テレビ

4Kテレビで4K放送を見る方法とは?専用チューナーの価格をチェック

投稿日:

kaden_parabolic_antenna

昔は一家に一台しかなかったテレビ。

お茶の間に家族全員が集まって、一つの番組を見て過ごしたり、時にはチャンネル争いが起こったりした事もありました。

しかし今は、各部屋に一台のテレビがある時代。

各々が好きな時に好きな番組を見て楽しむ事が当たり前になっています。

そのテレビも、時代とともにカラーテレビになり、衛星放送対応になり、ワイドテレビになり、地上デジタル放送対応になり、薄型液晶テレビになりました。

そして、このような進化を遂げたテレビの現在の最新形は

『4Kテレビ』

なのです。

また、2018年12月1日からハイビジョンを超える画質である

『4K放送』

が始まります。

この記事では

  • 4Kテレビの4Kの意味
  • 4K放送を見る方法
  • 4K放送を受信するための専用チューナーと価格

などを紹介していきます。

アドセンスリンクユニット

4Kテレビの4Kの意味

家電量販店のテレビコーナーに行けば、家電メーカー各社から様々なテレビが展示してありますね。

さて、ここでよく見かける

『4K』

という言葉。これにはどういう意味なのでしょうか?

実は

『4K』とは、『4000』を意味する表現

なのです。

重さなら4000gを4kgと示せるのと同じ意味になります。

つまり

テレビ画面の横の画素数が約4000であること

を指しています。

正式には

『4K2K』

と呼び、横方向に約4000画素、縦方向には約2000画素となるテレビの規格を略して

『4Kテレビ』

と呼んでいるのです。

 

また、画面がきれいに見えるのは画素数だけでなく

『解像度』

が関わってきます。

これは

画像の密度を表し、1インチ(2.54センチ)あたりに何個の画素数があるのか

ということなのです。

当然、数値が高いとなめらかで、きめ細やかな画像になります。

 

ちなみに、現行のフルハイビジョンは

横方向に1920画素、縦方向に1020画素

ですので、4Kはフルハイビジョンの画面が、縦横に2つ並んでいると考えることができます。

全体としては

4倍の解像度

であることが、分かりますね。

詳しくは、以下の動画で確認してみてください。

4K放送を見る方法

家電量販店で売られている4Kテレビ。

これらをよくよく見ると

『4Kテレビ』

『4K対応テレビ』

の2つに分かれているのは、みなさん知っていたでしょうか?

 

この2つの違いはとても簡単です。

4K放送チューナーが内蔵されているテレビは

『4Kテレビ』

4K放送チューナーが内蔵されてないテレビは

『4K対応テレビ』

と表記されているのです。

2018年6月に一部のメーカーから、4K放送に対応した4Kテレビが発売されましたが、現在販売されている多くの4Kテレビ、4K対応テレビには

2018年12月1日から始まる4K放送の番組を受信する機能は搭載されていない

のです。

この新しい4K放送を見るためには

新しい規格に対応した受信機(テレビ、チューナー等)が必要

になってきます。

000528145

その他には

分配器、分波器、ブースター、ケーブル等の交換が必要になる場合

があります。

このように、4K放送を受信する際には、電波漏洩の技術基準に適合させるため、適切な機器への交換が必要な場合があります。

 

この対策には、国の助成金制度が開始されました。

詳しくは

『電波漏洩対策コールセンター』

0570-048-068(9時~17時、土日祝日、年末年始は休み)

に問い合わせると良いでしょう。

また、以下の動画も参考にしてください。

4K放送を受信するための専用チューナーと価格

2018年7月現在、4K放送を受信するための専用チューナーの発売を正式に表明しているのは

  • 株式会社ピクセラ PIX-SMB400
  • 東芝映像ソリューション株式会社 TT-4K100
  • パナソニック株式会社 TU-BUHD100
  • マスプロ電工株式会社 DT814

以上、4社の専用チューナーとなっています。

株式会社ピクセラ PIX-SMB400

発売日:2018年10月初旬、メーカー希望小売価格:3万円未満

東芝映像ソリューション株式会社 TT-4K100

発売日:2018年秋予定、メーカー希望小売価格:オープン

パナソニック株式会社 TU-BUHD100

発売日:2018年10月中旬、メーカー希望小売価格:オープン

マスプロ電工株式会社 DT814

発売日:2018年12月、メーカー希望小売価格:オープン

また

シャープ株式会社

アイ・オー・データ機器

DXアンテナ株式会社

といったメーカーも、年内に専用チューナーの発売を表明しています。

ほとんどの希望小売価格はオープンとなっていますが、家電量販店では

3~4万円

の間で4K専用チューナーを発売するようですよ。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

このように4K放送は、現在のハイビジョン放送に比べて

高精細で美しい画像

を楽しめることができます。

ただし、現時点では

4K放送のための専用チューナーは発売されていません。

現行の4Kテレビなどでは

新規に専用チューナーを追加する必要があります。

また、4K放送よりもさらに解像度の高い

8K放送

も、同時に開始されますが、現在販売されている8Kテレビは

シャープ AQUOS LC-70X500

のみ。

価格も

70万円以上

と高価となっており、まだ一般の消費者としては様子見の段階と言えるではないかと思われます。

ただし、2020年の東京オリンピック・パラリンピック時には

『4K・8K放送が普及し、多くの視聴者が市販のテレビで4K・8K番組を視聴できる』

ことを目標に、活動が進んでいます。

今後、いかに普及するか注目していきたいですね。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

-テレビ

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.