害虫

メダカの稚魚がいる水槽にボウフラ対策は必要?襲うのはどっち?

投稿日:

最近は家庭でメダカを飼育している人が増えているようです。

珍しいメダカが売られていたり、基本的に飼育しやすいことも人気の理由でしょうか。

自宅の水槽で、メダカを繁殖させる楽しみ方もありますね。

小さな稚魚が孵化すると、うれしいものです。

でもメダカは、飼育しやすいとはいえ、水槽の世話も大変です。

「気が付いたら水槽に見たことのない虫がいた。」

なんてこともあるみたいですよ。

夏の時期では、ボウフラなどが繁殖してしまっては大変です。

そこで、今回はメダカの稚魚がいる水槽でのボウフラ対策など、稚魚とボウフラはどちらが襲うのかを考えていきたいと思います。

アドセンス

スポンサーリンク

ボウフラはメダカの水槽に発生する?

ボウフラ

ボウフラ

水たまりや、よどんだ水辺などで、ボウフラが発生していることが多いです。

ボウフラは、

25度以上の水温

であること。

また、身体が小さく、泳ぐことが苦手などの理由から、水の流れの少ない水中を好みます。

このような条件のそろっているところでは、ボウフラが発生しやすいのです。

 

一方でメダカは、

水流の少ない環境

を好む魚です。

そのため夏場のメダカのいる水槽は、ボウフラの好む環境になってしまいます。

ボウフラはメダカのいる水槽に発生しやすい

と言えるでしょう。

またボウフラは、成虫になるまでの期間が短く、2週間程度で蚊に成長してしまいます。

ボウフラを発生させてしまうと、蚊の大量発生を招くことにもつながるので注意が必要です。

 

メダカの稚魚にボウフラ対策は必要?

メダカの稚魚

メダカの稚魚

メダカは、夏になって水温が約25度になると産卵をするようになります。

水草などに卵を産み付けます。

しかし、メダカの卵や稚魚はそのままにしておくと、親メダカや、ほかのメダカが卵や稚魚を食べてしまうのです。

そのために、水槽を別にして育てる必要があるのです。

水温が約25℃で、卵は10~14日で孵化します。

生まれたての赤ちゃんメダカは、体長が約4~5mmで、水面に近いところで、浮いたような状態でいます。

身体が、まだ小さく稚魚への負担を少なくするために、

水流が少ない(なくてもよい)環境

が良いです。

メダカの稚魚が泳いでいる姿は可愛らしいものですね。

 

さて、このメダカの卵や稚魚の育つ温度が問題です。

水温25度といえば、ボウフラが発生する状況と同じですよね。

親メダカたちがいれば、ボウフラはメダカの餌になります。

それにボウフラが発生してしまうような、多少汚れた状態の水でもメダカの成魚は生きていけるほど強いのです。

しかしメダカの稚魚は、まだまだ抵抗力も弱くすぐに死んでしまいます。

なので、メダカの稚魚のいる水槽にはボウフラ対策は必要と言えるでしょう。

水槽の水替え

汚れた水だと、ボウフラが発生することが多いです。

なので水をきれいな状態にしておくためには、定期的な水の入れ替えが有効といえます。

汚れた水というと『グリーンウォーター』と言われる緑色のドロドロした水のことと思う人もいるでしょう。

しかし、きれいな水でも油膜などで汚れている場合があります。

水の入れ替えは

  • 春・秋は2週間ごと
  • 夏は1週間ごと
  • 冬は必要なし

以上の目安で行うと、メダカの稚魚の状態も良いでしょう。

水槽の水を全部変える必要はなく、

3分の1から2分の1くらい

で十分です。

水の入れ替えには、温度管理などきちんとしないとメダカの稚魚がかえって弱ってしまうので注意してくださいね。

水槽に網をかける

ボウフラが発生してしまうことは、水が汚れた状態であることに加えて、蚊が産卵していることに原因があります。

蚊の産卵を防ぐためにも、

メダカの稚魚がいる水槽にネットをかぶせて蚊自体の侵入を防ぐ

こともできます。

ホームセンターなどでも専用の商品が売っています。

ポイントは、

蚊が入って来れない大きさの網目の物

をかぶせておくことです。

そして、

網は水面につけた状態で使用しないこと

水面が見えていると、蚊が産卵してしまいます。

専用の物でない場合は、網戸用のネットなどでも、十分蚊の侵入を防げます。

 

小さい水槽では、キッチンの排水口ネットなど、手軽にあるもので代用できます。

 

もしメダカの稚魚のいる水槽で、ボウフラが発生した時には、

スポイドで吸い取って親メダカのいる水槽に放ってやる

という対処法もあります。

喜んでメダカたちは、ボウフラを餌として食べるでしょう。

 

ボウフラとメダカの稚魚襲うのはどっち?

メダカの稚魚がいる水槽に、ボウフラが発生するとメダカの稚魚が減っていくことがあります。

そうなると

「ボウフラがメダカの稚魚を襲って食べているのではないか…」

と考えてしまいます。

ボウフラの大きさは約6mm。

一方でメダカの稚魚は約4~5mmです。

身体の大きなボウフラが、メダカの稚魚を食べてしまうと考えるのは仕方がないでしょう。

ボウフラの中には、他の種類のボウフラを食べてしまうものもいます。

しかしほとんどの場合、ボウフラは水中の微生物や細菌類を食べているのです。

水質の悪化や、エサ不足などの原因でメダカの稚魚が落命してしまい、それが水槽の底などに沈んだ時には、メダカの稚魚が分解されたものを食べることはあるようです。

なので、ボウフラが生きたメダカの稚魚を襲うことはないと考えて良いでしょう。

 

またメダカの稚魚も身体が小さく、口もボウフラを食べるほど大きくはありません。

このような理由から、ボウフラとメダカの稚魚はお互い襲うことはないのです。

でも、メダカの稚魚がボウフラを食べることが出来るくらいの大きさになっていればボウフラを襲うことはあります。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

メダカの稚魚も、ボウフラも

  • 水温が約25度の環境
  • 水の流れが少ない状態

を好みます。

なので、メダカの稚魚の水槽には、ボウフラが発生しやすいのです。

ボウフラが発生してしまうような水質では、メダカの稚魚は、抵抗力も弱く、すぐに命を落としてしまいます。

メダカの稚魚がいる水槽のボウフラ対策には

  • 水槽の水替え
  • 水槽に網をかける

などの水質や蚊の産卵を防ぐという対処法があります。

また発生したボウフラをスポイドで吸い取り、親メダカのいる水槽に放ってやるという方法もあります。

この場合は、メダカの餌にもなるので、親メダカたちも喜んで食べてくれるでしょう。

そしてメダカの稚魚がいる水槽にボウフラが発生した場合、

「ボウフラがメダカの稚魚を食べてしまう」

と考えがちですが、ボウフラは水中の微生物や細菌類を食べている生き物なのです。

だから、ボウフラとメダカの稚魚は、お互い襲うことありません

でも、メダカの稚魚がボウフラを食べることができるくらいの大きさになっていれば、ボウフラを襲うことはあります。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-害虫

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.