時事 食べ物

マクドナルドが食べかけチキンナゲットを配達した原因と店舗を調査

投稿日:

マクドナルドは以前、『腐った肉を使ったチキンナゲット』を販売していたことで大きな問題になりましたね。

マクドナルドは安くて早くて手軽に食べられるので、家族連れも多く利用します。

自分の子供が、腐った肉を食べていたかもしれない…。

なんて思うと、不安になってしまう親もたくさんいました。

そんなマクドナルドは、使用する食材を見直して、大きく失った信頼を取り戻そうとしています。

 

そんな中で、またまた大きな問題が発覚しました!

なんと今度は『食べかけチキンナゲット』を配達したというのです。

今回は、マクドナルドが食べかけチキンナゲットを配達した原因と店舗を調査していきます。

アドセンスリンクユニット

食べかけチキンナゲットを配達した原因は?

チキンナゲット

チキンナゲット

またもやマクドナルドの衛生的な問題が発覚しました。

今度も、以前問題となったチキンナゲットです。

今回は、『腐った肉ではなく食べかけ』だということ!

一体、なぜこのようなことが起きたのでしょうか?

 

この騒動は、2018年7月7日の夜に、東京都内に住んでいるツイッターユーザーが投稿した内容で明らかとなりました。

衝撃的なことが起こった

と切り出した投稿には、

マックデリバリー頼んだら食べかけのスパイシーチキンナゲットが届いた。

すごく気持ち悪い…。

どうしてこうなったかはちゃんと調べてほしい。

という内容。

投稿者がアップした写真には、

半分ほど食べかけのチキンナゲット

がきっちり写っていました。

その画像がこちら。

チキンナゲット

チキンナゲット

紙製の容器の中には、付属のマスタードソースのフタ部分まであって、どうみても誰かの食べかけであることは明らか。

チキンナゲットは、本来5個入りのはずです。

それが、食べかけのものも含めて、ナゲットは4個しかなかったそう。

 

この投稿者は、その後、

店の担当者が自宅を訪れて直接の謝罪を受けた

と説明しています。

さらに、同時に

注文していた全ての商品を新しいものと交換する対応があった

としています。

 

この投稿の返信欄には

「ありえない」

などの声が多くあがっていました。

ただ中には

「自作自演ではないか」

と疑う声も。

しかし、投稿者は事実だと反論しています。

(のちにマクドナルドも事実認定しています)

 

さあ食べよう!

とチキンナゲットの箱を開けると、

中身が食べかけだった…。

とは、かなり衝撃的です。

食べかけと考えるだけで、気持ち悪くなってきますよね。

この食べかけのチキンナゲットについて、マクドナルドは

従業員が食べたものではない

としています。

 

ならば、どうして食べかけのチキンナゲットが客に配達されるのか疑問ですよね。

実は、

スパイシーチキンナゲットとチキンナゲットを店内で間違えて客に出した

ことが原因だったとされているのです。

客から返品された商品については、保管する棚があるといい、

普段なら処分を徹底

しているそうです。

しかし、この日は、それができてなく、あろうことか

デリバリーのときに、処分するものと間違えてとった

ということ。

 

これで経緯については、わかりましたね。

さすがに従業員が仕事中に食べていたものが紛れたわけではないこともわかりました。

しかし、返品された商品を置く棚にあったものをデリバリーする商品と間違えるミスが起こる状況が、なかなか理解できません。

返品された商品を置く棚と、客に提供する商品を置く棚が全く別なら、このようなことは起こるはずがありません。

もしかすると、

客が返品したものでも、状態がいいものは使い回ししているのではないか?

という不安も生まれてしまいます。

食品を扱う店なので、衛生面については十分に注意する必要がありますし、ルールは徹底してもらいたいものです。

 

食べかけチキンナゲットを配達した店舗は?

マクドナルド

マクドナルド

投稿者は、2018年7月9日に、食べかけのチキンナゲットを販売した店舗は

東京都・江東区にあるマクドナルド南砂町店

だと説明しています。

話によると、よくCMで使われているマクドナルドの店舗なのだそう。

この店舗には、マックカフェも併設されており、カフェを目的に行く人も多いようです。

 

この店舗自体の口コミを見てみると、

「開放的な雰囲気」

「綺麗な建物」

『忙しそうにしている』という口コミもありました。

 

CMに使われるような人気店なので、業務は日ごろから忙しいのかもしれませんね。

しかし、『忙しかったから』といって今回のようなミスがあってはなりません。

注文を間違えるどころか、返品された商品を客に提供するなど、管理不十分としかいいようがありません。

今後、徹底した管理をしていかなければ、信頼回復はまた難しい問題なるでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、マクドナルドが食べかけチキンナゲットを配達した原因と店舗を調査しました。

 

マクドナルドが『食べかけチキンナゲット』を配達した原因は、

スパイシーチキンナゲットとチキンナゲットを店内で間違えて客に出した

ことがきっかけ。

そこで返品された商品を間違えてデリバリーにまわしてしまった

というのです。

 

この食べかけのチキンナゲットを販売してしまった店舗は

東京都・江東区のマクドナルド南砂町店

なんと、CMにも使用されている有名な店舗でした。

マックカフェも併設しており、人気店のようです。

 

今回のミスは、ルールを徹底していれば、到底起こりえないことでしょう。

そして飲食店が、起こしてはならない重大な問題と言えます。

今後、衛生管理を徹底して、再び信頼回復に努めていってほしいものですね!

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

jasm1ne

好きなもの:ピクニック。BBQ。スタバ。 ある日の休日の過ごし方:大好きな唐揚げのNo.1を決めるべく、唐揚げの旅に出る。(順位は時期によって変動) 何か気になること、欲しいものがあればすぐにネットで調べます。 ネットの情報は全てが正しいわけではないので、正しい情報・タメになる情報を取捨選択して書いていきます。

-時事, 食べ物

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.