意味の違い

おみくじの小吉と末吉の違いをチェック!より良い順番はどっち先?

投稿日:

おみくじ

おみくじ

初詣などで神社を訪れた際に、多くの人が引くおみくじ。

その1年の運だめしに、と張り切って引いたのに、小吉や末吉だったりすると、がっかりしますよね。

その小吉と末吉、どちらが良い運勢なのか知っていますか?

大吉や中吉よりも下ということは分かるけれど、どちらが良い運勢なのか分からない人も多いと思います。

大吉・中吉・小吉は分かりやすいのに、そこに末吉が入ると順番に迷いますよね。

小吉と末吉なら、どちらが運勢が良いのか。

また、この二つにはどのような違いがあるのかを調べてみました。

アドセンス

スポンサーリンク

小吉と末吉!運勢で良い順番なのはどっち?

結論から言いますとより良い順番は

小吉>末吉

となっています。

おみくじの運勢全体では、以下が一般的な順番になります。

大吉>吉>中吉>小吉>末吉>凶

神社によっては、さらに細かく区分されていたり、大吉の次が中吉だったりするようです。

ですので、もうひとつのパターンとしては

大吉>中吉>小吉>吉>末吉>凶

という順番になります。

どちらにせよ小吉のほうが末吉より順番は上に位置しています。

 

小吉と末吉!意味に違いがある!

順番に並べると、小吉のほうが末吉より良いのですが、実はこの二つ、意味に違いがあり、同列には語れないのです。

小吉の意味

小吉や末吉の『吉』ですが、吉とは運や縁起が良いこと表す言葉です。

運勢の良さを区別するために、吉の前に大・中・小をつけて順番をつけています。

なお、辞書によると大吉と小吉の意味は以下の通りです。

大吉:この上なく良い

小吉:少しだけ縁起が良い

中吉は、大吉ほど良くはないけれど小吉よりは良い、という位置づけのようですね。

これらはおみくじを引いた人のそのときの運勢を表しています。

もともと吉には運が良いという意味がありますので、小吉を引いたからといって運が悪いわけではありません。

小吉は、

あなたは今少しだけ運勢が良いですよ

という意味です。

 

これに対して末吉ですが、違った意味があります。

末吉の意味

順番をつけると、小吉の下となる末吉ですが、ただ単にそれだけではない隠された意味があります。

末吉の『末』という文字には、たくさんの意味がありますが、おみくじでは『行く末』や『将来』を表します。

『末広がり』という言葉、縁起の良いものとしてよく聞きますよね。

この言葉こそ末吉に隠された意味です。

末吉とは

『あとになって開けてくる運勢』

のことです。

将来に向けて努力を続けていけばきっと上手くいきますよ

という前向きな運勢の意味なのです。

 

以上のことを踏まえると小吉と末吉、どちらが良いとは一概に言えないのかもしれませんね。

 

おみくじで小吉や末吉を引いた後は持ち帰った方が良い?

おみくじ

おみくじ

小吉は、悪い運勢ではありません。

末吉は、未来が明るい運勢なので、どちらを引いてしまっても希望が持てるような気分になりますね。

とはいえ、肝心のおみくじの内容を読んでみると、やはり運勢は大吉や中吉の下です。

なかなか辛辣なことが書いてあり、ショックを受けることもあるでしょう。

そんな内容を読んだ後、木に結ぶ人も多いと思いますが、神社本庁によると

おみくじを持って帰っても良い

みたいです。

 

『おみくじ』は単に吉凶判断を目的として引くのではなく、その内容を今後の生活指針としていくことが何より大切なことといえます。

また神社境内の木の枝に結んで帰る習わしもありますが、持ち帰っても問題はなく、引いた『おみくじ』を充分に読み返し、自分自身の行動に照らし合わせてみたいものです。

(神社本庁HP)

 

神社本庁とは、全国約八万社の神社包括団体のことで、大きな神社のグループのようなものです。

確かに内容を一度読んだだけでは、すぐに忘れてしまいますよね。

おみくじの本来の使い方としては、持ち帰って読み返すと良いのかもしれません。

とくに小吉や末吉には警告や努力を促すような内容も多く書かれているので、今後の生活においても参考にできそうです。

気になる人は、お守りと一緒に持っておくと良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

おみくじで、良い順番は末吉よりも小吉です。

ただ、末吉は後々に良くなっていく運勢です。

順番ももちろん大事ですが、引いた後に書かれている内容をどう捉えるか、どう行動するかが、その後の運勢に大きく関わってくるのかもしれません。

おみくじは昔、国の政治に関わる、とても重要な行事や、後継者を選定する時に神様の考えを問うために行っていたくじ引きが起源です。

現在のように参拝に訪れた人たちが自分自身の吉凶を占うようになったのは鎌倉時代初期からといわれています。

現在では運試しのような要素が強いですが、今からおよそ八百年ほど前から、人々の生活にとても密接に関わりながら今日まで続いてきた文化です。

それを良い方向に取り入れることができるのかは、あなた次第でしょう。

おみくじを引いて、その場で喜んだり落胆したりするのも、もちろんおみくじの楽しさのひとつです。

しかし内容を少しだけ意識することで、さらに良い生活を送れることでしょう。

おみくじの結果が自分自身の生活を変えるきっかけとなれば、その意味が十分に発揮されたと言えるのではないでしょうか。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

watari1

好きなもの:野球、アニメ・ゲーム、特撮 趣味:ゲームに没頭すること、文字書き 座右の銘:『なるようにしかならない』 何をどれだけ貯めていようと、命尽きれば人生は終わり。 終わってしまった過去も、何が起こるかわからない将来も、考えるだけ無駄ではないか? そう考えたことがきっかけで、それなら今を楽しむことだけ考えよう、を信念に日々を過ごすようになりました。 自分の興味関心のある出来事やニュースについて、偏屈者ではありますが、思うままに綴っていければと思っています。

-意味の違い

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.