スポーツ

ゴルフが金持ちの道楽なのはなぜ?年間にかかる費用をチェック!

投稿日:

オアフ島ゴルフコース

オアフ島ゴルフコース

「おい、次の営業部のゴルフコンペに社長が出るらしいぞ!」

「やべーな、それ。出席したいけどゴルフやったことないんだ」

「俺たち入社二年目だ。営業やるならゴルフぐらい憶えろって先輩からも言われたよ」

「仕方ないか、そろそろ練習だけでも始めるか?」

「待てよ!ゴルフは金持ちか定年後の道楽だぞ。けっこう費用かかるみたいだ」

「年間でどのくらいかな?」

「先輩に聞いてみよう。それ次第だ」

はたして、ゴルフはどのくらいのお金がかかるのでしょう?

ここでは社会人になってゴルフを始めるかどうか、悩んでいる人のために…。

ゴルフにお金のかかる理由、必要な金額、上手な節約の仕方までを詳しく調べてみました。

アドセンス

スポンサーリンク

ゴルフで1年間にかかる費用は16万8000円!

この数字は、

  • 月一回のプライベートゴルフ(平日)
  • 週一回の練習

を続けたときの費用の概算です。

さらに、ゴルフを始めるときには、道具や服装の初期投資が必要です。

それが、いろんな知恵をひねって

10~14万円くらい

はかかるでしょう。

 

いかがでしょうか?

「やはり想像通り!」

「あれ?思ったほどでは…。」

のどちらでしょう?

それでは、ここでお金のかかる日本型ゴルフの発祥、『金持ちの道楽』と言われる会社ゴルフの歴史をすこし振り返ってみましょう。

 

ゴルフが『金持ちの道楽』といわれる理由

若い人からみたゴルフのイメージを調べますと…。

  • 高額なお金が必要
  • ゴルフはおじさんのするもの
  • マナーがうるさい
  • ルールがわかりにくい
  • 時間がかかりすぎ

といった答えではないでしょうか。

ゴルフは若い人から、なぜこんな魅力のないスポーツにみえるのでしょうか?

その理由は、高度成長期からバブル期に花開いた企業のビジネスツール『接待ゴルフ』にありました。

あのころ、企業は稼いだ利益を税金に持って行かれるよりも、『交際費』として営業活動に役立てようと考えたのです。

 

たちまちゴルフブームが起こり、日本全国にゴルフ場が建設されます。

でも、高いお金をかけてプレーしているのは、会社の営業マン『おじさん』ばかりだったのです。

そこには『金持ちおじさんの道楽ゴルフ』の原風景がありました。

 

その後、バブルが弾けてゴルフの凋落が始まります。

1990年代に1200万人といわれたゴルフ人口は、2015年には750万人に。

市場規模は半滅しました。

 

東京オリンピック目指して、いまゴルフの復活には、若い人の参加が必要不可欠だというのに…。

若い人のゴルフへの興味は今ひとつ、ゴルフの未来も見えてきません。

ゴルフにかかる高いお金、なんとかならないものでしょうか?

スポンサーリンク

アドセンス

ゴルフにかかるお金と上手な使い方を徹底チェック!

野球の道具はボールとバットとグローブ。

サッカーはボール一つあれば空き地で遊べます。

 

しかし、ゴルフはそれ以上に道具にお金がかかるスポーツです。

ゴルフクラブは、

ドライバーからパターまで全部で14本使えること

になっています。

ある外国人が日本人のクラブの多さに驚いて、

「戦艦大和」

と語ったそうです。

ゴルフバッグからクラブが大砲みたいにいっぱい突き出していたからですね。

実際のところは、9本から10本のクラブがあれば、距離や状況に合わせた使い分けが十分にできます。

初めてのゴルフはハーフセットで中古でそろえるのがクール!

