雑学

東京人の『だよね』という言葉が関西で嫌われる理由とは?

投稿日:

東京の人が、関西弁を『怖い』と批判することがあるように、実は関西人も、東京人の『だよね』という言葉を嫌っている話を耳にします。

もちろん、全ての人間が『だよね』を嫌っているというわけではありませんが、

「生理的に受け付けられない」

という人も中にはいるみたい…。

それにしても、多文化の方言をここまで嫌うなんて、なんか悲しい話ですよね。

では一体、関西人は、東京人の『だよね』のどこがダメだと感じているのでしょうか?

本記事では、関西人が、東京人の『だよね』をダメ・嫌いと言う理由を探ってみたいと思います。

アドセンス

スポンサーリンク

関西人は東京人の『だよね』を嫌う?

世間の目

『だよね』が嫌いと批判された悲しいニュース

いま、日本での方言を批判すること持ち上がっています。

百歩譲って、関西の言葉が威圧的で怖いのは、多少頷ける部分はあります。

しかし、東京人の『だよね』を嫌うという意見が続出しているなんて…。

もちろん、それは、某情報番組が、『東京人の嫌いな言葉』をアンケートした企画を放送したことがきっかけで、その事自体に問題があると思えます。

ただ、『だよね』という言葉が、関西人の心を傷つけたり、圧迫したりするものだろうか?

人には人の文化があり、それを尊重しないから戦争だって生まれているのに、そのことを何一つ理解できないのか…。

その憤りすら感じる企画と感じました。

ただ、アンケート調査によると、

『だよね』という言葉を関西人が圧倒的に嫌っていること

は事実のようです。

 

『だよね』が嫌われる理由が悲しい…

さて、『だよね』が嫌われる理由について探ってみたのですが、これまた非常に悲しい理由と判明してしまいました。

『だよね』という言葉が、関西人の心を傷つけるとして嫌っているのだとしたら、まだ理解もできたのですが…。

実は、関西人が『だよね』を嫌っていたのは、

「生理的に無理」

という自己都合による理由だけで嫌っていたのでした。

要は言葉の響きそのものを勝手に拒絶しているだけという話だったので、ある種の差別的な観点での理由だったのです。

確かに生理的に無理なものは、世の中にはあるかもしれません。

言葉はエリア(地域)で異なるのが当然のはずなのに…

しかし、文化や言葉(方言も含めて…)は、そのエリアごとで大きく違っているものです。

関西人が、東京人の『だよね』を、『生理的に無理』と一刀両断し拒絶するなんて…。

もう、悲しいを通り越し、呆れ返るばかりです。

実は『じゃん』という言葉も否定されていた?

ちなみに、この企画で『だよね』に続いて、嫌いな東京人の言葉として『じゃん』も挙げられていました。

酷い意見の中には、

「焼肉のタレみたい…」

なんて誹謗中傷する言葉までも…。

たびたびエセ関西とまで罵られる三重県民の筆者としては、それでも同じ関西の人間として、本当に恥ずかしくてたまらないですね。

こういう多文化の言葉を一切拒絶するという考えが、一刻も早くこの世から消え失せてくれることを切に願うばかりです。

 

東京人の『だよね』は本当にダメなの?

最後に、生理的に無理と、関西人から一刀両断された東京人の『だよね』という言葉が本当にダメな言葉なのか、改めて調べてみました。

しかし、どこをどう調べても全国規模で見た場合、『だよね』という言葉がダメと拒絶されている光景は見当たらないのです。

『だよね』を嫌っているのは大阪だけ

関西人と言っても大阪人だけが、『だよね』を嫌いっているに過ぎないのです。

基本的に、

『だよね』

『そやな』

『そだね』

も全部同じで、どっちもどっちという意見が多く見られました。

だいたい『だよね』がだめというのなら、平昌五輪カーリング女子の『そだねジャパン』も、総バッシングを受けて誹謗中傷されていたでしょう。

もっと言えば、関西でも『EAST END✕YURI』がヒットさせた『DA.YO.NE』に便乗して、その関西バージョンが大ヒットしています。

 

今田耕司さん・東野幸治さん・武内由紀子がユニットを組んだ『WEST END✕x YUKI』を覚えていませんか?

ある意味、パロディとも言うべきユニットで、完全に『DA.YO.NE』の関西弁バージョン『SO.YA.NA』を歌っています。

それも、大ヒットしていたわけですから、『だよね』がNGとみなされているわけではないのは明らかです。

『だよね』が嫌われている話はアンケート結果に過ぎない話

つまり、『だよね』が関西から嫌われている話は、某番組の企画でアンケートを受けた大阪の一部の人達の自己都合による答えに過ぎないのです。

それを、さも関西全体(和歌山・京都・兵庫・三重・滋賀・奈良)が嫌っているような言い方をされたら大迷惑です。

そこまで嫌ってはいませんし、一つの方言として受け止めています。

『だよね』そのものがNGだとは考えてはいません。

関西の意見として総称されるのは大迷惑

なので、間違っても大阪人が勝手に嫌おうがどうしようが、他府県の人たちを巻き込んで自分たちの意見として言い放つのは止めて欲しいですね。

そして、こういった思い上がり全開の自己中心的な考えが蔓延していかないことだけを切に願うばかりです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

人の価値観は、人それぞれあってしかるべきだし、それを否定することは許されない話でしょう。

なので、関西人が、東京人の『だよね』という言葉を好きになろうが嫌いになろうが自由ですが、

「生理的に受け付けない」

と誹謗中傷し、それを関西人全体の意見としてテレビに映し出すのは大迷惑だし、言葉そのものに対する冒涜・差別以外のなにものでもありません。

結局『だよね』という言葉が、人を傷つけたという理由で嫌われているわけでもなく、一方的に批判されたことが分かり、ただ悲しさが溢れています。

もう、二度とこういう馬鹿げた風潮が続いていかないことを、切に願うばかりですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

masayan

音楽・スポーツ観戦が大好きで、アーティストではJUJUさん・欅坂46など、スポーツではヴィッセル神戸(サッカー)にハマっています。 性格も猪突猛進タイプで、芸能・スポーツを中心に、幅広く思いがストレートに伝わるような、面白くためになる記事となるよう、心がけて執筆しております。どうぞよろしくお願いいたします。

-雑学

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.