仕事 意味の違い 言葉の意味・語源・由来

アルバイトとパートの違いとは?履歴書の職歴の書き方をチェック!

投稿日:

アルバイトとパートには、どういう違いがあると思いますか?

どちらも正社員ではなくて、短時間あるいは短期間の仕事というようなイメージですよね。

なんとなく違いがあるような感じもありますが、改めて考えてみると、よくわからない人も多いのではないでしょうか。

また、アルバイトやパートは、履歴書の職歴には、どのように書けばよいのでしょうか。

あわせてチェックしてみましょう!

アドセンス

スポンサーリンク

アルバイトとパートの違い

アルバイト

アルバイト

法律上の扱い

アルバイトとパートには、どういう違いがあるのでしょうか。

実は、両者を区別するような法律は存在していません。

『このような場合はアルバイトで、このような場合はパート』

というように法律で定められているわけではないということですね。

 

たとえば、

『労働基準法』

では、事業に使用される者で、賃金を支払われる者を

『労働者』

として、労働条件などを定めています。

正社員、契約社員、アルバイト、パートなどの呼び名に関係なく、

『労働者』

として、ひとまとめにしているのです。

法律上の労働条件や社会保険の扱いなども、職種の名称とは関係ありません。

 

また、

『パートタイム労働法』

という法律があります。

そこでは、

『一週間の所定労働時間が、同一の事業所に雇用される通常の労働者の一週間の所定労働時間に比し短い労働者』

のことを、

『短時間労働者』

と呼び、同法の対象としています。

『通常の労働者』

とは、要するに

『正社員』

などと呼ばれる労働者のことですね。

そのような労働者よりも、

『一週間の所定労働時間』

が短い労働者をすべて、

『短時間労働者』

としているのです。

『パート』『アルバイト』『契約社員』など、職場でどのような呼び方をされていようが、上記の条件に当てはまれば、『パートタイム労働法』では、

『短時間労働者』

と呼ばれます。

 

つまり、呼び方が『アルバイト』であろうが『パート』であろうが、

法律上の扱いには違いがありません。

言葉の意味と使われ方

アルバイトもパートも、法律上は違いがないことはわかりました。

では、言葉自体の意味には違いはあるのでしょうか。

 

『アルバイト』

とは、もともとは『労働』とか『仕事』などの意味のドイツ語です。

しかし、日本語の『アルバイト』は、

『学業や本業のかたわらに、収入を得るための仕事をすること。また、その仕事をする人』

などの意味となります。

 

一方、『パート』とは、

『パートタイム』『パートタイマー』

の略です。

『パートタイム』

とは、

『その職場の所定の労働時間より、労働時間が短いこと。短時間労働』

を意味します。

『パートタイム』の反対は、

『フルタイム』

です。

正社員の場合は、

『フルタイムで働いている』

ということになります。

また、

『パートタイマー』

とは、

『パートタイムで働く人』

という意味です。

 

しかし、『アルバイト』という言葉を、『パート』つまり『短時間労働』の意味で使う場合もあります。

また、

『学業や本業のかたわら』

ではなく、アルバイトで生計を立てている

『フリーター』

も増えているのです。

実際には、『アルバイト』と『パート』の違いはあいまいで、

同じような意味で使われることも多い

といえるでしょう。

同じような仕事でも、職場によって『アルバイト』と呼ぶこともあれば、『パート』と呼ぶこともあります。

どちらかというと、主に学生が学業のかたわらにするような仕事は、

『アルバイト』

と呼ばれることが多いです。

一方、主に主婦がフルタイムではない労働時間でするような仕事は、

『パート』

と呼ばれることが多くなります。

スポンサーリンク

アドセンス

アルバイトやパートの履歴書の職歴の書き方

履歴書

履歴書

書く場合と書かない場合

そのようなアルバイト、パートですが、

履歴書の職歴

にはどのような書き方で書けばよいのでしょうか?

 

アルバイト、パートは普通、職歴には含まないことが多いので、基本的には履歴書に書く必要はありません。

たとえば、

大学生が就活

をするときに、学生時代のアルバイトについては、履歴書の職歴に書かないでよいのです。

正社員から正社員に転職

しようとする場合も同様となります。

 

しかし、学校を卒業したあとの経歴で、

1年以上アルバイトやパートで生計を立てていた

ような場合は、そのことを示すために、履歴書の職歴に書くことが多いでしょう。

アルバイトやパートの経験が、

応募する仕事で生かせる

ようなものである場合は、書いてアピールする手もあります。

また、

アルバイトやパートに応募

して、履歴書を提出するときも、これまでの経験を示すために、過去のアルバイトやパートを職歴に書くのがよいです。

アルバイト・パート用の履歴書も販売されていますので、それを利用して、その記入例を参考にして書いてもよいでしょう。

アルバイト・パートの書き方

アルバイトやパートについて履歴書の職歴に書く場合は、どのような書き方で書けばよいのでしょうか。

  • 『平成○年○月 株式会社○○ 入社(アルバイト)』
  • 『平成○年○月 株式会社○○ 入社(パートタイム)』

などのように、

アルバイトやパートであることがわかるように

書きましょう。

 

数が多くて書ききれない場合は、代表的なものだけ書けばよいのです。

履歴書の職歴欄に書ききれなかったものは、職務経歴書に書いてもかまいません。

 

アルバイトかパートかは、勤務先での呼び方に従えばよいでしょう。

どちらかわからない場合は、自分の判断で書いてもかまいません。

判断がつかないときは、『短時間労働』を意味する

『パートタイム』

と書いておけば無難でしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

アルバイトとパートは、法律上の区別はありません。

 

『アルバイト』は、

『学業や本業のかたわらに、収入を得るための仕事をすること。また、その仕事をする人』

など意味です。

一方で『パート』は、『パートタイム』の略。

『その職場の所定の労働時間より、労働時間が短いこと。短時間労働』

の意味となります。

しかし、実際には

同じような意味で使われる

ことも多いです。

 

アルバイトやパートの経験は、履歴書の職歴に書く場合と書かない場合があります。

次のような場合は、書かないことが多いでしょう。

  • 新卒の場合
  • 正社員から正社員に転職する場合

次のような場合は、書くことが多くなります。

  • 学校卒業後の経歴で、アルバイトやパートの期間が1年以上ある場合
  • アルバイトやパートの経験が、応募する仕事で生かせる場合
  • アルバイトやパートに応募する場合

アルバイトかパートかは、勤務先での呼び方などに従えばよいでしょう。

 

アルバイトとパートの違いは、あまり気にする必要はありません。

ただし、アルバイトやパートを履歴書の職歴に書くか書かないかについては、一般的な考え方をおさえておきましょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-仕事, 意味の違い, 言葉の意味・語源・由来

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.