クラブは、大金をはたいて新品を買ってしまうと、自分に合わずに失敗したとき大変です。

最近は、中古で良いモノがたくさんあります。

メーカーが、二年も経てばクラブをモデルチェンジするので、買い換えで中古が出回るのです。

数年でクラブの性能はほとんど変わりませんので、前回かその前のモデルを狙いましょう。

海外のリゾートで

「古いレンタルクラブを借りたらベストスコアが出た!」

なんて話もよく聞きますね。

初めてのクラブは中古品でそろえ、上手くなって、余裕ができれば新品を買えばいいのです。

中古だって、いまはネットで結構高く引き取ってくれますから、それも新品の原資になりますよ。

ゴルフクラブの買取サービス




【ゴルフ買取アローズ】

それでは、コースでのラウンドをイメージして、大きなクラブからざっくりチェックしていきましょう。

ドライバー

 

ティーショトに使うのは、距離の出るドライバーです。

ドライバーはシャフトの堅さと長さ、それにヘッドの角度をチェックして、身長と体力にあったものを選ぶことが大切です。

ショップで、係の人と相談しながら、いろんなメーカーのドライバーで試打をしましょう。

アコーデイアなど、大きな練習場にはメーカーのニューモデルの試打クラブが置いてあります。

はじめは先輩に連れて行ってもらって、会員登録を済ませてから、ドライバーやアイアンを二~三本借りて、遠慮なく試打してみると良いですね。

何回か打ってみて、気に入ったブランドや形や種類を見定め、中古を選ぶときの判断材料にします。

男性の場合、シャフトは…。

『固いSと柔らかいRの真ん中ぐらいでSR』

『長さは45.5インチ』

『ヘッドのロフト角は10.5度が上がりやすい』

などです。

 

シャフトの硬さ(フレックス)はとても大事です。

( ヘッドのスピードとクラブの硬さ)

シャフトの硬さ

シャフトの硬さ

上図は、クラブヘッドのスピードに合ったクラブの硬さを示しています。

数字はヘッドスピードを示し、大きな数値ほどスピードが早くなります。

シャフトはそれに対応して左のLが柔らかく、右下のXの順に硬くなります。

一般的に、女性はヘッドスピードが遅く、男性より柔らかいシャフトを選びます。

ぜひ一度、ショップで自分のヘッドスピードを測定してもらって、クラブ選びの基準にしてみてください。

購入するドライバーは中古品で、15000~20000円あたりが狙い目と言えるでしょう。

ウッドとアイアン

 

ドライバーで距離を飛ばしたあとは、ウッドかアイアンの出番です。

ウッドは

  • フェアウエーウッド(FW)
  • ユーティリティー(UT)

の二つです。

フェアウェイでは、FWを使い、ラフ(芝の長いところ)ではUTが効果的です。

ラフはアイアンで打つことにして、ウッドをFW一本に絞る手もありますね。

FWやUTはドライバーと同じブランド、同じ堅さにすると、ドライバーとの違和感がなく、スムーズに振ることができます。

中古品で、10000円あたりで探しましょう。

 

グリーンが近づくと、アイアンの出番です。

アイアンは何本かのセットで売られていますが、6~9番の4本、それにピッチングウエッジ(PW)を入れた5本セットが狙いです。

番手が大きくなると飛ぶ距離が短くなります。

逆に6番や5番となると距離が出ますが、正確に打つのが難しくなってきます。

そこで女性用であれば、最近は7番からのセットになっているのです。

6番アイアンがない代わりに、ウッドをFWとUTの二本にすると距離が稼げて楽ですね。

必ずショップで試打して、気にいったものの旧モデルを中古で狙いましょう。

価格は、20000~40000円あたりが良いですね。

ウェッジ

 

いよいよグリーンの手前に来ました。

短いアプローチ(近づくの意味)ショットは、

  • 芝の上ならPWやアプローチウエッジ(AW)
  • バンカーに入ればサンドウエッジ(SW)

の出番になります。

SWは、アプローチにも使えますので、AWがなくても十分と思います。

SWは、違和感のないように、アイアンセットと同じブランドを単独で入手しましょう。

価格は、3000~7000円を狙うといいですね。

パター

 

グリーンに乗ればパターです。

パターは、形状も種類もいっぱいあって、フィーリングにぴったり合うものを選びましょう。

これもショップで試打ができます。

価格は、5000~10000円を狙いましょう。

 

