生活

地震などの災害時に赤ちゃんや乳幼児に必要な備蓄リストを紹介!

投稿日:

赤ちゃん足

最近の日本では、災害のニュースが絶えません。

今現在、自分の身にふりかかっていなくても、明日は我が身です。

赤ちゃんや乳幼児を抱えている、お母さんやお父さんは、

子供をどう守ってくか

を1番気にしているところではないでしょうか。

災害のときは、ライフラインもきれてしまうこともありますし、必要なものも買えなくなってしまうことが多々あります。

不安ですよね。

しかし、災害にそなえて事前に

赤ちゃんや乳幼児に必要なものをリストアップし、備蓄をしておく。

と、いうことをしておけば、不安を少しは取り除けるでしょう。

では、いったい何を用意しておけば良いのでしょうか?

この記事では、気になる備蓄リストを紹介していきたいと思います!

アドセンス

スポンサーリンク

赤ちゃんや乳幼児に必要な備蓄リストとは?

バッグ

急な災害で慌てないためにも、事前に用意しておきたい備蓄リストは、

  • オムツ
  • おしりふき
  • ミルク・哺乳瓶
  • レトルトの離乳食
  • おかずになる缶詰
  • 長期保存がきくジュース
  • 抱っこひも
  • 帽子やヘルメット
  • 衣類
  • 毛布
  • 母子手帳
  • 健康保険証

です。

ぜひ、これらを災害が起こる前に予め準備しておきましょう。

紙に印刷して、ぜひ忘れないようにしておいてください。

 

赤ちゃんと乳幼児に欠かせない『オムツ』

オムツ

赤ちゃんや乳幼児は、一人でトイレができません。

そのため、

オムツは欠かせません!

普段から余分に買っておき、

多めに自宅に備蓄

をしておくと安心です。

しかし赤ちゃんや乳幼児はあっという間に大きくなり、オムツもあっという間に、サイズアウトしてしまいます。

ですので、あまり大量に、いまのサイズを備蓄しておくのではなく、

サイズを変更する際に、備蓄用のオムツも含めて多めに買い替えていきましょう。

 

そして万が一、災害が起こってしまい、

オムツがない!

と、いうときは、

『スーパーのビニール袋』

が役にたちます。

レジ袋のことですね。

 

さらにビニール袋と古いタオルなどがあれば、

『簡易オムツ』

がつくれますよ。

参考にしてみてくださいね!

犬用のペットシーツ

も、オムツの代用品として使用できます。

 

さらには、おねしょシーツとしても活用できますよ。

普段と違う環境に、

子供は不安や恐怖から、おねしょをしてしまう可能性が高いです。

子供を抱える親は、もっと不安なことでしょう。

ですから、普段からオムツだけでなく、

オムツの代わりになるもの

も備蓄しておきましょう。

 

災害時の赤ちゃんと乳幼児のおなかを満たす『ミルク』

赤ちゃんミルク

災害で混乱しているなかでも、

「せめてわが子のおなかだけは満たしてあげたい。」

そんな風に思うお母さんは、多いとおもいます。

災害時には、お店やコンビニも閉店しているでしょう。

仮に開いていたとしても、あっという間に品物はなくなってしまいます。

ですから、

あらかじめミルクは備蓄しておく必要があります。

母乳で育てているお母さんも、災害のストレスや不安から、

母乳が出なくなることも考えられます。

 

ここで、

「哺乳瓶はどうしたら良いの?」

と、不安におもう人も多いかとおもいます。

哺乳瓶は、そんなにたくさんは家にはないし、買っておくのもちょっと…。

そんな人におススメなのが、使い捨て用の哺乳瓶です。

 

これが、1個あたりの重さが、なんと

29g

とても軽量なので、避難をするときなども重さを気にする必要がありません。

突然起きた災害で、哺乳瓶の備蓄はない…。

そんな人は、

使い捨てのスプーンやコップ

で、ミルクをあげましょう。

 

あげる前には、自分の唇などで温度を確かめてからあげましょうね。

普段から多めに、使い捨てコップやスプーンを自宅に備蓄しておくと、役にたつ日がくるかもしれません。

災害時に多用途で役に立つ『おしりふき』

 

おしりふきは、ただおしりを拭くものではなく、

『カラダをふくもの』

としても役にたちます。

災害時は、

お風呂にはいることもできなくなる可能性が高く

水もたくさん使えないでしょう。

そんなときは、おしりふきで

赤ちゃんや乳幼児のカラダをやさしく拭いてあげましょう。

拭く順番としては、

  1. 胴体

というように、汚れが多いとおもわれる箇所から拭いていくことで衛生面でも良く、また、限りあるおしりふきを有効活用できます。

普段から、おしりふきを購入する際には、いつもより多めに買っておきましょう。

備蓄となり、いざとなったときに大活躍すること間違いないでしょう。

 

赤ちゃんや乳幼児を守るあたたかい衣類や毛布

 

災害はどんなとき、どんな季節にやってくるかわかりません。

とても暑い夏、はたまたとても寒い冬かもしれません。

寒い季節に赤ちゃんや乳幼児を守るのは、

『衣類や毛布』

です。

大きめの暖かい衣類や、おくるみになりそうな毛布などをバッグに入れておけば、いざというときにそのまま持っていけます。

突然の災害で、オムツやミルクのことは思い浮かんでも、

衣類やカラダをあたためるものは忘れがち

になってしまいます。

気が動転しますから、当然ですね。

ですから、いつでも取り出せる場所に一つ、備蓄としてバッグに詰めておけば、すぐに持ち出せます!

また、使わなくなったタオルなどを一緒に入れておくと、オムツ替わりや、おしぼり、カラダ拭きなど、多用途で使うことができ、オススメです。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

地震、豪雨、噴火など、日本では災害のニュースが、あちらこちらで聞かれるようになりました。

決して人ごとではなく、今この瞬間も災害の危険性はあるのです。

災害はある日突然やってくるものです。

災害にあってから、あれこれ家中から探し回ることは、とても大変で、困難です。

赤ちゃんや乳幼児がいる家庭では尚のことです。

ですから、今回紹介したような

備蓄リスト

を作っておき、日頃から災害への意識を持つことが大切です。

まとめた備蓄品を、手に取りやすい場所へ保管し、その情報を

家族同士で共有

し合いましょう。

備蓄品があれば、不安も一つ減りますね。

そして、お母さんやお父さんの不安が減るということは、

子供の安心

に繋がることでしょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-生活

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.