会保険などの扱いも、アルバイトとパートで違いがあるわけではないのです。

家族の社会保険の扶養でいられる条件にも、違いはありません。

アルバイトとは、

『学業や本業のかたわらに、収入を得るための仕事をすること。また、その仕事をする人』

という意味となります。

 

一方、パートとは、

『パートタイム』『パートタイマー』

の略です。

『パートタイム』は『短時間労働』という意味となります。

『パートタイマー』は『短時間労働者』という意味です。

『アルバイト』という言葉が、

『パート』『短時間労働』

という意味で使われることもあります。

そのため、アルバイトとパートの違いははっきりしていないのです。

同じような仕事でも、『アルバイト』と呼ぶ会社もあれば、『パート』と呼ぶ会社もあります。

どちらかというと、『アルバイト』は、

『おもに学生が学業のかたわらに行う仕事』

に使われることが多いです。

『パート』は、

『おもに主婦などが行う短時間労働』

に使われることが多いでしょう。

しかし、いずれにしても法律などで定義がはっきり決められているわけではないのです。

アルバイトとパートの時給の違い

アルバイトとパートは呼び方が違うだけで、仕事の違いはほとんどありません。

したがって、

時給も基本的には同じ

となっています。

もちろん、アルバイトでもパートでも、仕事内容、勤務する時間帯、経験・技術の有無などによって、時給はさまざまです。

しかし一般的に、アルバイトのほうが時給が高いとか、パートのほうが時給が高いということはありません。

ただし、会社によっては、学生は『アルバイト』、学校を卒業した人は『パート』と呼んでいることもあります。

そのような会社の場合は、年齢や社会人としての経験などが考慮されて、アルバイトよりパートのほうが時給が高くなることもあるようです。

 

アルバイト・パートと派遣の違い

派遣

派遣

アルバイト・パートと派遣の仕事の違い

では、アルバイトやパートと派遣社員の違いはどのようなものでしょうか。

アルバイトやパートは、勤務先の会社と直接雇用契約を結び、その会社で仕事をして、その会社から給料をもらいます。

一方、派遣社員は、派遣元の人材派遣会社と雇用契約を結び、派遣先の会社で仕事をして、派遣元の会社から給料をもらうのです。

派遣期間が終われば、その派遣先での勤務は終了します。

また別の派遣先を、派遣元の会社に紹介してもらうことになるでしょう。

条件に合った勤務先を選べば、希望する勤務期間や勤務時間で働くことが可能です。

アルバイト・パートと派遣の時給の違い

では、アルバイト・パートと派遣とで、時給に違いはあるのでしょうか。

もちろん、仕事内容などによって時給は変わってきますので、すべての場合でどちらが上ということはありません。

しかし、平均してみた場合、

アルバイト・パートよりも、派遣社員のほうが時給が高い傾向

があります。

リクルートジョブズという会社の、

『2018年度6月 アルバイト・パート募集時平均時給調査』

によると、三大都市圏(首都圏・東海・関西)のアルバイト・パートの平均時給は、

1,031円

です。

これに対して、同社の

『2018年度6月 派遣スタッフ募集時平均時給調査』

によると、三大都市圏の派遣スタッフの平均時給は、

1,638円

でした。

アルバイト・パートより派遣のほうが平均時給が、かなり高くなっているのです。

 

この理由はいくつか考えられます。

まず、アルバイト・パートは初心者でもすぐにできるような仕事が多いです。

一方、派遣は、IT・技術系やクリエイティブ系など、専門的な技術、経験を要する仕事が多くなっています。

同じ事務系の仕事でも、派遣にはアルバイト・パートよりも高い技術・能力が求められる場合が少なくありません。

派遣は、アルバイト・パートより

仕事の責任や負担が大きく、勤務日数や勤務時間が多い傾向

もみられます。

その分、時給が高くなっているのです。

また、会社がアルバイトやパートを雇おうとすると、求人広告を出し、選考を行うなどしないといけませんので、費用や手間がかかります。

アルバイトやパートを社会保険に加入させる場合は、その保険料も一部負担しないといけません。

しかし、派遣であれば、人材派遣会社に頼めば、欲しい人材をすぐに派遣してくれます。

求人募集にかかる費用や手間を減らせます。

また、派遣社員の社会保険の保険料は、派遣社員と人材派遣会社が負担します。

派遣先の会社は負担する必要はありません。

 

そういったコストが不要である代わりに、時給が高くなっているという側面もあります。

また、アルバイトやパートは、学生がかなり多いです。

フリーターなどもいますが、長期間アルバイトやパートの給料だけで生活している人の割合は、それほど大きくないと考えられます。

しかし、派遣社員は、学校を卒業した人が多く、派遣の給料で生活している人も多いでしょう。

年齢や立場、社会人としての経験の有無などから、時給に違いがあることも考えられます。

スポンサーリンク

アドセンス

アルバイト・パート・派遣で最も高収入なのは?

給料

給料

アルバイト・パート・派遣社員の時給の違いをみてきました。

この3つの中で、

最も高収入なのは派遣社員

といえるでしょう。

なお、上記の

『2018年度6月 派遣スタッフ募集時平均時給調査』

によると、派遣社員の中でも、

IT・技術系の職種は、最も平均時給が高く、2,002円

となっています。

 

アルバイトとパートでは、一般に時給の違いはありません。

上記の

『2018年度6月 アルバイト・パート募集時平均時給調査』

によると、 アルバイト・パートで、

最も平均時給が高い職種は営業系で、1,207円です。

派遣社員のほうが高収入といっても、専門的な職種で働くには技術が必要です。

派遣社員は、勤務日数や勤務時間も正社員に近い場合が多いでしょう。

学生などで、働ける日数、時間が限られている人にはあまり向いていません。

しかし、派遣社員でもさまざまな職種があります。

『正社員になるのは難しいけれど、アルバイトやパートより時給のよい仕事をしたい』

という人は、派遣社員として働くのも一つの手でしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

アルバイトとパートには、はっきりとした違いはありません。

時給も一般的には変わりません。

ただし、アルバイトやパートと派遣では、

派遣のほうが時給が高い傾向

がみられます。

どの働き方にもそれぞれメリット、デメリットがあります。

さまざまな角度からチェックして、自分にとって望ましい働き方を選ぶようにしましょう!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

soumiya

家で本を読んでいるのが好きなインドア派。でも、たまにちょっとした旅行やドライブに行ったり、近所の銭湯に行ったりするのも好きです。行動範囲は狭いですが、好奇心は旺盛で、ネットでいろいろ調べるのが好きです。役に立つ記事、おもしろい記事を書けるように頑張ります!

-仕事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.