食べ物

マグロの中落ちの部位はどこ?カロリーとネギトロとの違いを紹介

投稿日:

「マグロの中落ちの部位ってどこ?」

って聞かれて、あなたは正確に答えられますか?

ちょっと難しいですよね。

正解は、マグロの背骨の周りにくっついている身の部分です。

マグロは身体が大きいので捌くとき、骨の周りに身が残ります。

これが通称『中落ち』と呼ばれる、

まぐろの中で部位の中で一番脂がのって美味しい場所と言われる部分

です。

一般に、ネギトロの材料に利用されるのが、この『中落ち』と呼ばれる部位と言われています。

しかし最近は、安い居酒屋や回転ずしなどでは、ネギトロに中落ちだけではなく、他の魚の身や脂を混ぜて作られていることも、しばしば…。

今回は、そんな、正しいマグロの中落ちの部位と、中落ちのカロリー、ネギトロとの違いを紹介したいと思います。

アドセンス

スポンサーリンク

マグロの中落ちの部位はどこ?

マグロの中落ち

マグロの中落ち

さて、それでは、マグロの『中落ち』と呼ばれる部位はどこか?

こういうのは言葉で説明するより断然、絵の方がわかりやすいかと思い、図解してみました。

マグロの身体の真ん中にある白い斜線が、マグロの背骨です。

この、赤身に囲まれた、骨と骨のすきまの部分、そこに残っている身がいわゆるマグロの『中落ち』と呼ばれる部位です。

 

日本人とマグロのつき合いは古く、その始まりは縄文時代までさかのぼると言われています。

今のように日本人がマグロを愛好するようになったのは、江戸時代後期に入ってから。

しょうゆ漬けにすることで、保存方法が確立されたことにより、江戸城下で赤身を中心にマグロの生食がはじまったと言われています。

その頃から日本人はマグロが好きで、部位ごとに名前をつけ、色んな食べ方をしてきました。

刺身、寿司、焼き魚と、マグロは幅広い用途があり、部位により『赤身』『中トロ』『大トロ』などそれぞれ別の名称で呼ばれています。

その中でも『中落ち』は、『脳天(ハチノコ)』、『ほほ肉』、『カマ・カマトロ』、『テール』などとともに、『希少部位』と呼ばれる部位。

1匹から、わずかの限られた量しかとれないため、なかなかお目にかかれない希少品です。

骨と骨に挟まった身をスプーンでこそげとる為、形も大きさも不ぞろいですが、脂がのっていて、独特のよい香りがあって、身も柔らかくおいしい。

そのまま刺身でよし!

軍艦巻きのお寿司にしてよし!

アツアツのご飯にのせて丼にしてよし!

の豪快で贅沢なご馳走です。

 

マグロの中落ちのカロリーとネギトロとの違いは?

 

ところで、ネギトロの材料と言われている中落ちですが、安い居酒屋や回転寿司では、中落ち以外の部位も使われていることを知っていますか?

一般的にネギトロと言うのは、

マグロの中落ち、それにマグロの刺身の切れ端や皮の裏の脂身などを刻んでペースト状にし、葱を散らしたものです。

しかし、中落ちは一本マグロを買い付けるようなお店でしか出ない希少部位です。

そこで、安いマグロやマグロ以外の赤身のほか、食用油が使用されているのです。

中落ちの代用としてネギトロに使われている魚は、主に次の3つです。

  • キハダマグロ
  • ビンチョウマグロ
  • アカマンボウ(マンダイ)

ネギトロに使われている油の種類は、主に次の3つです。

  • 鰯などから作る魚油
  • ショートニングやサラダオイルなどの植物油
  • ラードなど動物性脂肪

さらには、これに追加で、

合成着色料まで使われている

と言われています。

 

本物に似たコクと、まろやかさを出すためにこれらの油を赤身の切り身に混ぜ合わせ使っているのですが、いかにも身体に悪そうですよね。

となれば、当然気になってくるのはそのカロリー。

本物のマグロ中落ち1人前のカロリーは、

1人前100gと仮定して、約121kcal。

低カロリー・低糖質でダイエット向きと言われています。

では、いわゆるスーパーでネギトロパックなる名前で売られている、何かの魚の赤身+油脂で作られたネギトロのカロリーはというと…。

 

実は、これが分からないんです。

なぜかというと、メーカーによって加工方法がバラバラだから。

魚と脂の配分が不明の為、カロリー計算が出来ないのです。

しかし、

  • キハダマグロは100gで約106kcal。
  • ビンチョウマグロは100gで117kcal。
  • アカマンボウのカロリーはカジキと同程度ということで、100gで約141kcal。

それに少量の油脂を加えても、

そこまでカロリーは高くない

と予想されます。

しかし、カロリーはそれほど高くないと言われたところで、できる限り身体に悪いものは避けたいのが人心…。

 

ということで、

スーパーで出来るだけ油脂の少ないネギトロを選ぶコツ

をお教えしましょう。

ポイントは、ずばり『色合い』です。

白っぽい色味のものほど、安い魚を原料に大量の調味料と油で味を調整しています。

だから、スーパーでネギトロを選ぶときは、

  • 出来るだけ色味が赤くて
  • マグロの粒がみえているもの

を選ぶようにしてください。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いがかでしたか?

今回は、マグロの中落ちの部位と、中落ちのカロリー、ネギトロとの違いを紹介しました。

スーパーでは、なかなか目にする機会のない本物の中落ち。

筆者は、なんだか俄然、本物、つまり骨付きの中落ちが食べたくなってきました。

調べてみたトコロ、築地周辺の食堂やマグロ専門店では、骨付き中落ちが食べられるようです。

⇒全国の『中落ち』『マグロ専門店』

しかも巨大なマグロの骨身がドンと席に運ばれてきて、それを自分で豪快にスプーンでこそげ落しながら食べられるとのこと。

食べてみたい!

―――あなたもそう思いませんか?

しかし、お出かけの際は、注意事項がひとつ。

いくらマグロ専門店とは言え、いきなり行っても食べられません。

希少部位だけに、おおよそどこのお店も、数日前から予約が必須となっています。

目を疑うような大きさの巨大な中骨が席まで運ばれてくるようなので、ひとりでいくより、友人や家族を誘ってワイワイと楽しくお出かけください。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-食べ物

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.