アルバイト

アルバイトの面接に行く時の服装を紹介!冬の男子大学生編

投稿日:

大学生になると、高校生の時と違って時間に余裕が生まれます。

その空いた時間に、アルバイトを始めたい人も多いでしょう。

しかし、初めてアルバイトの面接に行く人は

「どんな服装で行けばいいのだろう…?」

と疑問が浮かんでしまいますよね。

そこで今回は、面接に行く時の服装について紹介していきます。

この記事では

『男子大学生・冬服編』

を紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね!

アドセンス

スポンサーリンク

アルバイトの面接に行く時におすすめのトップスは?

男性トップスニット

男性トップスニット

アルバイトの面接では

『清潔感のある服装』

が、最も好印象を与える事ができます。

清潔感があって、爽やかな印象を与えられるトップスといえば、無地で淡い色の襟付きシャツですよね。

 

ですが、冬場はシャツの上からアウターを着るだけでは寒いです。

そんな時は、襟付きシャツの上からニットやカーディガンを着用するようにしましょう。

しかし、厚手生地のものや、柄付のニットやカーディガンは、カジュアルに見られがちです。

そこでおすすめなのが

『薄手で無地のニットやカーディガン』

です。

 

そして、ニットやカーディガンの色ですが、派手な明るい色は避け

  • 紺または濃紺
  • グレーまたはダークグレー

等のスタンダードなカラーをチョイスしましょう。

アパレル関係の面接では、流行を取り入れつつブランドのテイストに合ったトップスがおすすめです。

しかし、基本的にはシンプルなニットやカーディガンが好ましいので、覚えておきましょう。

 

アルバイトの面接に行く時におすすめのパンツは?

男性パンツ

男性パンツ

面接の募集欄に

『私服で構いません』

と記載があれば、普段通りの服装で面接に行ってもいいと思ってしまいますよね。

そのため、

「トップスは一応シャツを選んだけど、パンツはデニムパンツでいいの?」

と思ってしまいがちです。

しかし、例えアルバイトと言っても、面接にデニムパンツはおすすめできません。

おすすめのパンツは

  • ストレートパンツ
  • スリムパンツ
  • スラックスパンツ
  • チノパンツ(カジュアル過ぎないデザインのもの)
  • コーデュロイパンツ(シンプルなデザインのもの)

など、カジュアルでもフォーマルでもいけるパンツを選んだ方がいいでしょう。

 

そして、ダメな例としては

  • リブパンツ
  • イージーパンツ
  • カーゴパンツ
  • ワイドパンツ
  • スウェットパンツ

などが挙げられますので、これらは避けてくださいね。

 

アルバイトの面接に行く時におすすめのアウターは?

男性アウター

男性アウター

冬場は防寒のため、アウターが必須ですよね。

しかし

「面接にはどんなアウターがいいのか分からない」

と悩む人もいるでしょう。

面接の際は、部屋に入る前にアウターを脱いでおくことがマナーです。

しかし、面接する部屋に案内される際など、アウターを着たままの服装を見られる可能性もあります。

よって、トップスだけでなくアウター選びにも注意しておいた方がいいでしょう。

おすすめは

  • ステンカラーコート(襟がありシンプルなアウター)
  • Pコート
  • ダッフルコート
  • トレンチコート

などのアウターです。

 

シンプルでスタンダードなアウターが好ましいので覚えておいてくださいね。

そして、職種にもよりますが避けた方がいいアウターもあります。

  • ムートンコート
  • モッズコート
  • MA-1
  • ライダースジャケット

などのアウターは、着こなしによっては、カジュアル過ぎる可能性がありますので、注意してください。

しかし、アパレル関係の面接の場合は、流行のアウターを取り入れた方が好印象を与える事ができるでしょう。

ただ、それでも基本的にはシンプルなアウターを選んでおく方が無難ですね。

 

アルバイトの面接に行く時におすすめの靴は?

男性靴

男性靴

『その男性がどんな人かを見極める時には靴と時計を見ろ』

と昔から言われていますよね。

それは面接においても、靴は案外見られています。

そのため、トップスやパンツは清潔感のあるものを着用していたとしても、靴がボロボロで汚れていたら、印象が悪くなってしまう場合もあります。

よって、面接へ行く時は靴もきちんとしたものを選びましょう。

 

おすすめの靴は

  • 革靴(合皮でもOK)
  • ローファー
  • ブーツ(派手な色のものや派手な装飾のあるものはNG)

などです。

また、これらの靴がない場合や、面接する職種のイメージに合っていない場合は、綺麗めのスニーカーでも構いません。

適切な靴を選び、全体的に清潔感のある印象にまとめてくださいね。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回は、男子大学生がアルバイトの面接に行く時の冬の服装について紹介してきましたが、参考になりましたか?

何度も言いますが、面接で最も大切なのは

『清潔感のある恰好で行く事』

です。

雇用する側は、きちんと仕事をしてくれる人が欲しいため、面接を行います。

しかし、たった20~30分程話すだけでは、その人の本質を見極める事はできません。

そのため、その人の一部である服装も、チェックするのです。

その点をよく頭に入れておいてください。

冬場は

  • 襟付きシャツ+シンプルなセーターやカーディガン
  • フォーマル系のパンツ
  • カジュアル過ぎないアウター
  • 革靴やブーツ、または綺麗めのスニーカー

で好青年な印象を与え、アルバイトの面接に挑みましょう!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

谷口

在宅ワークでライターを務めて約2年。 ライフスタイル・雑学・健康・メンタル・美容等、さまざまなジャンルの記事作成に携わり、日々知識を蓄え中です! 日常に潜む皆様の疑問を解決できるよう、今後も精進して参りますので、宜しくお願い致します。

-アルバイト

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.