美容・健康

湿布アレルギー反応の症状と成分をチェック!対策は日光を遮断!

投稿日:

湿布を貼る女性

湿布を貼る女性

捻挫しちゃった!

肩こりがひどい…。

筋肉痛で立ち上がれない…。

こんな時に重宝するのが湿布です。

おそらく、多くの家庭では常備薬として湿布を準備していることでしょう。

また、ドラッグストアなどで手軽に購入することができるので、お医者様へ行くまでの応急処置として使用する人も多いでしょう。

しかし、今

『湿布アレルギー』

を発症する人が増えてきています。

患部を治療するための湿布なのに、アレルギー反応を起こすなんて、思わぬ二次災害ですよね。

ここでは、『湿布アレルギー』の症状や原因となる成分、またその対策についてお話していきます。

アドセンスリンクユニット

『湿布アレルギー』の症状

湿布というと、肩こりや筋肉痛に温感湿布、ねんざや打ち身には冷感湿布、など用途によって使い分けている人も多いでしょう。

しかし、

湿布を貼った場所がなんか痒いな…

と感じることはありませんか?

それはもしかしたら『湿布アレルギー』かもしれません。

『湿布アレルギー』は、温感湿布・冷感湿布のどちらでも発症する可能性があります。

 

そして『湿布アレルギー』が起きると次のような症状が出ます。

  • 皮膚のかぶれ
  • かゆみ
  • 湿疹
  • 蕁麻疹
  • 皮膚が赤く腫れる

主にこれらの症状が皮膚に表れることが多いアレルギーです。

湿布を使用していて、突然激しいいかゆみに襲われた人もいるようです。

また、これらの症状がおさまったと思って使用を続けることで、症状が重症化するケースもあります。

 

『湿布アレルギー』が起きる原因は『光接触皮膚炎(光線過敏症)』

強い日差し

強い日差し

『湿布アレルギー』は、必ずしも皮膚の弱い人だけがなるとは限りません。

『湿布アレルギー』が発症した人の中には、

今まで湿布を使用していたけど、『湿布アレルギー』なんて起きたことなかったのに!

という人も多くいるのです。

 

『湿布アレルギー』は、単なる湿布の粘着面によるかぶれとは違います。

なんと、原因は湿布が光に当たることによって起きる

『光接触皮膚炎(光線過敏症)』

というものなのです。

『光接触皮膚炎(光線過敏症)』は、

皮膚に化学物質が付いている状態で紫外線を浴びることによって起きる皮膚炎です。

遺伝性の疾患ではない場合、湿布や塗り薬を塗ったまま紫外線を浴びる事が原因になります。

また、湿布や塗り薬の他、日焼け止めや化粧品、香水などでも『光接触皮膚炎(光線過敏症)』が起きるケースもあるのです。

『光接触皮膚炎(光線過敏症)』による『湿布アレルギー』の場合、湿布を貼った箇所に湿布の形で腫れやかぶれ、かゆみなどが生じます。

そのため、『湿布アレルギー』を見分けるのは、比較的簡単です。

 

また、湿布をはがした後にも注意が必要です。

湿布をはがした後でも、皮膚には薬剤が残っています。

中には、1週間後~1ヶ月後に『湿布アレルギー』が発症した人もいるようです。

湿布による治療が終わっても、紫外線には、しばらく注意をしなければいけません。

スポンサーリンク

アドセンス

『湿布アレルギー』の原因となる成分

ケトプロフェンを含む湿布

ケトプロフェンを含む湿布

『湿布アレルギー』は、湿布を貼ったまま、または湿布を剥がした後に紫外線を浴びることによって起きるアレルギー症状です。

その原因となる成分が、湿布に含まれる鎮痛剤である

非ステロイド系抗炎症薬の『ケトプロフェン』

です。

この『ケトプロフェン』が含まれる湿布を使用する際には、紫外線を浴びるシチュエーションには注意が必要です。

ですから、市販の湿布や『ケトプロフェン』を含む湿布そのものが原因なわけではありません。

『ケトプロフェン』を含む湿布と紫外線の反応によるアレルギー症状です。

『ケトプロフェン』を含む湿布をお医者様でもらう場合は、紫外線に関する注意もされるでしょう。

『湿布アレルギー』は、対策さえ行っていれば、それほど過剰におびえるものではないのです。

しかし、一度でも『ケトプロフェン』を含む湿布で『湿布アレルギー』が発症した場合、今後の使用は避けた方が良いでしょう。

 

『湿布アレルギー』の対策は日光に注意

『ケトプロフェン』を含む湿布を使用する際には、光接触皮膚炎(光線過敏症)による『湿布アレルギー』が発症する可能性を理解しておかなければいけません。

しかし、『湿布アレルギー』は湿布を正しく使用し、個人でも対策を行うことができるものです。

主に、日光への対策が重要になります。

『湿布アレルギー』には次の対策が有効です。

  • 湿布を貼った箇所は紫外線にあてない
  • 外出する際にはデニムや光を通しにくい素材・長袖を着用
  • 湿布を貼った箇所をサポーターで隠す
  • 湿布を剥がした後でも4週間は紫外線にあてない
  • 曇りの日でも紫外線対策を行う
  • 他人が医師からもらった湿布を安易に使わない

また、一度でも『湿布アレルギー』が発症したことがある人は、医師から湿布をもらう際には必ずそのことを伝えましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

まとめ

『湿布アレルギー』の症状と原因となる成分、その対策について調査しました。

『湿布アレルギー』は、湿布をはったまま・湿布を剥がした後に日光を浴びることによって起きる症状です。

中には、湿布に含まれる薬剤が皮膚に残っていて

1ヶ月後に症状が表れること

もあるようです。

ですから、『湿布アレルギー』の対策は、主に日光を遮断することです。

外出する際には、湿布を貼った場所をサポーターで覆ったり、紫外線を通しにくい素材や長袖の着用で直接日光があたるのを防ぎましょう。

また、日差しの強い夏場はもちろんですが、曇りの日にも紫外線対策は行う必要があります。

『湿布アレルギー』を引き起こさないためには、日光による影響を理解しておかなければいけません。

アドセンス

アドセンス

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

FUGURI

好きな食べ物:パン、アイス、ハチミツ、ウイスキー。 趣味:ライブ参戦、パンの食べ比べ、コスメ収集、インターネットショッピング、お尻トレーニング。 基本的には健康オタクです。 最近ハマっているものは酒粕とハトムギです。 皆さまに読みやすい記事をお届けできますよう努めてまいります。

-美容・健康

Copyright© My News23 , 2018 All Rights Reserved.