以上で説明した中古のクラブは、中古ショップかネットで買えます。

中古ショップでは、商品に限りがありますので、狙いが決まればネットで比較して、安く買う手があります。

 

楽天、ヤフー、アマゾンとみて、最後はヤフオクです。

GDO(ゴルフダイジェストの通販)の中古商品は、すこし高めですが、信頼して良い商品が揃っています。

中古は、状態のランク分けがしてあり、GDOの楽天市場店ならこんなランクです。

よりよい順に並べると、

  1. 未使用(新品)
  2. 非常に良い
  3. 良い

となります。

中古として購入するのであれば、

『非常に良い』『良い』

を選ぶと価格とのバランスが良く狙い目です。

 

以上、9本のゴルフクラブ・セッティングが完成しました。

これなら大きくて重いゴルフバッグは不要です。

 

9本入るハーフセット用のおしゃれなバッグを探しましょう。

運ぶのにも軽く、車のトランクの場所もとらず、練習用にもそのまま使えて便利です。

(小物を入れるポケットが少ない欠点は、携帯ポシェットで補完しましょう)

安いバッグであれば、新品で8000円くらいで購入できるでしょう。

 

最近、ゴルフバッグが付いたハーフセットのセールがよくあります。

ハーフセット7本(新品)にゴルフバッグが付いて販売しているのです。

安くて便利なセット商品ですが、クラブをよく調べてから買いましょう。

 

靴は、ゴルフスイングのベースメント、足下を支える命です。

新品で必ずショップでフィットしましょう。

(ネットで買うと、ブランドのサイズを合わせても、商品にばらつきがありますよ!)

午後になると足は膨れますので、ほんのすこし余裕のあるサイズがおすすめです。

軽いスポーツシューズタイプの新品で、10000から12000円くらいですね。

 

手袋は使い古したものは滑ります。

手のひらにきっちりサイズを合わせて、二枚は必要となるでしょう。

安くければ、1100円×2で2200円程度でしょうか。

 

ボールはヤフオクで、コースで目立つピンクやオレンジ色のロスト(マーク無し20個2500円で落とす)なんて手もありますよ。

ボールは、最初のうちは、よく失くします。

少なくなると不安になるため、10個は持ちましょう。

 

あとは小物です。

  • ティーグラウンドでボールを乗せるティー
  • グリーン上のボールをピックアップしたときに目印に置いておくマーカー
  • グリーンに落ちたボールの跡を直すグリーンフォーク

などです。

マーカーは、それぞれのコースに名前が入ったものが置いてあり、集めるとラウンドの記念になったりしますよ。

 

以上、ゴルフ道具の合計は、

73000~109000円

は、最低限でも見込んでください。

ゴルフのファッションを楽しもう!

 

ゴルフで帽子は、着用が義務づけられているわけではありません。

しかし、事故防止や紫外線遮蔽のために被っておきましょう。

 

キャップでもハットでもいいのですが、冬場は暖かいニットもの、夏場は日差しを避けるサンバイザーや麦わら帽タイプもいいかもしれません。

1000~3000円くらいでうっていますよ。

 

プレー時の服装は、トップスは『襟付き』であれば、普通のポロシャツでもテニスウエアでもOKです。

冬場は、その上にセーターやウインドブレーカーとか保温性のある動きやすいものを重ねます。

ボトムズはロングパンツから、夏場の短パンまで使えますよ。

 

女性の服装は、サマンサタバサの冠トーナメントなどに刺激を受けて、とてもカラフルになってきました。

サマンサタバサ・トーナメント

女性の服装は、プレースタイルをベースに楽しく研究をしてみてください。

男性なら、5000~10000円、女性は10000円くらいでしょうね。

 

あとは、雨のためにレインウエアの用意もしておいたほうがよいでしょう。

安物で5000円くらいでも販売しています。

 

以上、ゴルフの服装にかけるお金は、安物で揃えても、

10000~20000円くらい

になるでしょう。

ゴルフの練習にかける費用はどのくらい?

