仕事

就活と卒論やバイトを両立する方法!できない原因と対処法を考察

投稿日:

就活は、それだけでも大変ですが、卒論を作成しなければならない人は、就活と卒論の両立に苦労することが多いでしょう。

バイトをしている人は、就活とバイトの両立も大変です。

両立できないとしたら、何が原因でそうなってしまうのでしょう?

それにはどのような対処法があるのでしょうか?

就活・卒論・バイトをスムーズに行うための方法を考えてみましょう。

アドセンスリンクユニット

就活と卒論の両立

卒論

卒論

うまくいかない原因(1) 時期が重なってしまう

まず、

就活と卒論の両立

について考えてみましょう。

 

就活のスケジュールからみてみます。

企業にもよりますが、原則としては3月に企業エントリー開始です。

6月から企業の選考が開始され、9月頃までに内定(内々定)が出されます。

一般的には、大学3年生の3月頃~大学4年生の6月頃が、就活のピークです。

 

卒論のほうは、多くの場合、大学4年生の1月頃が提出期限となります。

そこから逆算して、おおまかなスケジュールを考えてみましょう。

4~5月頃にテーマを決定、6~9月頃に資料集め等、10月頃から執筆開始といったところでしょうか。

これはあくまでも一例です。

実験や調査を行う必要があるなどで、日数がかかる場合もあります。

 

