仕事

アルバイトの面接に行く時の服装を紹介!夏の男子大学生編

投稿日:

アルバイトといえども、面接時は第一印象がとても大切になってきます。

「この人に職場を任せても大丈夫か?」

「ちゃんと真面目に働いてくれるのか?」

というのは、1度の面接だけでは分かりません。

そのため、面接する側は服装もチェックしているのです。

しかし、どんな服装で面接を受ければいいのか分からないという人もいるでしょう。

そこで今回は、アルバイトの面接に行く時の服装について紹介していきます。

ここでは

『男子大学生・夏服編』

を紹介していますので、高校を卒業して初めてアルバイトをする男性は必見ですよ!

アドセンスリンクユニット

アルバイトの面接に行く時におすすめのトップスは?

面接Yシャツ

面接Yシャツ

良い例

アルバイトの面接に行く際でも、基本は

『襟付きのトップス』

を選ぶようにしましょう。

無地または淡い色のYシャツやポロシャツがおすすめです。

Yシャツをチョイスする場合は、クシャクシャのものではなく、ピシっとアイロンがかかったものにしてくださいね。

 

悪い例

  • Tシャツ
  • 柄付のYシャツ
  • 黒や濃紺等、暗い色のYシャツ
  • クシャクシャにシワの付いたYシャツ

上記のようなトップスは、面接時にはあまり良い印象を与えません。

イメージ的には

『爽やかで清潔感のある服装』

が理想ですので、覚えておきましょう!

 

アルバイトの面接に行く時におすすめのパンツは?

面接パンツ

面接パンツ

良い例

面接ではパンツ選びも大切です。

暑いからと言って、丈の短いパンツやカジュアルすぎるイージーパンツ等で面接を受けるのはNGです。

おすすめのパンツは

  • ストレートパンツ
  • スリムパンツ
  • テーパードパンツ
  • スラックスパンツ

などですので、覚えておきましょう。

そして、パンツのカラーは黒やベージュ等のベーシックカラーを選んでくださいね。

 

悪い例

  • デニムパンツ
  • カーゴパンツ
  • イージーパンツ
  • ダメージジーンズ
  • 短パン
  • 派手な色柄のパンツ
  • サイズの合っていないダボダボのパンツ

言うまでもなく、これらのパンツは面接向きではありませんよね。

とくに気を付けなくてはいけないのが

『デニムパンツ』

です。

男性にとってデニムパンツは最も身近なものですが

「デニムで面接に来たから…」

という単純な理由で、不採用になる事も少なくありません。

デニムパンツしか持っていないという人は、今後のためにも上記で記載したようなパンツを用意しておくといいでしょう。

 

アルバイトの面接に行く時におすすめのバッグや靴は?

面接バッグ

面接バッグ

バッグ

アルバイトの面接の場合

「〇〇なバッグでないとダメ」

という決まりはありません。

しかし、履歴書や筆記用具が入るサイズのバッグを選びましょう。

おすすめを挙げるなら、シンプルなショルダーバッグやトートバッグですので参考にしてください。

 

面接の際の靴は

『革靴』

がベストです。

しかし、販売や飲食等の私服OKな職場の場合は、綺麗めのスニーカーでも問題ありません。

ですが、夏場だからといってサンダルやスリッパ等のカジュアル過ぎる靴は避けましょうね。

 

アルバイトの面接にスーツで行くのはダメなの?

面接スーツ

面接スーツ

基本的には、アルバイトの面接にスーツで行く必要はありません。

しかし

  • 塾講師のアルバイト
  • 営業部署等のアシスタント事務

など、スーツ着用で働く職場の面接ではスーツで行く方がいいでしょう。

それに対し、

アパレル関係のアルバイトでは私服のセンスをチェックされる可能性が高い

ですので、スーツでの面接はおすすめできません。

アパレル関係のアルバイトに就きたい場合は、

流行を取り入れたファッション

を心掛けましょう。

面接するアルバイト先の職種に合わせて、スーツか私服かを見極め、面接に挑みましょうね!

 

アルバイトの面接では髪型・髭・爪にも注意しよう!

髭

アルバイトの面接で重要なのは服装だけではありません。

髪型や髭、そして爪の長さ等にも気を付けなくてはいけません。

  • 髪 → 前髪は目にかからないようにし、髪色は暗めにするのがベスト
  • 髭 → 職種によってはOKな場合もあるが、基本的に髭は剃っておく
  • 爪 → 長すぎると不衛生なイメージがあるため、面接前に切っておく

面接では服装だけでなく、髪型・髭・爪の長さ等を見られる事もあります。

例えば

  • 飲食店・・・髪や爪が長いと不衛生な印象を与えてしまう
  • コンビニやスーパー等の接客業・・・前髪が長過ぎて目が隠れてしまうと不気味な印象を与えてしまう
  • 事務等のオフィスワーク・・・長髪や無精ひげが目立つとだらしない印象を与えてしまう

このように、髪型・髭・爪にまで気を付けておかないと、面接する側に良い印象を与える事ができなくなってしまいます。

細かい事ですが、見ている人は見ていますので、十分注意してください。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

今回は、男子大学生がアルバイトの面接に行く時の服装について紹介してきました。

参考になりましたか?

アルバイトの面接で最も大切なのは

『清潔感のある服装』

です。

  • トップスは無地で淡いカラーの襟付きシャツ
  • パンツはベーシックなカラーのストレートパンツやスリムパンツ
  • バッグは履歴書や筆記用具等が入るサイズのシンプルなバッグ
  • 靴は革靴か綺麗めのスニーカー

上記のポイントを抑えて面接に挑みましょう。

しかし、職種によってはスーツの方が良い場合や、流行を取り入れた方が良い場合もあります。

その点は理解しておきましょう。

しっかり事前調査をし、適切な服装で面接を受けてくださいね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

谷口

在宅ワークでライターを務めて約2年。 ライフスタイル・雑学・健康・メンタル・美容等、さまざまなジャンルの記事作成に携わり、日々知識を蓄え中です! 日常に潜む皆様の疑問を解決できるよう、今後も精進して参りますので、宜しくお願い致します。

-仕事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.