ゴルフは、コースに出るまでには練習が必要です。

同伴者に迷惑をかけないことが礼儀

だからです。

練習は、ゴルフの基本を学ぶために3ヶ月くらいは、確かなレッスンプロに付くことが理想ですね。

一方、だれかシングルクラス(とても上手)な先輩に頼んで、教えてもらう手もあります。

レッスンフィーは場所や、やり方で異なりますが、スクールに入って、週一回1時間で月額10000~15000円くらいが相場です。

別にボール代が、月6000円くらいになります。

合わせると3ヶ月で5万円以上の費用になるでしょう。

体験レッスンお気軽500円!ゴルフを始めるなら【ゴルフステーション新宿】

できれば、身近なシングルおじさんを探して、教えてもらうことにしましょう。

とすると、週一回の練習代がボール代だけとなり…。

月6000円×3ヶ月で18000円となるでしょう。

コースでプレーするといくら?

ゴルフコースのプレー費は、バブル期より相当安くなっています。

しかし、コースによって大きな差があります。

ゴルフ場それぞれに固有の料金ですが、一般的に都市部は高く、地方に行くと安くなっています。

また平日より、土日・祝日になると、グッと高くなっています。

 

プライベートな友達同士で、ビジターとしてプレーするケースを考えますと…。

休日で12000~15000円、平日で8000~12000円が相場でしょうか。

平日に仕事のある人には、とても使いにくい料金システムです。

 

しかしここからが知恵の絞りどころです。

  • 堂々と休みを取って平日に行く
  • コースを徹底比較する
  • 早割、早朝プレーとか薄暮プレーとかを狙う
  • 割引券を集めておく
  • ネット紹介で『格安券』を探す
  • 車を相乗りしよう

正攻法で、平日に行くのがもっとも節約できます。

健康志向は時代の流れですから、胸を張って有給休暇を使いましょう。

 

次はコースの研究です。

ゴルフ場は経営者が新しくなったコースほど、合理化が進んで、若者や女性向きになっています。

来場時の服装にも寛容で、ランチメニューも新鮮、プレー代金も安く、海外のリゾートスタイルです。

経験値を増やすためにも、ゴルフ場のHPや経験者の話など徹底研究しましょう。

 

早割、早朝プレー、薄暮プレーなど、日本では少ないのですがハーフプレーもあります。

ライフスタイルに合わせて狙ってみてください。

また、プレーしたあとに次回用の割引券を貰えたりします。

大きな割引になったりもするので、忘れずにポケットに入れましょう。

 

ネットでのゴルフ予約サイトで、競争が激化しています。

サイト独自の特別な『格安』(キャンセルなしの3ヶ月前予約でプレー費50%引きとか)が散見されます。

せっかくなので上手な使い方をしましょう。




ゴルフ場の予約・検索は【じゃらんゴルフ】

利用者がコースを選別する時代です、経営者の同じゴルフ場の共通割引など、いろんな知恵を使ってください。

できればプレー費は8000円で抑えましょう。

 

ゴルフにかかる年間の費用の合計

ゴルフの準備にかかる費用

10万~14万円程度

プレー費用

(月一回のプライベートゴルフと週一回の練習を続けるとして…)

月1万4000円程度

年間の合計

16万8000円程度

 

以上が費用概算でした。

少々高くつきますが、知恵をひねれば、ライフスタイルに合わせたいろいろな楽しみ方ができますので、そこも楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

アドセンス

 

おわりに

ゴルフは面白いスポーツです。

歩ける限りは、続けられる生涯スポーツなのです。

どんなものか、一度試してみてはどうでしょうか?

 

シミュレーションゴルフが、20~30代の間で、ちょっとした人気になってきました。

手ぶらで仕事帰りに遊べます。

若い女性のシミュレーター仲間が増えて、リアルゴルフの月例コンペまであるそうです。

女性からのインスタで、男性も婚活目的で参加したけど、やってみたらプレーの方が面白くて、きっちりゴルフにはまってしまったとか?

これからゴルフ界にも新しい風が吹いていくのではないでしょうか。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-スポーツ

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.