就活と卒論の両立がうまくいかなくなってしまう原因の一つとして、

時期が重なってしまう

ということがあるでしょう。

ある程度時期が重なるのは、やむをえないことです。

しかし、面接を受けるなど就活の最も重要な活動を行う時期と、卒論のために多くの時間を取られる時期が重なってしまう場合もあります。

そうなると

心身の負担

も大きく、うまくいかなくなりかねないのです。

対処法 時期をずらす

時期が重なってしまうことへの対処法は、なるべく時期をずらすことです。

完全にはずらせないにしても、本格的に取り組む時期をずらします。

そのためには、

就活と卒論の長期的なスケジュール

を立てておきましょう。

卒論に、それほど時間をかける必要がない人は、就活の時期は就活に専念し、内定が得られるまで

卒論は後回しにする

というのも一つの手です。

早々に内定が得られれば、落ち着いて卒論に早く取りかかることができるでしょう。

ただし、就活の面接で卒論について質問されることがあります。

そのときにしっかりアピールしたいという人は、就活と並行して、卒論にも力を入れる必要があるでしょう。

うまくいかない原因(2) 時間が足りなくなる

就活と卒論の両立がうまくいかないもう一つの原因として、

時間が足りなくなってしまう

ということがあります。

就活と卒論はどちらも非常に時間がかかるでしょう。

両方に一生懸命取り組んでいると、時間が足りなくて、苦しくなりがちです。

卒論を後回しにする手もありますが、それが難しい場合もあります。

後回しにすると心配なので、ある程度は進めたいという人もいるでしょう。

就活と卒論を並行して進めるには、時間配分をうまくやっていかないと、

どちらも時間が足らずに、中途半端になってしまう

おそれがあるのです。

対処法 時間配分をうまく行なう

この問題への対処法は、

時間配分をうまく行う

ことです。

そのためには、自分の中で

優先順位

をよく考えておく必要があります。

就活は、今後40年前後も働くことになるかもしれない勤務先を決める人生の一大事です。

当然、優先的に考えるのが基本でしょう。

しかし、就活と卒論にかける時間の割合は人それぞれです。

それぞれの重要度を考えつつ、バランスよく時間を配分する必要があるでしょう。

そして、そのバランスが崩れないようにする工夫が必要です。

そのためには、まず、

いつまでに何をやるかを整理する

ことが考えられます。

たとえば、就活の業界研究は何月に行うとか、卒論のテーマ決定は何月までに行うとかをある程度は決めておくのです。

そうすれば、

『この時期までにやっておくべきことはここまで』

というのがはっきりします。

それによって、入れ込みすぎてバランスが崩れることを防げるでしょう。

バランスを崩さないもう一つの方法としては、就活、卒論のそれぞれに

取り組む日、時間を決めておく

ということも考えられます。

たとえば、1週間のうちの何日を卒論にあてるかを決めておくのです。

または、就活にあてる時間は、1日○時間などと、目安を決めておきます。

やる日や時間をある程度決めておけば、のめり込みすぎて時間が足りなくなるのを防止することができるでしょう。

やることや気持ちを切り替える仕組みを、工夫することが大切です。

就活で気が滅入ったときに、卒論で気分転換をするのもよいかもしれません。

いずれにしても、就活も卒論もなるべく早い時期から取りかかるようにして、

無理のないスケジュール

で取り組むことが重要ですよ。

スポンサーリンク

アドセンス

就活のバイトの両立

バイト

バイト

うまくいかない原因(1) スケジュールが重なってしまう

次は、就活とバイトの両立について考えてみましょう。

両立がうまくいかない原因の一つとして、両者の

スケジュールが重なってしまう

場合があるということがあります。

たとえば、企業説明会や面接とバイトの日が重なるなどの場合です。

あらかじめ日程がわかっていれば、バイトを休んだり、ほかの人と代わってもらったりすることが可能かもしれません。

しかし、急な面接や、予定の変更にも対応しないといけないこともあります。

とくに

選考開始から内定を得るまでの時期

は重要です。

志望企業と、いつでも連絡が取り合えるようにしておく必要があります。

面接の予約などを人より早く取って、企業に熱意をアピールすることも大事です。

そこまで重要な予定ではなくても、バイトをしている時間は就活の予定を入れにくくなりますので、支障が出てしまうおそれがあるでしょう。

対処法 バイトのやり方や種類をよく考える

この問題に対する最も簡単な解決法は、

バイトをやめること

でしょう。

就活は今後の人生を大きく左右する、非常に重要なものです。

バイトをすることで多少なりとも就活にマイナスの影響が出てしまう可能性があれば、すぐさまバイトをやめることを考えるべきしょう。

バイトを続けないと生活していけないフリーターであれば話は別です。

しかし、大学生で就活中にもバイトをしないといけない立場の人は、限られているのではないでしょうか。

お金が必要なら、就活の時期の前か後にバイトを多くやってもよいでしょう。

バイトをいつまでやるかは、それぞれの状況によって変わってきます。

大学3年生の冬頃にやめて、3月のエントリー開始に備えて準備をすれば、無理がないかもしれません。

 

ただ、今のバイトが気に入っていて、就活中も続けたい人もいるでしょう。

そのような場合、

就活中だけバイトを休む

という手もあります。

就活とバイトを並行して行う場合でも、

頻度を減らしたり、なるべく就活に響かないバイトを選んだりする

など、よく考えて行う必要があるでしょう。

状況にもよりますが、できればバイトは週3日程度までにしておきたいところです。

日数や時間が限られたバイトであれば、就活中も続けられるかもしれません。

しかし、就活のピークの時期は休んだり、頻度を減らしたりできるかどうか、あらかじめバイト先に相談しておいたほうがよいでしょう。

就活生に対しては、バイト先もある程度の配慮はしてくれるはずです。

また、日中は説明会や面接の予定を入れられるように空けておき、

夜にバイトをする

のもよいでしょう。

ただし、睡眠不足や、不規則な生活にならないように注意が必要です。

土日は比較的説明会や面接の予定が入ることが少ないので、

集中的に土日にバイトをする

という手もあります。

短期の単発バイト

に絞るのもよいでしょう。

うまくいかない原因(2) 時間や体力の調整が難しい

就活とバイトの予定が重ならないようにしても、大丈夫とは言い切れません。

バイトをすれば、バイトをしていない人よりも、

就活に使える時間や体力が少なくなってしまう

のです。

睡眠不足になったり、疲れがたまったりする可能性も考えられます。

そのような状態で就活の面接を受けたりするのは、絶対に避けたいところです。

時間や体力を確保して、万全のコンディションで就活にのぞむことを考える必要があるのです。

就活中に、あまりバイトを入れてしまうと、それが難しくなってしまいます。

対処法 バイトを減らすか負担の少ないバイトを選ぶ

これに対する対処法としては、やはり

バイトをやめたり、減らしたりする

ということが考えられるでしょう。

就活とバイトを両立させる場合には、

負担の少ないバイト

が望ましいです。

重労働のバイトや、長時間のバイトは避けたほうが無難でしょう。

週6日、7日とか連日バイトをするのも、やめたほうがよいかもしれません。

フード・販売関係など、

シフトを調整できるバイト

週に1日か2日、2時間程度の家庭教師・塾講師など

頻度の少ないバイト

であれば、就活をしながらでも続けやすいです。

予想外の悪影響が出てしまわないように、就活の前にバイトの継続は考えておきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

面接

面接

就活と卒論の両立がうまくできない原因としては、次のようことがあります。

  • 時期が重なってしまう
  • 時間が足りなくなる

対処法としては、次のようなことが考えられるでしょう。

  • 時期をずらす
  • 時間配分をうまく行なう

 

就活とバイトの両立がうまくいかない原因としては、次のようことがあります。

  • スケジュールが重なってしまう
  • 時間や体力の調整が難しい

対処法としては、次のようなことが考えられるでしょう。

  • バイトのやり方や種類をよく考える
  • バイトを減らすか、負担の少ないバイトを選ぶ

 

就活は今後の人生にとって非常に重要となります。

後悔のないように万全の態勢で取り組みたいものです。

しかし、就活中だからといって、就活以外のことを一切しないわけにもいかないでしょう。

卒論やバイトに限らず、学校の授業や人付き合いなども大切です。

充実した毎日を送るためにも、時間配分をよく考えて、適切な対処を心がけましょう。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

soumiya

家で本を読んでいるのが好きなインドア派。でも、たまにちょっとした旅行やドライブに行ったり、近所の銭湯に行ったりするのも好きです。行動範囲は狭いですが、好奇心は旺盛で、ネットでいろいろ調べるのが好きです。役に立つ記事、おもしろい記事を書けるように頑張ります!

-仕事

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.